キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『淵に立つ』:罰と赦されざる罪 @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2016/10/18 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞受賞の『淵に立つ』、ロードショウで鑑賞しました。
脚本・編集も兼ねる深田晃司監督はこれまで何本か撮っているが、観るのは初めて。
「あの男が現われるまで、私たちは家族だった」という惹句も、ポスターデザインも不穏な雰囲気。
さて、映画。

小さな金属加工工場を営む利雄(古舘寛治)には、敬虔なプロテスタントの妻・章江(筒井真理子)と10歳になる娘・蛍(篠川桃音)がいる。
無愛想な利雄と章江との間は、どこかしっくりいっていない雰囲気。
ある日、八坂(浅野忠信)という男が利雄の許を訪ねてくる。
彼は利雄の旧友で、つい先ごろ、刑務所を出たばかりだという。
利雄は、八坂を住み込みで働かせることにする・・・

といったところから始まる物語は、他人が入り込んで家族間を不穏にする物語の様相だ。
オルガンを上手く弾くことで娘・蛍に気に入られ、それが契機で章江も八坂に心を許すようになる。

そして、八坂は章江に刑務所に入っていた経緯を話す。
人を殺めた。
そこに至るまでに、彼は罪を犯していたと告白する。
それは、考え方が誤っていた罪だという。

約束が法よりも何よりも最重要、他人もそうあれかしと考え、自分は常に正義である・・・と。

このシーンの八坂はすこぶる怖い。
そして、印象的だ。
つまり、「殺人」という行為以上に、自分自身の考え方(価値観と言い換えてもいい)が罪だと言っている。
「罪」、これがこの映画のキーワード。

その後、家族と親身になった八坂は、利雄一家と川遊びに出かけ、その際、利雄に「あのとき、お前がいたなんて、誰にも、ひと言もいってない」と迫り、観客側に利雄が隠していた過去を明らかにする。
そして、このとき、八坂と章江は少ないながらも身体接触がある。
この出来事を、八坂は章江との情交の「約束」と受け取るが、後日、情交に及ぼうとした際に章江にはねつけられてしまう。

八坂は、章江の裏切りに対して、娘・蛍を奪うという挙に出(映画では直接の描写はないが)、そのまま出奔してしまう・・・

と、ここまでが前半。
ここまでならば、入り込んだ他人によって崩れていく家族の映画、のようなのだが、後半に入ると、そのレベルでは収まりきらない。

8年後、娘は重度の障がいを負い、まるで動かなくなってしまう。
章江は極度の神経症になり、まるで自分の罪を洗い流そうかとするように、何度も何度も手を洗い、娘には誰も近づけないようになってしまう。
一方、利雄は、前半のしんねりむっつりの不愛想な表情から、柔和な表情へと変化している。

そこへ山上という青年(太賀)が工場でやって来て、章江がそれまで知らなかった利雄の過去、つまり八坂の殺人の共犯者であったということを知るようになる。

このとき利雄がいう言葉が衝撃的だ。
「蛍のことは、自分の罪への罰だ」と。
さらに、章江に向かって「お前も、八坂と関係した罰だと思っているんだろ」、そして「罰を受けて、やっと家族になれた」と。

このシーンの利雄の心の闇は深くて、観ていて理解できない。

その後、利雄たちは山間部の村で八坂に似た男をみたという興信所の情報をもとに、その場所に向かうが別人であり、八坂は捕まえることはできない。

映画はもうひとつ事件があり、その結末がどうなったのかはわからないまま終わるのだが、常に白いワイシャツ、白いつなぎ服と汚れひとつない男(八坂)=心の闇の象徴のようなものは、とらえることなどできない・・・

八坂は「赦されざる罪」の象徴だと解釈することができるが、人間の原罪ということなのだろうか。
わかったようでわからないような映画だが、こころの深奥をかき乱される映画であることは確かである。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:92本
 外国映画61本(うちDVDなど 9本)
 日本映画30本(うちDVDなど 5本)←カウントアップ

旧作:2016年以前の作品:93本
 外国映画73本(うち劇場14本)
 日本映画20本(うち劇場 6本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画の浅野忠信、すこぶる怖いです。果たして彼は本当に存在していたのか否か。互いに心に闇を持つ夫婦が、娘の障害を罰と捉えて、夫はある意味解放され、妻は反対に拘束されていく。「罰をうけて家族になれた」と夫は言うが、この夫婦、最初も最後も、そもそも家族になれたことなど一度もなかった。川辺に横たわる同じような二つのシーン、一つ目は皆生きている、二つ目は、罪と罰は死に生き残ったのは・・・・と考えるとすこぶる面白い。
ぷ〜太郎
2016/11/11 13:24
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございました。
あ、そうか。
幸せっぽい一幕も、最後の最後の一幕も川辺か。
なにか暗喩がありそうな気もするけれど・・・さて。
本年一番の問題作でしたね。
りゃんひさ
2016/11/14 17:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
『淵に立つ』:罰と赦されざる罪 @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる