キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アバウト・レイ 16歳の決断』:母マギー、アラフォーの決断 @ロードショウ・シネコン

<<   作成日時 : 2018/02/08 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

当初公開予定の2016年から2年遅れてようやく公開の『アバウト・レイ 16歳の決断』、ロードショウで鑑賞しました。
原題は「3 GENERATIONS」。
「三世代」、祖母、母、娘の物語。
さて、映画。

ニューヨークで暮らす16歳のラモーナ(エル・ファニング)。
長年、性同一障害に悩んでおり、自身も周囲も彼女のことを「レイ」と呼んでいる。
ホルモン療法を受けることが可能な年齢になったのだが、それには両親の署名が必要。
シングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は治療が良いのかどうか悩んでいるが、それに加えて、別れた夫と会うこと自体が気が重い・・・

というところから始まる物語で、そこへレズビアンのドリー(スーザン・サランドン)が加わることで、原題は「3 GENERATIONS」(三世代)と相成る次第。

当初の公開予定から2年もずれ込んだのは、本国での公開に際して、製作した時点からLGBTに対する世間の見方が変化したために、編集を繰り返したためだと聞きました。

なるほど、性同一障害に悩むレイの物語から、三世代の家族の物語へと視点を移したのね・・・
と、そう思わせる部分は少なくない。

映画のビリング(俳優の名前が出る順序)では、ナオミ・ワッツがトップ、続いてエル・ファニング、そしてスーザン・サランドンとなっている。

性的マイノリティの祖母と娘に挟まれたシングルマザー、それも過去に夫とのトラブルを抱えている・・・
「レイ 16歳の決断」というよりも、「マギー アラフォーの決断」といった方が正しいような内容になっているので、性的マイノリティの苦闘と決断を期待すると少々勝手が違うかもしれません。

とはいえ、レイのマイノリティとしての苦悩も充分描かれているし、先駆者としての祖母マギーの開き直ったかのような考え方も興味深かったです。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

画像


------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:11本
 外国映画 8本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 3本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:4本
 外国映画 4本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 0本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『アバウト・レイ 16歳の決断』:母マギー、アラフォーの決断 @ロードショウ・シネコン キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる