アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「その他」のブログ記事

みんなの「その他」ブログ

タイトル 日 時
2017年 あけましておめでとうございます
2017年 あけましておめでとうございます ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/01 11:25
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。 2015年も、引き続きご愛顧のほど、お願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/01 11:30
2013年、あけましておめでとうございます。
2013年、あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/01 12:09
バンクーバー冬季オリンピック>がんばった!スケルトンの越和宏選手
バンクーバー冬季オリンピック>がんばった!スケルトンの越和宏選手 映画とは関係のない記事は殆んど書かないのですが、同年代のスケルトン競技の先駆者・越和宏選手がこの大会で引退、ということなので書いてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/21 21:49
『私たちの上町台地』:学校教材用DVD>大阪の新たな一面に触れられるかも
『私たちの上町台地』:学校教材用DVD>大阪の新たな一面に触れられるかも 大阪の中心部、上町台地を紹介した上町台地に居を構える学校向けの教材DVDです。 概ね20分ほどの作品ですが、上手くまとまっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 00:03
『めぐみ』:北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ@DVD、&ドキュメンタリー映画もあわせて
『めぐみ』:北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ@DVD、&ドキュメンタリー映画もあわせて 裁判員制度の広報ムービー『審理』とともに区の図書館から貸し出しを受けて鑑賞しました。 今回のアニメでは、拉致によって突然普通の生活を奪われる、ということに力点が置かれています。 ですから25分の上映時間のうち、概ね前半は横田一家の幸せな家族の描写を積み重ねていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/25 23:11
『審理』:裁判員制度広報ムービー:もう少し別の観点も必要では?
『審理』:裁判員制度広報ムービー:もう少し別の観点も必要では? 最高裁判所企画・製作の裁判員制度広報ムービーの第3弾です。 今回は区の図書館から貸し出しで鑑賞しました。 過去の広報ムービーについてもレビューしていますので、末尾を参照ください。 さて・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/12 22:46
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。 2009年も映画レビューを中心に記していきますので、変わらずご贔屓のほど、おねがいいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/01 19:04
『裁判員制度〜もしもあなたが選ばれたら〜』:他人事などひとつもない
区立図書館で中村雅俊監督・主演『裁判員制度〜もしもあなたが選ばれたら〜』のDVDを借りて観ました。 内容は他の広報ムービィと同音異曲ですが、本作品は中村雅俊が監督を務め、裁判官役を熱演しています。 裁判員役にも西村雅彦、加藤夏希、橘雪子などを配しており、出演陣の充実度も高いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/03 22:34
自身の立場から映画を観ると>乳がん映画について>友人からのコメント
「『私の胸の思い出』のことなど>友人から」について 日本・香港の乳がんに係わる映画について、友人から「自身の立場から映画を観る」として、少々継続してのやりとりなどを致しました。 友人のコメントを少々構成など変えて掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/07 23:35
『私の胸の思い出』のことなど>友人から
『私の胸の思い出』のことなど>友人から 「『私の胸の思い出』:重いテーマを軽い演出で魅せる香港映画の味:Myムービーに掲載 」について 友人からメッセージをいただきましたので、了承の上、掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/05 23:31
『裁判員〜選ばれ,そして見えてきたもの〜』:裁判員制度広報ムービー第2弾
最高裁判所企画・製作の裁判員制度広報ムービーの第1弾『評議』については、「ドラマとしても見応え充分」としてご紹介しましたが(http://ryanhisa-blog.at.webry.info/200708/article_21.html 参照ください)、第2弾をインターネット配信で観賞しました。 本作品は、脚本を過去に『刑事物語3 潮騒の詩』『刑事物語4 くろしおの詩』を担当したちゃき克彰が、監督を東映で現代ヤクザ物『ちょうちん』『疵』『螢』『ふうせん』などを撮り、最近では本作品の主役を務め... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 20:56
『評議』:裁判員制度広報ムービー:ドラマとしても見応え充分
最高裁判所が企画・製作した裁判員制度広報ムービーですが、『十二人の怒れる男』ばりにドラマとしての構成もガッチリしていて見応え充分です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2007/08/23 23:32

トップへ | みんなの「その他」ブログ

キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど その他のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる