キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ポッピンQ』:東映アニメ60年の好い所取りを狙ったかな @試写会

<<   作成日時 : 2016/12/22 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

東映アニメーション創立60周年記念作品『ポッピンQ』、ひと足早く、試写会で鑑賞しました。
アニメーションは割あい好きな方なので、年に何本かは観るのですが、さすがに東映の子供向け(だと思われる)作品は観ていません。
ですが、雰囲気のあるポスターデザインをみて面白いかもと思ったので試写会に応募し、当選した次第。
当選してから知ったのは、異世界に迷い込んだ少女たちが、ダンスで世界を救うというハナシ。
むむむ、そんなハナシだったのかぁ・・・
さて、映画。

高知・桂浜にある中学に通う小湊伊純(こみなと いすみ)は卒業間近の陸上部員。
秋の大会の短距離走で同級生に負け、悔しい思いをした。
両親は、間もなく東京に引っ越す。
悔しい思いを残したまま、東京などには行けない伊純は、ふとしたことから「時の谷」という異世界に迷い込んでしまう。
その「時の谷」では、「時の欠片」なるものが粉々になり、司る時に異変を来していた・・・

というハナシは、その後、伊純と同じ中学女子が異世界に迷い込み、一丸となって「時の欠片」を集め、ダンスによって「時」を修復する羽目となる、と展開する。

まぁ、ひとことでいえば、バカげたハナシ。
なんだけれども、意外と面白い。

面白く感じられた要素を取り出してみると、

1.卒業間近の中学女子→成人するための通過儀礼
2.異世界で司られる「時」→一見、自由になりそうな「時」は、非可逆的で、安易に過去は変えられない
3.異世界→一見、子どものおもちゃ(ぬいぐるみ)に模した世界だが、仁王に似た悪役造形など、和洋混交
4.ダンスで世界を救う→神に捧げる舞い、踊るのは巫女

となる。
たぶん、無意識の設定や造形なのだろうが、東映アニメーションの『白蛇伝』『わんぱく王子の大蛇退治』『太陽の王子 ホルスの大冒険』などの遺産(レガシー)と、『プリキュア』シリーズなどの新作のテイストが上手く融合している。
そういえば、異世界のぬいぐるみ然とした「ポッピン」の真の姿が、村上隆のアートデザインに似ているあたりも興味深い。
異世界に紛れ込む6人のうち5人が少女、ひとりが少年で、その少年がヒール役(悪役)といったあたりも興味深いが、悪役の動機が不明なのはちょっと減点。

少女たちが踊るダンスも、モーションキャプチャを基にしたCGでよく出来ているけれど、いかにもアイドル然としたダンスなので、ここいらあたりは、やはり子ども向けなのだろう。
まぁ、雅楽にあわせて幽玄に舞えば、それはそれで面白いのだけれど、観客動員は激減するだろうなぁ。

なんのかんのといろいろ言ったが、結構愉しめました。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:130本
 外国映画90本(うちDVDなど21本)←カウントアップ
 日本映画40本(うちDVDなど 6本)

旧作:2016年以前の作品:103本
 外国映画82本(うち劇場18本)
 日本映画21本(うち劇場 7本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
りゃんひささんは、こんな映画まで観るんですね、びっくりしました。
おすもうさん
2017/01/08 02:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ポッピンQ』:東映アニメ60年の好い所取りを狙ったかな @試写会 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる