キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ハドソン川の奇跡』:プロフェッショナル魂を描いた凡作 @試写会

<<   作成日時 : 2016/09/11 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

クリント・イーストウッド監督最新作『ハドソン川の奇跡』、ひと足早く試写会で鑑賞しました。
今回の主演は、イーストウッド映画初出演のトム・ハンクス。
ここんところ真面目一辺倒の感がある彼なので、観る前から、なんとなくいつものイーストウッド映画ではないような感じ・・・
さて、映画。

2009年1月15日、ニューヨーク・ラガーディア空港を離陸したエアバス機は、バードストライクに見舞われ、両のエンジンが停止してしまう。
高度不足のため、空港に引き返すのは無理と判断した機長のサリー(トム・ハンクス)は、ハドソン川に不時着水することを決意。
その判断により全乗員乗客の命を救うことができた。
しかし、事故調査委員会は空港に引き返す、または近隣空港への緊急着陸が可能であったはずと判断する・・・

というハナシで、実話の映画化。

映画は、事故後の調査員会直前、サリーが事故の夢、それも緊急着陸失敗して惨事を招く悪夢をみるところから始まる。
そして、事故調査委員会への審問となだれ込み、事故時の様子がなかなか描かれない。
この出だしは、上手い。

航空機の事故を扱った映画(パニック映画)だと、事故前の乗員乗客の人生模様が延々と描かれ、退屈したところで事故発生!となるのだけれど、そうしなかったは正解。
中盤で描かれる事故の様子は短い(事故発生から着水まで208秒)ながらも、イーストウッドは的確に描いており、緊迫感がある。

しかしながら、いかにも脚本が弱い。

事故調査委員会が、全員の命を救ったにもかかわらずサリーの行為を敵視する理由がほとんど描かれず、ただの間抜けにしかみえない。
また、クライマックスの公聴会でも、糾弾する側の論理が弱いので、サリーおよび副操縦士(アーロン・エッカート)が窮地に追い込まれたように、まるで見えない。
さらに、公聴会で機長室内の録音音声を披歴するシーンは、音声を聞く側の様子が全く映し出されない。
このシーンは、たしかに、前代未聞の航空機事故に陥った操縦室においても、冷静沈着な行動をとったサリー機長と副操縦士を称えるところであるが、映画的には彼らの行動は中盤で描かれているので、繰り返し描く必要はなかったように思う。

まぁ、英雄行動のプロフェッショナル魂を的確に描いた映画ではあるが、脚本の凡庸さはイーストウッドをもってしても補いきれなかった、といえよう。

評価は★★★(3つ)としておきます。

<追記>
脚本は誰かしらんと思って調べてみたら、ハル・ベリー、ブルース・ウィリス主演の『パーフェクト・ストレンジャー』を書いたトッド・コマーニキ。
この映画も、恐ろしいほどの凡作だった・・・

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:77本
 外国映画54本(うちDVDなど 8本)←カウントアップ
 日本映画23本(うちDVDなど 4本)

旧作:2016年以前の作品:89本
 外国映画71本(うち劇場14本)
 日本映画18本(うち劇場 5本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あの事件の後、こんな話があったのかと思い興味深いのですが、映画としては印象が薄いですね。すぐ忘れそうです。ドキュメンタリーとして見たかった。
おすもうさん
2016/11/10 01:56
おすもうさん、コメントありがとうございます。
あぁ、すぐ忘れてしまいそう・・・
凡作!と言っているうちは忘れないかもしれないけれど。
これぐらいの作品を、米国の他の監督も撮ってほしいです。
りゃんひさ
2016/11/10 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ハドソン川の奇跡』:プロフェッショナル魂を描いた凡作 @試写会 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる