キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど

アクセスカウンタ

zoom RSS 『告白小説、その結末』 :女同士の確執? 否、実は・・・って @ロードショウ・単館系

<<   作成日時 : 2018/07/03 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

お気に入り監督のひとり(たぶん)、ロマン・ポランスキーの新作『告白小説、その結末』、ロードショウで鑑賞しました。
(たぶん)と付けたのは、そんなに好きだったかしらん・・・でも、結構観てるよなぁ・・・ここんところの新作は観逃していないはず・・・といった消極的な理由から。
前作『毛皮のヴィーナス』は、ポランスキーのM的嗜好が炸裂していた怪作だったけれど、本作はどうかしらん・・・
さて、映画。

新進の女流作家デルフィーヌ(エマニュエル・セニエ)。
心を病んで自殺した母親のことを綴った処女作がベストセラーとなり、サイン会を催していた。
長蛇のファンの列に疲れた彼女は、サイン会を途中で打ち切ったが、最後に、エル(彼女)と名乗る若い女性(エヴァ・グリーン)が目の前に現れた。
その場は断っとデルフィーヌだったが、その後に訪れたパーティ会場で再び出くわし、話をするうちに気心が知れていく。
近所に住んでいたことがわかったエルと、デルフィーヌはひょんなことから同居をすることとなり、エルはデルフィーヌを影響を与えていく・・・

といったところから始まる物語は、『ファントム・スレッド』を思わせるような支配と服従、主客逆転の物語のように進んで行きます。

このような女性同士の確執の物語では、ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットによる『あるスキャンダルの覚え書き』や、カトリーヌ・フロやデボラ・フランソワによる『譜めくりの女』などが最近ではある。
また、作家(男性だが)とそのファンというならばスティーヴン・キング原作の映画化『ミザリー』とうのもある。

それらの作品と比べると(比べる必要はないのだけれど、思い出してしまうのは仕方がない)、どうもヘンテコリンな感じがする。

というのは、とにかく徐々に偏執的要素を出してくるエルが、実にヘンテコリンなのだ。
演じるエヴァ・グリーンの演技はオーバーアクトで、突然キレてしまうのには脈絡がない(いや、あるにはあるのだが)。
そんな彼女に付き合うデルフィーヌも、いい加減すればいいのに・・・と思ってしまって、途中で飽き飽きしてしまいました。

ま、最後まで観れば、エルを突き放せないその理由もわかる仕掛けになっているのだけれど、それにしては伏線の張り方が下手すぎる。

デルフィーヌ・ド・ヴィガンによる原作小説があるようだけれど、最後のカットで謎解きをして、タイトルを出して留飲を下げる、ということで満足しているだけのようで、脚本がうまくないとしかいえない。

と思ったら、脚本は(苦手な)オリヴィエ・アサイヤス(ポランスキーの名前も並べてあるが、たぶん、メインはアサイヤスでポランスキーは直しのレベルだと思われる)。
もっとスリリングになりそうなのに、意外にズンダラしてメリハリが効いていない。

ちょっと期待外れな一本でした。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2018年映画鑑賞記録

新作:2018年度作品:43本
 外国映画35本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ
 日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

旧作:2018年以前の作品:38本
 外国映画31本(うち劇場鑑賞 3本)
 日本映画 7本(うち劇場鑑賞 1本)
------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『告白小説、その結末』 :女同士の確執? 否、実は・・・って @ロードショウ・単館系 キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる