アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「90年代」のブログ記事

みんなの「90年代」ブログ

タイトル 日 時
『リフ・ラフ』:遣り切れなさが強く残る作品 @VHS
『リフ・ラフ』:遣り切れなさが強く残る作品 @VHS 買い置き中古VHSで、1991年製作のケン・ローチ監督の『リフ・ラフ』を鑑賞しました。 ケン・ローチ監督作品は今年に入ってから『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観ていますが、なんだかずっと前に観たような印象で、同じく買い置き中古VHSで昨年観た『レイニング・ストーンズ』の方が、最近観たように思っていました。 それはさておき、映画のこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 22:44
『インシデント!』:ウォルター・マッソーが弁護士を演じる2作品 @DVD
『インシデント!』:ウォルター・マッソーが弁護士を演じる2作品 @DVD 自宅の積読DVD鑑賞第2弾は、ウォルター・マッソーが弁護士ハーマン・コッブに扮したテレビムーヴィ。 1990年代に2本つくられており、続けて鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/12 00:00
『アーバン・ハーベスト』『アーバン・ハーベスト2』:「とうもろこし畑の子供たち」第3・4弾 @VHS
『アーバン・ハーベスト』『アーバン・ハーベスト2』:「とうもろこし畑の子供たち」第3・4弾 @VHS 久しぶりにスティーヴン・キング原作作品を鑑賞です。 映画は『アーバン・ハーベスト』『アーバン・ハーベスト2』。 キングの短編小説『とうもろこし畑の子供たち』の映画化権が転売されて続々とつくられた『チルドレン・オブ・ザ・コーン』シリーズの第3作と第4作目にあたります(第2作目は『死の収穫』)。 転売されて続々とつくられていくうちに、ほとんど設定だけを小説から借用して、勝手にストーリーを作っています。 まぁ、原作のクレジットを出して、映画に「スティーヴン・キング」の冠を付しているだけなんです... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 23:53
『一瞬の夢』:経済政策に取り残されてしまった遣る瀬無さ @名画座
『一瞬の夢』:経済政策に取り残されてしまった遣る瀬無さ @名画座 11月の名画座鑑賞はジャ・ジャンクー監督の新旧2本立て。 2本目は1997年製作のデビュー作『一瞬の夢』。 原題は「小武(シャオ・ウー)」、主人公の名前です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/04 00:57
『レイニング・ストーンズ』:無責任に優しいヒューマン映画 @VHS
『レイニング・ストーンズ』:無責任に優しいヒューマン映画 @VHS 1993年製作のケン・ローチ監督『レイニング・ストーンズ』、買い置きの中古VHSで鑑賞しました。 VHS! まぁ、そのむかし近所の中古店で格安でみつけたものなんだけれど、TSUTAYAのレンタルでもVHSしか扱っていない上に、少々遠出してレンタルしなければならないということで、買っておいた次第。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/14 00:46
『アパートメント』:ヒッチコキアン! @DVD
『アパートメント』:ヒッチコキアン! @DVD 1996年製作のフランス映画『アパートメント』、以前購入していたDVDで鑑賞しました。 中古で購入したものですが、さて、いまとなっては何故購入したのか、よく覚えていない。 ジョシュ・ハートネット主演の『ホワイト・ライズ』のオリジナル作品なのだが、こちらの映画も未見。 謎は深まるばかりなので、さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 21:48
『クロノス』:デル・トロ監督らしい格調とチープさ @DVD・レンタル
『クロノス』:デル・トロ監督らしい格調とチープさ @DVD・レンタル 『クリムゾン・ピーク』のギレルモ・デル・トロ監督のデビュー作『クロノス』、DVDで鑑賞しました。 TSUTAYAの発掘良品企画で選定された作品。 デル・トロ監督作品はこれまで『ミミック』『デビルズ・バックボーン』『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』を鑑賞済み。 『ブレイド2』と『ヘルボーイ』1・2は未見。 映画全体を彩る格調高いゴシック風造形が魅力であるとともに、どことなくチープなB級感も併せもっているところが魅力。 さて、デビュー作やいかに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/27 17:31
『ジプシーのとき』『アンダーグラウンド』:エミール・クストリッツァ2本立て @名画座
『ジプシーのとき』『アンダーグラウンド』:エミール・クストリッツァ2本立て @名画座 ことしの初めに特集上映が組まれていたエミール・クストリッツァ監督。 ユーゴスラビア出身の巨匠監督だけれども、これまで観たのはデビュー作の『パパは、出張中!』と1998年製作の『黒猫・白猫』ぐらい。 後者のコメディタッチがどうも肌にあわなくて、その他の作品は観ないでいました。 とはいえ、この巨匠の代表作を観ていないというのもなんなので、長尺2本立てに出かけた次第。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/07/26 01:04
『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』:登場人物に対する厳しい眼 @DVD
『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』:登場人物に対する厳しい眼 @DVD レンタルもいいけれど、買い置きDVDが溜まってきたので、少しずつでも観ておかねば! ということでセレクションしたのが、これ『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』。 『アバウト・シュミット』『サイドウェイ』などのアレクサンダー・ペイン監督のデビュー作(1999年製作)で、主演はマシュー・ブロデリックとリース・ウィザースプーン。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 00:08
『バーチャル・ウォーズ3』:S・キングとは無関係だが、監督はミック・ギャリス @VHS
『バーチャル・ウォーズ3』:S・キングとは無関係だが、監督はミック・ギャリス @VHS ひさしぶりに好事家りゃんひさ、未DVD化作品をVHSで鑑賞しました。 タイトルは『バーチャル・ウォーズ3』(1997年製作)。 おぉ、スティーヴン・キングの短編『芝刈り機の男』を勝手に改変した(というか新たにストーリーをつくった)『バーチャル・ウォーズ』の第3弾! と思いきや、原作はピーター・ジェームズというひとの『HOST』という小説。 輸入元のSPO社がタイトルだけ失敬して、シリーズ第3弾みたいな売り方をしたようです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/18 00:31
『いつか晴れた日に』:ダブル二股事件に巻き込まれた19世紀英国姉妹 @DVD
『いつか晴れた日に』:ダブル二股事件に巻き込まれた19世紀英国姉妹 @DVD 2015年最後の鑑賞作品は、DVDで観た『いつか晴れた日に』。 ジェイン・オースティンの小説『分別と多感』を、台湾出身のアン・リーが1995年に監督したもの。 オースティンの小説は『自負と偏見』を読んで、映画化作品の『プライドと偏見』を観たぐらいだけれど、小説も映画も面白かった。 この『いつか晴れた日に』は妻が劇場で観て、面白いと折り紙をつけてた作品。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/01/02 02:42
『クイックシルバー』:スティーヴン・キング+クライヴ・バーカー原作のホラーコメディ @VHS
『クイックシルバー』:スティーヴン・キング+クライヴ・バーカー原作のホラーコメディ @VHS お気に入り作家スティーヴン・キング関連の映画その2は『クイックシルバー』、1997年製作のテレビムーヴィ。 中古ビデオ屋で廉価販売しているのを見つけたもの。 『クイックシルバー』といえば、その昔、爽やか青年だった頃のケヴィン・ベーコンが主演した自転車映画を思い出すけれど・・・ パッケージをみると、キングに加えて、人気ホラー作家のクライヴ・バーカーの文字も見え、こんなの知らないぞ!と衝動買いしました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/09 09:29
『Dr. M/ドクトル・エム』:フリッツ・ラングに捧ぐシャブロル映画 @VHS
『Dr. M/ドクトル・エム』:フリッツ・ラングに捧ぐシャブロル映画 @VHS 1990年にクロード・シャブロルが監督した『Dr. M/ドクトル・エム』をVHSで鑑賞しました。 フリッツ・ラング監督の『ドクトル・マブゼ』を着想を得たという作品で、日本では劇場未公開、DVD化もされていません。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/03 15:46
『D.N.A.W』:ダメダメ映画も観ちゃうんだよなぁ・・・ @VHS
『D.N.A.W』:ダメダメ映画も観ちゃうんだよなぁ・・・ @VHS 『D.N.A.W』、なんだか記号・暗号のようなタイトルですが、「ディーエヌエイ フォー」と読みます。 原題は「WATCHERS REBORN」。 これで察しがついた方は凄いです。 ディーン・R・クーンツ原作の『ウォッチャーズ』のリブート映画です。 製作は1998年、製作総指揮にロジャー・コーマンが名を連ね、主演はマーク・ハミル(『スター・ウォーズ』のヒーローなんですけど、その後はサッパリ)。 なんだか、これだけでダメダメ感満載の映画なんですけど・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/02 16:09
『結婚記念日』:ベット・ミドラーとウディ・アレンとポール・マザースキー @VHS
『結婚記念日』:ベット・ミドラーとウディ・アレンとポール・マザースキー @VHS 昨年6月に亡くなったポール・マザースキー監督。 彼の監督作品で思い出すのは『ハリーとトント』『結婚しない女』。 『ハドソン河のモスコー』『パラドールにかかる月』などは劇場未公開。 トリュフォーの『突然炎のごとく』をリメイクした『ウィリーとフィル/危険な関係』(未見)なんて作品もあるけれど、これはVHSにすらなっていない。 秀作の誉れ高い『グリニッチ・ビレッジの青春』も未見なので、機会があればまとめて鑑賞したい監督のひとりです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/28 21:59
『ファニー・ゲーム』:観客の心の動揺させる底意地の悪い映画 @名画座
『ファニー・ゲーム』:観客の心の動揺させる底意地の悪い映画 @名画座 『炎628』と同時上映されたミヒャエル・ハネケ監督の1997年製作作品『ファニー・ゲーム』。 自身の監督で2007年にハリウッドで『ファニーゲーム U.S.A.』としてリメイクもしているが、どちらの作品も観ていませんでした。 ハネケ作品は『ピアニスト』『隠された記憶』『白いリボン』『愛、アムール』と4作品観てきているが、いずれも衝撃的な内容。 新作が発表されれば、必ず観ようと心掛けているのだけれど、旧作まで追いかけるかどうかは、微妙なところ。 さて、映画。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/02 23:50
『アイス・ステーション』:スティーヴン・キングの『ブロス』第3弾 @VHS
『アイス・ステーション』:スティーヴン・キングの『ブロス』第3弾 @VHS お気に入り作家スティーヴン・キングが原作ということなので、超格安VHSを中古ショップで購入して鑑賞した『アイス・ステーション』。 南極の秘密施設を舞台にしたホラーという謳い文句なので、どんな内容か愉しみ・・・ でしたが、あまりにも酷い出来栄え。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/01 16:06
『ナインスゲート』:またまたポランスキー映画を観ました @DVD・レンタル
『ナインスゲート』:またまたポランスキー映画を観ました @DVD・レンタル またまたロマン・ポランスキー監督の映画を鑑賞しました。 映画は1999年製作の『ナインスゲート』。 主演はジョニー・デップ。 300年前に出版された悪魔に関する本3部を巡るスリラーです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/30 21:57
『月下の恋』:少々まどるっこしい正統派怪談噺 @DVD・レンタル
『月下の恋』:少々まどるっこしい正統派怪談噺 @DVD・レンタル 暑い夜が続く今日この頃、こんなときはホラーでも観ようかと。 でも、こけおどし的な怖さではなく、じっとりとした感じの、いわゆる「怪談」ものがいいですね。 といいうことでのセレクションは、この『月下の恋』。 ホラーらしからぬ日本タイトル、1920年代イギリスを舞台にしたゴシック・ホラー。 監督はルイス・ギルバート。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/27 01:01
『レイジング・ブレット 復讐の銃弾』:ジョン・シュレシンジャー監督晩年の渋いサスペンス @VHS
『レイジング・ブレット 復讐の銃弾』:ジョン・シュレシンジャー監督晩年の渋いサスペンス @VHS 近所の中古ソフト屋を覗いたら、見慣れないタイトルのVHSを発見。 タイトルは『レイジング・ブレット 復讐の銃弾』。 主演はサリー・フィールド。 裏をみると、監督はジョン・シュレシンジャー。 こんな映画しらないなぁ。 とはいえ、時期的には最晩年なので、ちょっと興味惹かれるところ・・・ ということで、買って観ることにしました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/24 22:32
『ブラック・ドッグ』:パトリック・スウェイジの拾い物B級アクション @TV・地上波
『ブラック・ドッグ』:パトリック・スウェイジの拾い物B級アクション @TV・地上波 2009年に膵臓癌で他界したパトリック・スウェイジの1998年主演作『ブラック・ドッグ』、テレビ放送で鑑賞しました。 放送枠はは2時間、本編尺は89分とCM入れても超余裕。 その上、エンドタイトルはカットしているので、ちょっとCMが多いぐらい。 後半なんて、CM前のシーンを1分ぐらいリピートしているぐらいでした。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/11 23:29
『ザ・ムービング・フィンガー』:スティーヴン・キング原案の一編観たさに・・・ @VHS
『ザ・ムービング・フィンガー』:スティーヴン・キング原案の一編観たさに・・・ @VHS これもロードショウや試写会の合間に自宅で観た一編。 タイトルは『ザ・ムービング・フィンガー』。 もともとは『モンスターズ』という30分のテレビシリーズで、そのうちから5編を抜粋して繋げたもの。 パッケージタイトルの一編がスティーヴン・キング原案のため、気になっていたものでした。 未DVD化作品で近所の中古ソフト屋で廉価で見つけました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/12 22:43
『ブロス リターンズ/やつらはふたたび帰ってくる』:ヒラリー・スワンク準主演のホラー @DVD
『ブロス リターンズ/やつらはふたたび帰ってくる』:ヒラリー・スワンク準主演のホラー @DVD ここ最近は真面目な映画ばかり観ていたので、久々にイカモノ嗜好がむくむく。 ということで2月下旬に観た『新・死霊伝説』に関連した(内容的ではありません)2本の作品を自宅鑑賞。 1本目は『ブロス リターンズ/やつらはふたたび帰ってくる』。 スティーヴン・キングが創作したキャラクターを頂戴した続編映画、『ブロス/やつらはときどき帰ってくる』のオリジナル続編にあたります。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 23:03
『ムーミン谷の彗星』:ほのぼのムードに加え怖い描写もあるムーミン1stエピソード @DVD・レンタル
『ムーミン谷の彗星』:ほのぼのムードに加え怖い描写もあるムーミン1stエピソード @DVD・レンタル フィンランドの作家トーベ・ヤンソンが創造したムーミン。 今年は生誕70周年とのこと。 フィンランドで製作された『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』が劇場公開中ですが、そういえば、ほかにも長編アニメがあったはず・・・ と思って、近所のレンタルショップでさがしてみたところ、ありました、それがこの作品、1992年製作の『ムーミン谷の彗星』。 日本製のアニメですが、ムーミンのエピソードとしては最初のものらしいです。 のちにパペットアニメ版もつくられ、先ごろ北欧映画祭でも上映されまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/27 21:15
『ミッシング・リンク 失われた環』:少年の成長物語と第二次大戦時の哀しい物語 @GyaO・無料配信
『ミッシング・リンク 失われた環』:少年の成長物語と第二次大戦時の哀しい物語 @GyaO・無料配信 1999年製作のオランダ映画『ミッシング・リンク 失われた環』、これもGyaOで無料配信されていたので鑑賞しました。 タイトルだけみると、冒険映画かSF映画みたいですが、少年の成長物語に第二次大戦時の哀しい出来事をとりまぜたドラマでした。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/24 19:59
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』:格調高いヴァンパイアもの @丸の内ルーブル閉館イベント
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』:格調高いヴァンパイアもの @丸の内ルーブル閉館イベント 8月3日に閉館する丸の内ルーブルの閉館イベントで『ボディガード』に続けて1994年製作の『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』を鑑賞しました。 トム・クルーズに、ブラッド・ピット、アントニオ・バンデラスと豪華キャスト。 さらに、35ミリでのフィルム上映。 見逃していましたので、この機会にということで。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/02 23:30
『ボディガード』:一世を風靡したサスペンス&ラヴロマンスですが @丸の内ルーブル閉館イベント
『ボディガード』:一世を風靡したサスペンス&ラヴロマンスですが @丸の内ルーブル閉館イベント 先に記事でも紹介したとおり、8月3日に閉館する丸の内ルーブルの閉館イベントで1992年製作の『ボディガード』を鑑賞しました。 ケヴィン・コスナーとホイットニー・ヒューストンが共演した大ヒット作ですが、当時は仕事(とその後のアフター飲み会)に忙しく、見逃していました。 DVDでも観れるのですが、35ミリフィルム上映の劇場で観れることもあって出かけてきました。 (料金が格安ということもあって、ね) さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/02 22:44
『白く渇いた季節』:アパルトヘイト撤廃前に作られた社会派サスペンス @DVD・中古購入
『白く渇いた季節』:アパルトヘイト撤廃前に作られた社会派サスペンス @DVD・中古購入 ロードショウでは『マンデラ 自由への長い道』が公開中ですが、「そういえば以前、南アフリカのアパルトヘイトを題材にした映画のDVDを購入していたなぁ」と思い出して鑑賞したのがこの映画。 1989年製作の『白く渇いた季節』。 まず、映画の紹介から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/10 23:19
『Queen Victoria 至上の恋』:是非ともDVD化してほしい一本 @VHS・レンタル
『Queen Victoria 至上の恋』:是非ともDVD化してほしい一本 @VHS・レンタル ジュディ・デンチが英国ヴィクトリア女王を演じた1997年製作の『Queen Victoria 至上の恋』、DVD未発売なので、VHSをレンタルして鑑賞しました。 監督はジョン・マッデン。翌年『恋におちたシェイクスピア』を撮ります。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/27 11:21
『国際諜報員ハリー・パーマー 三重取引』:ハリー・パーマー、復活しないほうがよかったのでは @DVD
『国際諜報員ハリー・パーマー 三重取引』:ハリー・パーマー、復活しないほうがよかったのでは @DVD 1960年代にマイケル・ケイン主演で3本作られたスパイもの「ハリー・パーマー」シリーズが1990年に入って復活。 オリジナルは観ていないんだけれど、中古DVDが安価で並んでいたので、購入してみました。 さてさて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/27 10:03
『白い花びら』:カウリスマキ監督の転換点のモノクロ・サイレント @DVD・レンタル
『白い花びら』:カウリスマキ監督の転換点のモノクロ・サイレント @DVD・レンタル トータル・カウリスマキというタイトルで『愛しのタチアナ』とDVDカップリングされていた1998年製作の『白い花びら』、DVDで鑑賞しました。 劇場公開時にも、閉館した旧ユーロスペースで鑑賞していますが、ほとんど忘れていたので、改めて鑑賞した次第。 20世紀最後のサイレント映画、という触れ込みだったかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/23 22:28
『愛しのタチアナ』:カウリスマキ作品中、一・二を競うストーリーのなさ @DVD・レンタル
『愛しのタチアナ』:カウリスマキ作品中、一・二を競うストーリーのなさ @DVD・レンタル ついにTSUTAYAの企画「映画通が選んだ本当に面白い映画」に並んだアキ・カウリスマキ監督の作品群。 見逃していた作品の落穂拾いということで、今回は1994年製作の『愛しのタチアナ』を鑑賞しました。 アキ・カウリスマキ監督作品には、どの作品も独特のリズム感と悲観と楽観が入り混じったペーソスがあるので、こりゃダメだと思うひとは永遠にダメ、こりゃ面白いと思うひとなら永遠に面白い、と思います。 さて、本作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/23 12:12
『テロリスト・ゲーム2 危険な標的』:ブロスナン、007以前の香港大暴れ? @DVD・中古購入
『テロリスト・ゲーム2 危険な標的』:ブロスナン、007以前の香港大暴れ? @DVD・中古購入 しばらく前に廉価で中古購入していた『テロリスト・ゲーム2 危険な標的』。 1作目は観てないんだけ、休日の午前中に観るにはいいかしらん、と観はじめました。 主演は5代目007のピアース・ブロスナン。 この映画の製作が1995年、ブロスナン版007の1作目『007 ゴールデン・アイ』も1995年。 こちらの映画でははなりの長髪なので、007転身直前の作品ということになります。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/23 10:13
『トリック・オブ・ザ・アイ』:心理的サスペンスが見どころのテレビムーヴィ @DVD・中古購入
『トリック・オブ・ザ・アイ』:心理的サスペンスが見どころのテレビムーヴィ @DVD・中古購入 日曜の夕方、ぽっかり時間が空いたので、過去買い置きのDVDでも鑑賞するかと。 観ることにしたのは、メグ・ティリー、エレン・バースティン主演の『トリック・オブ・ザ・アイ』。 1994年製作のテレビムーヴィ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/11 22:42
『Let'sチェックイン!』:オランウータン大暴れのドタバタコメディ @DVD・中古購入
『Let'sチェックイン!』:オランウータン大暴れのドタバタコメディ @DVD・中古購入 『だれもがクジラを愛してる。』『そんな彼なら捨てちゃえば?』のケン・クワピス監督の1995年劇場未公開作品『Let'sチェックイン!』、休日の昼間にDVDで鑑賞しました。 まぁ、ことしはホラーづいているので、逆に笑えそうな作品として、この作品を選んだのですが・・・ うーむ、ちょっとドタバタが過ぎるようで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/19 00:43
『スネーク 猛毒の大群』:定石どおりの展開のテレビムーヴィ @DVD・中古購入
『スネーク 猛毒の大群』:定石どおりの展開のテレビムーヴィ @DVD・中古購入 2014年巳年もあと少しでおしまい。 ではでは、ということで、蛇が登場する映画はないかぁ、と見まわしたところ・・・ あったぁ、その名もずばり『スネーク』。 猛毒の大群とサブタイトルがついているので動物パニック映画。 脚本がジョン・カーペンター、ホントか?的な1999年製作の怪しい作品。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/31 00:43
『ロニーとジュリー』:こんな映画、誰も知らないだろうなぁ @DVD・中古購入
『ロニーとジュリー』:こんな映画、誰も知らないだろうなぁ @DVD・中古購入 見慣れないタイトルが廉価販売の棚に並んでいたので、もの珍しさから購入。 しばらく自宅のDVD群に埋もれていましたが、この度、鑑賞。 タイトルは、『ロニーとジュリー』。 ジャケットの謳い文句は「シェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』を現代に置き換えた、氷上のラブロマンス。 1997年製作のテリー・ガー、ジョシュア・ジャクソン主演、フィリップ・スピンク監督作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/05 10:27
『シリアル・ママ』:あぁ、笑うに笑えない世の中になっちゃった @DVD・レンタル
『シリアル・ママ』:あぁ、笑うに笑えない世の中になっちゃった @DVD・レンタル TSUTAYA「発掘良品」の棚に並ぶジョン・ウォーターズ監督の『シリアル・ママ』。 「発掘」はまだしも、カルト映画の帝王ジョン・ウォーターズ監督作品で「良品」とはこれいかに。 「通が選らんだ」というよりは、絶対「好事家が選んだ」に決まっている。 と感じてしまう。 とはいえ、この作品がジョン・ウォーターズ監督最大のヒット作なんだろうなぁ・・・ さて、映画。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/09/01 10:05
『楽園の瑕 終極版』:凝りに凝った映像に、いい意味でも悪い意味でも酔う @DVD・レンタル
『楽園の瑕 終極版』:凝りに凝った映像に、いい意味でも悪い意味でも酔う @DVD・レンタル 見逃していたウォン・カーウァイ監督の『楽園の瑕』。 終極版としてDVDが登場したので、この機会にと思って鑑賞しました。 原題の『東邪西毒』とはふたりの呼び名。 東邪がレオン・カーフェイ、西毒がレスリー・チャンであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/25 00:02
『ランニング・フリー アフリカの風になる』:馬の視点で語られる馬の映画 @DVD・アウトレット
『ランニング・フリー アフリカの風になる』:馬の視点で語られる馬の映画 @DVD・アウトレット 第一次世界大戦前後のアフリカを舞台に、『コーカサスの虜』『モンゴル』のセルゲイ・ボドロフが監督した『ランニング・フリー』。 馬の視点で語られる馬の映画で、とにかく映像がダイナミックで美しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/24 23:30
『エコーズ』:オーソドックスなゴーストストーリーもの @DVD・中古購入
『エコーズ』:オーソドックスなゴーストストーリーもの @DVD・中古購入 リチャード・マシスンのホラー小説をケヴィン・ベーコン主演で映画化した『エコーズ』。 『スパイダー・マン』等の脚本家デイヴィッド・コープが監督した1999年作品ですが、日本での劇場公開は6年後の2005年でした。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/24 22:43
『グリズリー・フォールズ 親子熊物語』:スチュワート・ラフィル監督って知ってる? @DVD・廉価版
『グリズリー・フォールズ 親子熊物語』:スチュワート・ラフィル監督って知ってる? @DVD・廉価版 廉価版DVDで発売されていた『グリズリー・フォールズ』、中古で見つけたので何となく購入。 動機は・・・ 監督がスチュワート・ラフィル。 おぉ、懐かしい。 1970年代〜80年代にかけて、『アドベンチャー・ファミリー』『ロッキーを超えて』『サバイバル・ファミリー』などのネイチャーアドベンチャー映画が得意な監督でした。 その後、『フィラデルフィア・エクスペリメント』や『スペース・パイレーツ』などのB級SF映画を手掛けていましたが、それからほとんど名前を聞かなかった、です。 さて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/15 00:45
『レオン 完全版』:反則スレスレの純愛ハードボイルド @DVD
『レオン 完全版』:反則スレスレの純愛ハードボイルド @DVD リュック・ベッソン監督の『レオン』、かなり前に購入していたDVDで鑑賞しました。 公開当時から話題になり、いまではもう古典といっても映画なんですが、ちょっと危うい感じがしていたので、いままで観ていませんでした。 で、いま観てどうかというと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/27 00:14
『失踪』: 犯人の狂気と被害者の妄執がシンクロしていく @DVD
『失踪』: 犯人の狂気と被害者の妄執がシンクロしていく @DVD かなり前に中古で購入して積読状態だったDVDを鑑賞です。 この『失踪』、テレビシリーズ『24』でブレークしたキーファー・サザーランド人気にあやかってロープライスで発売され、その当時、中古DVDの棚にたくさん並んでいたと記憶しています。 そんなことはさておき、映画のこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/20 09:08
『真実の行方』: いまとなっては底割れ感が強いです @レンタルDVD
『真実の行方』: いまとなっては底割れ感が強いです @レンタルDVD 1996年製作リチャード・ギア主演の法廷ミステリー。 TSUTAYA発掘良品のキャンペーンの初期にプッシュされていました。 劇場界公開時に観た妻からも、面白いから是非、と薦められましたが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/01 12:42
『日の名残り』:ハードボイルド(頑な)な英国執事の秘めた純愛 @レンタルDVD
『日の名残り』:ハードボイルド(頑な)な英国執事の秘めた純愛 @レンタルDVD 『眺めのいい部屋』のジェームズ・アイヴォリー監督がカズオ・イシグロの原作を映画化した『日の名残り』、DVDで鑑賞しました。 第一次世界大戦終了後から第二次世界大戦後までの英国を舞台にした映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/11 23:27
『ミュリエルの結婚』:観終わると少しやる気が出てくるムービー @中古VHS
『ミュリエルの結婚』:観終わると少しやる気が出てくるムービー @中古VHS もう15年も前の作品なのね。 トニ・コレットとレイチェル・グリフィスというオーストラリアを代表する女優ふたりがタッグを組んだ女性ムービー。 太ったトニ・コレット扮するミュリエルがABBAの扮装で歌う写真を目にしていたので、さぞや爆笑コメディがかと思っていました。 しかし・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/10 11:05
『100万回のウィンク』:ヘンなひとたちが多数登場するヘンなラブコメ @中古VHS
『100万回のウィンク』:ヘンなひとたちが多数登場するヘンなラブコメ @中古VHS 『2番目のキス』『50回目のファースト・キス』『25年目のキス』と、やたらとキスの多いドリュー・バリモア。 ウィンクは、これが始めて? とはいえ、100万回は多すぎ。 パチパチぱちぱち、両目でやっちゃうと、石原慎太郎都知事になっちゃうねぇ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/26 23:00
『ダブルトラップ 白い肌の迷宮』: ちょっと見所ありのサスペンス @中古DVD
『ダブルトラップ 白い肌の迷宮』: ちょっと見所ありのサスペンス @中古DVD 『愛は静けさの中に』でアカデミー主演女優賞を受賞したマーリー・マトリンがベテラン監督シドニー・J・フューリーと組んだ1998年製作のサスペンス映画。 画面サイズから判断すると、カナダ製のテレビムービーのようです。 さて物語・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/18 22:17
『カミーラ/あなたといた夏』:交通整理ができていなくて残念 @中古DVD
『カミーラ/あなたといた夏』:交通整理ができていなくて残念 @中古DVD 『ドライビング Miss デイジー』『フライド・グリーン・トマト』で有名な女優ジェシカ・タンディの最晩年の作品です。 彼女がタイトルロールのカミーラを演じています。 映画は・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/01 10:18
『フェイクディール/偽札』:アメリカの薄ら寂しい習俗もの @中古DVD
ビル・パクストン、マーク・ウォールバーグが主演し、『許されざる者』などクリント・イーストウッド作品の撮影監督を務めたジャック・N・グリーンの監督作品。 物語は・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/23 12:05
『妹の恋人』:ジョニー・デップの隠れた代表作 @DVD
1993年にジョニー・デップがエイダン・クイン、メアリー・スチュアート・マスターソンと共演したラブストーリー。 ロードショウ公開時は地味で商売にならないと思われたのか、2本立て公開でした。 さて久し振りに再鑑賞してみると・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/21 22:06
『私の秘密の花』:現在のアルモドバルに通じる第一歩 @レンタルDVD
新作『抱擁のかけら』などで驚くほど洗練されたドラマを語るペドロ・アルモドバル監督。 エキセントリックな前期の作品群から作風を転換させたエポック的な作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/31 10:59
『恋のためらい フランキーとジョニー』:繊細さ加減がいまひとつ @レンタルDVD
下町の古くて小さなダイナーの30歳半ばのウェイトレスと、刑務所を出所したばかりの冴えない40歳半ばの男性。 ふたりの名前はフランキーとジョニー。 そんな冴えない中年男女の、恋の始まりは、ためらいばかり・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/29 09:26
『モッド・スクワッド』:出だし快調、徐々に尻すぼみなB級アクション @中古DVD
しばしば通っている中古BOOK店が道路拡張工事の影響で閉店することになり、閉店セールをやっていました。 500円以下のソフトは半額、105円の本は50円と格安でしたので、幾許(いくばく)か単行本やDVDを購入しました。 これもそのうちのひとつ。 『ロミオ+ジュリエット』で注目されたクレア・デインズを中心に据え、オマー・エップス、ジョヴァンニ・リビシの三人の不良少年少女の非正規警察隊の活躍を描くB級アクション映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/07 10:25
『蒼ざめた馬』:クリスティ原作のテレビドラマ(その2) @レンタルDVD
ロンドンの裏町でひとりの牧師が殺害された。 彼の手には数名の名前が書かれたメモが残されていた。 第一発見者の青年は、牧師殺害の容疑を晴らそうと、真相に迫るうち、メモに残された名前は、つい最近死んだひとたちだと知る。 かれらの死の陰には、「蒼ざめた馬」亭に住まう三人の老婆がからんでおり、彼女たち三人は自らを「魔女」と名乗り、ひとびとを呪い殺すことができるという・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/05 09:06
『狼たちの絆』:縦横四海、こんな素軽いジョン・ウー作品は初めてです @香港版DVD
香港版DVDで鑑賞です(購入経緯は、『友は風の彼方に』:龍虎風雲 @香港版DVD を読んでくださいね)。 ジョン・ウー監督、チョウ・ユンファ、レスリー・チャン主演なので、『男たちの挽歌』路線かと思いきや、女優チェリー・チャンを加えての絵画泥棒のおハナシ。 (ジャケット写真はデジタルリマスターの日本版DVDのものです) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 17:17
『死の棘』:薄皮一枚下の狂気 @フィルムセンター
1990年製作の『死の棘』。 「映画の中の文学」と冠されたフィルムセンターの特集上映にて鑑賞しました。 フィルムセンターへ行くのは久し振りです。 お、補修工事を実施中のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/09 08:53
『スティーヴン・キング シャイニング』:怖さは断然キューブリック版だが・・・ @中古DVD
スティーヴン・キングが製作総指揮を務めたテレビミニシリーズ版です。 2時間(正味90分)×3回です。 概ね、キングのミニシリーズはこれぐらいの尺のものが多いようです。 さて、出来はというと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 10:25
『スティーヴン・キングの悪魔の嵐』:「ミスト」へ続く路 @中古DVD
映画に分類していますが、本来は2時間×3回のTVミニシリーズです。 (1回の正味時間は90分なので、尺としては約270分、4時間半です) スティーヴン・キングのファンとしては見逃せない一編で、その理由は@キングのオリジナル脚本(なので原作小説がない)、A傑作『ミスト』へと続く悲観的な結末、といえましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/23 23:14
『その木戸を通って』:山本周五郎+市川崑流の幽霊譚 @レンタルDVD
藤沢周平原作の映画化『花のあと』を観た翌日、山本周五郎原作の『その木戸を通って』をDVDで鑑賞しました。 時代劇といっても、持ち味が違うのです。 市川崑監督が1993年にハイビジョンカメラを使って撮影したこの作品、17年の歳月を経て観ると、技術の進歩というのは恐ろしいもので、当時鮮明といわれていたハイビジョン映像も、NHKの大河ドラマに負けているのようです。 とはいっても、映画は(といってもこの作品はテレビドラマなんだれど)技術の進歩を競うものではないので、この作品も面白く観ること... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/02 23:22
『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』:真面目な映画ですが、長すぎるなぁ @レンタルDVD
アル・パチーノがアカデミー主演男優賞を受賞したこの作品。 見逃していたので、TSUTAYAの100円レンタルで鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 09:24
『オール・アバウト・マイ・マザー』:母性=受け容れること、を再認識@レンタルDVD
1998年製作なので、ほぼ10年を経過したペドロ・アルモドバル監督の代表作『オール・アバウト・マイ・マザー』をレンタルDVDで鑑賞しました。 2009年TSUTAYA名作100選の一本を、レンタル最終日にわが妻が借りてきた、という次第。 初公開時にも観ていますが、その時の印象は「終に登場するヒロイン・マヌエラの元夫エステバンがジェンダーを超えた様子が圧倒的」だったということ。 いやぁ、あまりに印象が強烈かつ鮮烈で、それまでのストーリーを殆んど失念していました。 さて、今回観直して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/09 00:21
『彼女は最高』:ラブコメを装ったアイリッシュ家族物語@DVD
もうすっかり中年俳優の域に達した感のあるエドワーズ・バーンズの監督第2作目を買い置き中古DVDで鑑賞しました。 デビュー作が『マクマレン兄弟』の未見。 この『彼女は最高』は、基本ストーリーはラブコメなんだけれども、エドワード・バーンズを長兄とする兄弟二人と父親(母親は居るには居るが一切姿を現さない)のフィッツパトリック一家の物語。 ファミリーネームで気づくのだが、マクマレンもフィッツパトリックもアイルランドの家名ですね。 そう、この映画、タイトルとは裏腹に、ジョン・フォード映画の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/25 00:08
『チェーン・リアクション』:早すぎた? エコ・アクション、とはいえ・・・@BS放送
出張先のホテルのBS放送で観てから10日以上も経てしまったが、鑑賞メモなので、載っけることにしました。 字幕放送CMありの2時間枠だったので、オリジナルの107分からは15分ばかりはカットされていることと思います。 キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ主演、『ハイソン・フォード 逃亡者』のアンドリュー・デイヴィス監督作品。 水からクリーンエネルギーの水素を取り出すことに成功した化学科学生のキアヌ・リーヴス、属するプロジェクトのメンバーが実験現場で殺害されているのを同僚のレイチェル・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/16 00:01
『ライフポッド』:ヒッチコックの『救命艇』を宇宙を舞台に置き換えリメイク@DVD
ヒッチコックの『救命艇』を宇宙を舞台に置き換えリメイクしたテレビムービーです。 監督はロン・シルヴァー。 先頃、食道癌のために他界しましたが、脇役での活躍が目立つ役者でした。 本作品は廉価版DVDを購入しておいたもので鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/04 00:14
『ギルバート・グレイプ』:風変わりのようにみえても風変わりでないホームドラマ@DVD
2009年TSUTAYA100選100円キャンペーンの1本。近くの店舗には1枚しか在庫がなくて、いつも貸し出し中。 今回タイミングよく、借りることが出来ました。 若き日のジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオを出世作。 監督はラッセ・ハルストレムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/08/22 00:09
『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)』:新世代の『或る夜の出来事』@DVD
2009年夏のTSUTAYAキャンペーン名作100選100円キャンペーンで鑑賞しました。 古くからある男女の出会いの物語。それも一夜限りの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/25 00:30
『処刑ハンター』:1993年の観たログメモ(4):ディーン・R・クーンツ原作
yahoo!ムービー観たログに登録できなかった映画のメモを引き続き掲載します。 スティーヴン・キングが続いたので、キングといえば、やっぱりこの人、ディーン・R・クーンツ原作の映像化作品です。 オリジナルは『マンハッタン魔の北壁』。 元登山家がマンハッタンの超高層ビルの殺人事件に巻き込まれて、魔の手から逃れるために外壁にぶらさがり・・・という変格サスペンスもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/20 23:44
『スティーブン・キング/死の収穫』:1993年の観たログメモ(3):キングがらみで・・・
yahoo!ムービー観たログに登録できなかった映画のメモを引き続き掲載します。 今回は未公開作品なのでビデオ鑑賞したものです。 『チルドレン・オブ・ザ・コーン』シリーズの第2作目です。 この原作は、映画化権があまりに多くの人手を介しているので、原作から一人歩きしてシリーズ化しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/17 23:32
『新・三銃士 華麗なる勇者の冒険』:1993年の観たログメモ(2):スプラッシュ公開劇場で観ました
yahoo!ムービー観たログに登録できなかった映画のメモを引き続き掲載します。 今回も劇場で観た映画です。リチャード・レスター監督の『三銃士』三部作の最終章です。 allcinemaでも劇場未公開、ビデオ発売となっていますが、劇場で観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/12 01:00
『美しき諍い女 ディヴェルメント』:1993年の観たログメモ(1):ビックリの2本立て
yahoo!ムービー観たログに登録できなかった映画のメモを引き続き掲載します。 今回は劇場で観た映画です。それも2本立ての1本。 その2本立てとは、『美しき諍い女』と『美しき諍い女 ディヴェルメント』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/10 23:21
1992年の観たログメモ(6):『トビー・フーパー ドレス』@VIDEO
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 最後の6本目は『トビー・フーパー ドレス』。 残念ながら殆んど覚えていないので、例によってallcinemaを参考に・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 23:07
1992年の観たログメモ(5):『SFXハードボイルド ラブクラフト』@VIDEO:驚き満載
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 5本目は『SFXハードボイルド ラブクラフト』。 おっと、これは朧げに覚えていますよ。フレッド・ウォード主演のハードボイルド探偵物にH・P・ラヴクラフトのホラー物を組み合わせた異色作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 00:52
1992年の観たログメモ(4):『タフガイは踊らない』@VIDEO
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 4本目は『タフガイは踊らない』。 原作者のノーマン・メイラーが監督・脚本を務めた1987年製作のクライムムービーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 00:27
1992年の観たログメモ(2):『ウィスパーズ』@VIDEO
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 2本目は『ウィスパーズ』、当時日本でも次々と翻訳作品が文庫で出版されたモダンホラー(もう死語かしらん)の巨匠ディーン・R・クーンツ原作の映画化。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 23:57
1992年の観たログメモ(1):『フランケンシュタイン 禁断の時空』@VIDEO
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 1本目は『フランケンシュタイン 禁断の時空』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 23:25
『シェフとギャルソン、リストランテの夜』:イタリアン気質でちょいとシビアな人情喜劇@DVD
いまはもうすっかり髪が薄くなってしまったスタンリー・トゥッチ(『Shall we ダンス?』で竹中直人役をやったひと)と、ジョージ・C・スコットの息子のキャンベル・スコット(『スパニッシュ・プリズナー』などちょっと捻った映画に出演していますね)が共同監督をした50年代のアメリカを舞台にしたイタリア兄弟の人情喜劇です。 恵比寿ガーデンプレイスで公開した作品ですが、見逃していまたところDVDで店頭に並んでいたので、よろこんで鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/02 23:50
『彼女のアリバイ』『バクステール』:これもまたyahooムービーにない映画
1990-1991の鑑賞メモに基づきyahooムービー「みたログ」登録作業中に、登録できなかったで、メモ代わりにココに記しておきます。 (『パラドールにかかる月』『計画性のない犯罪』に引き続きです) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/30 01:35
『パラドールにかかる月』『計画性のない犯罪』:yahooムービーにない作品
最近、部屋を整理していたらかつての1990-1991の鑑賞メモが見つかったので、yahooムービーの「みたログ」にとりあえず登録しておこうとしたところ、2本の作品そのものがyahooムービーに登録されていなかったので、メモ代わりにココに記しておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/25 22:56
ジャン・クロード・ヴァン・ダム『ノック・オフ』:オンライン配信で鑑賞
東京国際映画祭で『思い出の西幹道』を鑑賞した後、自宅でジャン・クロード・ヴァン・ダム主演の『ノック・オフ』をオンライン配信で鑑賞しました。月一度のGyaOひかり座のオンライン試写会なのですが、今回は旧作・DVD既発売作品なので少々ガッカリでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/28 16:16
『プリンセス ダイアナ 〜最後の1年〜 』:無難なTVムービー:オンライン試写にて
オンライン試写での謳い文句は「1997年8月31日。全世界に衝撃が走った訃報“ダイアナ妃、事故死”。ダイアナ妃の最後の1年を完全再現した真実を描くドキュメンタリー」とあったので、ドキュメンタリー作品として期待したが、ソックリさん俳優の無難なTVムービーでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/29 22:58
『あなたが寝てる間に…』:家族の良さを感じるハートウォーミング・ラブコメディ:DVDで鑑賞しました。
1995年製作のサンドラ・ブロック主演、ビル・プルマン、ピーター・ギャラガー共演の『あなたが寝てる間に…』を休日の余暇にDVDで(例によって日本語吹替で)鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/05 21:55
『ヘアスプレー』追記>予習にジョニー・デップの『クライ・ベイビー』を観るのもいいかも
Myムービーで書き忘れました。 ジョン・ウォーターズ監督のオリジナル『ヘアスプレー』は未見です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/03 22:50
『ウェディング・シンガー』:オンライン放映で再鑑賞しました。
GyaOのオンライン放送で再鑑賞しました(この記事を書いている時点では放映終了していますが)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/08/01 23:53

トップへ | みんなの「90年代」ブログ

キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど 90年代のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる