キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ハッピーエンド』:しあわせな最期の来ないエンディング @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2018/03/09 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

ミヒャエル・ハネケ監督の最新作『ハッピーエンド』、ロードショウで鑑賞しました。
前作『愛、アムール』から5年、そろそろ嫌な思いのする映画を撮る順番だと監督自身が言ったという。
さて、映画。

フランス北部の大邸宅、ロラン一家。
老主人ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)は事業を娘アンヌ(イザベル・ユペール)に譲って引退している。
息子のトマ(マチュー・カソヴィッツ)は医師で、前妻との間に13歳の娘エヴ(ファンティーヌ・アルデュアン)がい、現妻アナイス(ローラ・ファーリンデン)との間には幼子が生まれたばかり。
何不自由ない生活のように思えるが、それぞれに問題を抱えている・・・

といったところから始まる物語で、全編長廻しのカメラで取られた映像は、当初、何が起こっているのかが掴みづらい。

冒頭、スマホでバスルームの様子を盗撮している。
女性が、洗面所で吐き、口をすすぎ、用を足す。
精神的に不安定な様子で、その画面の上に撮影者と誰かがやり取りしている小さな文字が出ては消えていく。

被写体の女性はエヴの母親(トマの前妻)で、精神を病んでいることが後にわかる・・・

と万事このような語り口で、ある事象が映され、その後に、その事象についての説明のような描写が登場する、といった具合で、なかなか状況を理解するのが難しい。

が、それぞれが抱える(隠している)問題がわかってくると興味が湧いてき、後半、ジョルジュの過去が明かされると、本作が『愛、アムール』のハイドストーリーのような趣であることがわかるが、そうなるころには映画の3分の2ほどが過ぎてしまっていました。
うーむ、さてさて、これを面白いといえるのかどうか。

タイトルは、映画のハッピーエンディングの意味ではなく、文字どおり「しあわせな最期」。
しかし、そんなものは訪れない。

「しあわせな最期」を迎えることができなかったジョルジュとロラン一家・・・
これまでの諸作ほどの衝撃はないけれども、嫌な思いは結構しました。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:16本
 外国映画13本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 3本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:8本
 外国映画 6本(うち劇場鑑賞 1本)
 日本映画 2本(うち劇場鑑賞 0本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
映画自体は過去のハネケ作品ほどの露悪さは感じられませんでしたが、ほんとはこの映画のラスト以降なのでしょうね。
自殺できなかった老人はますま厳しい監視のもと幽閉されるだろうし、彼を助けた?孫娘は肉親から非難され、距離をおかれ、愛情なく育つでしょう。その肉親達は自分勝手な生き方を続け、社会的には上流階級として君臨するでしょう。もう誰にもどうすることもできないラストですね。
ぷ〜太郎
2018/03/28 15:38
ぷ〜太郎さん、コメントありがとうございました。
そうですね。この映画のラストにつづくであろう登場人物たちの人生を想像すると、嫌な思いは倍増しますね。
りゃんひさ
2018/03/28 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ハッピーエンド』:しあわせな最期の来ないエンディング @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる