キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『メン・イン・キャット』:バリー・ソネンフェルドのオフビート演出もそこそこ @DVD・レンタル

<<   作成日時 : 2017/05/07 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

昨秋公開の『メン・イン・キャット』、DVDで鑑賞しました。
「メン・イン・キャット」、略して「MIC」。
なんだか『メン・イン・ブラック』のもじりみたいなタイトルだなぁと思ったが、それもそのはず、監督が『メン・イン・ブラック』のバリー・ソネンフェルド
原題は「NINE LIVES」、九つの命。
これは、ネコには九生ある、ってことらしい。
さて、映画。

大企業のワンマン社長トム・ブランド(ケヴィン・スペイシー)は、家族のことなどホッタラカシ。
いまは北半球一高い自社ビルにご執心。
娘の誕生日も忘れそうになり、慌ててプレゼントにかねてから娘にねだられていたネコを買った帰りに、ひょんなことで件のビルから転落してしまう。
九死に一生を得たが、その拍子にトムの魂はネコに乗り移ってしまう・・・

という他愛ないハナシなので、まぁお気楽に楽しめばいいね、といった映画。
『アダムス・ファミリー』シリーズや『メン・イン・ブラック』でみせたバリー・ソネンフェルドのオフビート演出(ビートがオフなので、タイミングが悪いということ)もそれほどではなく、安心して観ていられる。

クリストファー・ウォーケンが、ペットショップの怪しげな主人を怪演していて楽しいが、肝心のネコちゃんはCGなので、まぁそれほど楽しいというところまでは至らない。

高所恐怖症(と思われる)息子にトムは「男になれ」といって勧めていたスカイダイビングが、クライマックスで上手く使われていて、脚本ではここがよかったかな。

評価は★★☆(2つ半)としておきます。


------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:33本
 外国映画26本(うちDVDなど 4本)
 日本映画 7本(うちDVDなど 0本)

旧作:2017年以前の作品:33本
 外国映画28本(うち劇場鑑賞 9本)←カウントアップ
 日本映画 5本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ネコ好きとしては、もう少し面白い映画かと思ったんだがね。CGのネコはやはり、いただけないね。
おすもうさん
2017/06/29 17:09
おすもうさん、コメントありがとうございました。
CGで描いた動物映画に良作なし、ですな。
りゃんひさ
2017/07/01 14:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
『メン・イン・キャット』:バリー・ソネンフェルドのオフビート演出もそこそこ @DVD・レンタル キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる