キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『わたしは、ダニエル・ブレイク』:一市民。それ以上でも、それ以下でもない @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2017/03/19 14:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 7

画像

イギリスの名匠ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』、ロードショウで鑑賞しました。
昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞したもの。
脚本は、90年代の後半からずっとコンビを組んでいるポール・ラヴァーティ。
さて、映画。

英国ニューカッスル在住のダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は60歳間近の大工。
ここのところ心臓が不調で、医師から就業を禁じられている。
そのため、政府から手当をもらっているが、手当更新の際に面談した職員の判断で就労可能と判断され、手当を打ち切られてしまう。
不服申し立てをジョブセンターを訪れるが、職員はけんもほろろ、そういう仕組みだの一点張り。
そんな時、これまた手当の申請で職員から追い出されているふたりの子ども連れの女性ケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)と知り合う。
シングルマザーの彼女ら一家に共感と同情を覚えたダニエルは、一家を助けようとするが、彼自身も収入の途はない・・・

といったところから始まる物語で、その後、社会システムに翻弄されるダニエルの姿が描かれていく。
医者から就労が禁じられているにもかかわらず、生活費を得る途は求職活動手当しかないと知らされ、意に添わぬ活動をせざるを得ないダニエルの心の底には、自身の人間としての尊厳とは何か、という疑問が湧き出てくる。

活動家・アクティヴィストと言われるケン・ローチ監督らしい作品であるが、デビュー当初に撮っていた冷徹ともいえるような厳しさは薄らいでいる。

役所の職員たちは、システムがどうとか、手続きはどうとか、とにかく四角四面の規則を振りかざし、非人間的に描かれる。
まぁ、なかにはダニエルに同情し、心配して、生きていくためには、求職活動手当を得るしかないのだから、ここは折れて・・・と声をかけてくれる女性職員もいるが。

それに対して、ダニエルの隣人たちは、おしなべて優しい。
シングルマザーのケイティ一家もそうだし、中国から密輸でスポーツシューズを手に入れて安く売ろうとしている隣人の黒人青年もそうだ。

唯一、求職活動を行っているダニエルを雇おうとする園芸業のボスが、ダニエルの活動が似非だと知って激怒するが、これは正論であり、概ね、政府側の人々と庶民とでわかりやすく図式化されているのは、ケン・ローチ監督も年齢を重ねてきたからであろうか。
そこいらあたりは、わかりやすいが、物足りない。

映画はその後、予想どおりともいえる結末を迎えるが、最後の最後にケイティが告げるダニエルの言葉、これがこの映画でケン・ローチが言いたかったことだろう。

「わたしは、ダニエル・ブレイク。一市民。それ以上でも、それ以下でもない」

ひとりの市民として認めてほしい。
尊厳ある、ひとりの人間なのだから。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:23本
 外国映画19本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ
 日本映画 4本(うちDVDなど 0本)

旧作:2017年以前の作品:27本
 外国映画23本(うち劇場鑑賞 5本)
 日本映画 4本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「わたしは、ダニエル・ブレイク」
なんという胸を打つ、そして胸が苦しくなる作品。ただ実直に生きていくことの難しさをここまで見事に描き切るとは!監督ケン・ローチは引退を撤回してこの作品のメガホンを取ったと聞いている。ケン・ローチだから、ケン・ローチでこそ、社会派ケン・ローチ…色々表現はあるかもしれない。だがやはり素晴らしいことに変わりはないのだ。ダニエル・ブレイク。初老の男。イギリスの労働者。妻を亡くし今は独り身。何十年も大工一筋で生計を立てていた。それがある日現場で心臓発作で倒れ、主治医からは勤労を禁じられる。ところが役所の判定... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/04/10 13:44
わたしは、ダニエル・ブレイク
イギリス、イングランド北東部の工業都市ニューカッスル・アポン・タイン。 59歳の大工ダニエル・ブレイクは、心臓病で医者から働くことを禁止される。 ところが、雇用支援手当の継続審査では「就労可能、手当中止」と判定されてしまう。 そんな時、ダニエルは近所に住むシングルマザーのケイティと出会う。 幼い子どもを2人も抱え仕事もないケイティを、何かと手助けするダニエルだったが…。 社会派ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2017/04/12 08:01
わたしは、ダニエル・ブレイク
 『わたしは、ダニエル・ブレイク』を新宿武蔵野館で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/04/18 18:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
やはりケン・ローチ監督も年をとったんですね。厳しい現実を描いてはいるけど、過去の作品のように身を切る痛さは感じられませんでした。そこにほっとした私も同じく年をとったんですね。
ぷ〜太郎
2017/03/22 15:29
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございました。
あ、ほっとしたんですね、なるほど。
でも、ケン・ローチ的には、ほっとしてほしくはなかったはずなので、やはり、歳を経たということでしょうかね。
りゃんひさ
2017/03/22 23:00
こんにちは。
もー、これはね、近々日本でも絵空事ではなくなってくると思いますよ。人口ピラミッドがそうなるようになっているのですもの。
税金払うだけ払って、いざ使おうとすると物凄い複雑なシステムになっていて申告しづらい…。そういう立場に立たされてしまうような気がしています。
ここなつ
2017/04/10 13:42
ここなつさん、コメントありがとうございました。
>もー、これはね、近々日本でも絵空事ではなくなってくると思いますよ。
というのは、そのとおりです。
システムが複雑になり、プロセスを複雑にして、当事者に対して利を生まない。
システムの複雑化、プロセスの複雑化というのは、物理の世界(だったかなぁ)では、「エントロピーの増大」というらしい。
簡単に言えば、エネルギー(自然なのもの、人的なのも含めて)の無駄遣いなんだろうが、遣う=経済(経て、済む)ということなのだろう。
そこには、人間は不在になるのでしょうか。
りゃんひさ
2017/04/10 21:39
「映画的・絵画的・音楽的」さんからのTBを受けて、当該ブログを読んで気づいたことがあったので、記しておきます(同ブログへのコメント内容の転載です)。
=========
貴ブログを読んで考えたこととして、ケン・ローチがこの映画でいちばん力を入れたのは、冒頭のやり取りかもしれません。すなわち、官側は「<なんらかの形で>働けるなら、働いて<税を納めて、社会貢献して>ほしい」、ダニエル側は「<大工という、自分が望む形で働けないなら、それは>働けないということだ」と、個人と社会システムが折り合えていないこと、
そして、それは社会システム側が悪いのだ、と。
< >の部分を省くと、映画のようなやり取りになるのでしょう。
りゃんひさ
2017/04/18 21:47
お早うございます。
本作では、「求職活動を行っているダニエルを雇おうとする園芸業のボスが、ダニエルの活動が似非だと知って激怒する」シーンが描かれていて、おっしゃるように、園芸業のボスが言うのはまさに「正論」ながら、他方で、ダニエルの行動については奇妙な印象を受けてしまいます。
というのも、おそらくダニエルは、求職者手当(JSA)を受け取るためには雇用されなかったという証明が必要だ、と担当者から言われていたので、「園芸業のボス」の申し出を断ったのでしょう。でもそれは、JSAというシステムの趣旨を誤解しているように思われます。それは、求職活動をするための手当であり、職が見つかり、給与が得られることになれば支給されなくなるのは当然でしょう。雇用支援手当(ESA)に代わる手当を何とかして受給したいという思いから、せっかくの職を断ってしまったのでしょうが、ダニエルにとって大切なのは、所得の確保であって、手当の受給ではないということではないでしょうか?
そこらあたりがきちんと映画の中で説明されないと、ここにもシステムの不備があると映画を見る者(特にイギリス以外の国で見る者)から言われかねないのでは、と思えてしまいます。
なお、「りゃんひさ」さんの拙ブログに対するコメントについてのコメントは、拙ブログの方に記しましたので、お手数ながらそちらをご覧ください。
クマネズミ
2017/04/19 06:26
クマネズミさん、詳しい説明ありがとうございました。
自国(日本)のシステムも複雑になっている状況。
他国のシステムを理解するところまでは・・・厳しいです。
りゃんひさ
2017/04/19 08:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
『わたしは、ダニエル・ブレイク』:一市民。それ以上でも、それ以下でもない @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる