キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パワー・レンジャー』:ユルイ展開と描写で脱力疲れ @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2017/08/08 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

トランスフォーマー/最後の騎士王』に続いて、和製ヒーローのハリウッド版『パワー・レンジャー』をロードショウで鑑賞しました。
東映製作の戦隊モノは『秘密戦隊ゴレンジャー』をテレビ放映時に観て以来、観ていない(はず)。
え? ゴレンジャーは石ノ森章太郎原作なので、正しくは「戦隊モノ」シリーズには含めないとか?
ま、そんなことは、どうでもいいとして(って、にわか仕込みの前振りをしておきながら)、さて、映画。

恐竜が闊歩する時代の地球。
宇宙から飛来した者どもが戦いを行い、結果として地球は守られた。
彼らの力の源はクリスタルにより封印され、正義の力も5つのカラーコインによって眠りに閉ざされた。
そして、現代。
地球を支配しようとした悪の力は、黄金を獣のように操る魔女リタ(エリザベス・バンクス)とともに甦った。
正義に力も甦ろうとするが、かつての生き残りゾードン(ブライアン・クランストン)は宇宙船のシステムの中に幽閉されたままで、地球の未来は、カラーコインを見つけた性別も人種も異なる5人のティーンエイジャーに託されることになった・・・

といったところから始まる物語で、元は戦隊シリーズの何作目か『恐竜戦隊ジュウレンジャー』を米国仕様にした米国版テレビシリーズの映画版。

『秘密戦隊ゴレンジャー』世代のオジサンからすると、設定からしてややこしく(といっても、それほどややこしいわけではないが)、6000万年以上も眠っていたのなら、そのまま静かに眠っていてほしいと思うばかりの設定。
そんなことを考えるとイライラするので、あまり考えないようにしていてみていたが、超人的パワーを得ただけで使いこなせず、5人が一致団結しないと能力が発揮できないというのは、ま、少々面白い。
特に、人種や性別も異なる5人の組み合わせなので、そこいらあたり、もう少し掘り下げると、大人の鑑賞にも耐え得るかな、とも思ったのだが、一致団結の描写がやはり子供っぽい。
いや、そんなことをいっても・・・なのだが、ここいらあたりが弱いので、「はよ、パワー・レンジャーに変身せんか!」などと思っちゃうわけで。

で、変身したらしたで、ありゃ、生身のスーツアクションはそこそこに、恐竜型大型マシンに乗り込んでのバトルになっちゃう。
ならば、大型マシン対巨大怪物とのバトルが存分に楽しめるかと思いきや、これまた、乗り込んだ若者たちの操縦シーンがこれでもかこれでもかと挿入されて、迫力を減ずること甚だしい。

『トランスフォーマー』の1秒に満たないアクションカットの連続に比べれば目まぐるしくないので観ていて疲れないのだが、あまりにもユルイ設定と描写が多いので、こちらは脱力疲れ。

評価は★★(2つ)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:56本
 外国映画43本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ
 日本映画13本(うちDVDなど 0本)

旧作:2017年以前の作品:47本
 外国映画41本(うち劇場鑑賞11本)
 日本映画 6本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『パワー・レンジャー』:ユルイ展開と描写で脱力疲れ @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる