アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「コメディ」のブログ記事

みんなの「コメディ」ブログ

タイトル 日 時
『最高の花婿』:多民族国家フランスを絵にかいたようなコメディ @DVD・レンタル
『最高の花婿』:多民族国家フランスを絵にかいたようなコメディ @DVD・レンタル 昨年3月にロードショウされたフランス映画『最高の花婿』、DVDで鑑賞しました。 原題は「QU'EST-CE QU'ON A FAIT AU BON DIEU?」、神があなたを作ったのはどうして? というような意味。 2015年のフランス映画祭で上映された際のタイトルは『ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲』。 映画祭時のタイトルが、ベタだけれどいちばん内容を伝えているかも。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/18 10:11
『恋妻家宮本』:コミュニケーション不足の夫婦のドタバタ劇 @試写会
『恋妻家宮本』:コミュニケーション不足の夫婦のドタバタ劇 @試写会 阿部寛、天海祐希主演の『恋妻家宮本』、レビューアップします。 鑑賞したのは一足も二足も早い昨年夏ごろ。 なので、細部は少々うろ覚えですが・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/01/28 10:41
『ハロルドが笑う その日まで』:それでも、人生を続けよう @DVD・レンタル
『ハロルドが笑う その日まで』:それでも、人生を続けよう @DVD・レンタル 2017年最初の鑑賞作品は『ハロルドが笑う その日まで』。 昨年6月にロードショウされたノルウェー映画。 ことしもヨーロッパ映画志向となりそうです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/01 17:25
『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』:題材はいいが、仕立てがいまひとつ @DVDレンタル
『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』:題材はいいが、仕立てがいまひとつ @DVDレンタル オランダ発の奇妙な味わいのコメディ『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』、DVDで鑑賞しました。 『キャラクター/孤独な人の肖像』のマイク・ファン・ディム監督の第2作目で、前作が1996年だから、20年近くも経っての新作です。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/31 00:27
『ゴーストバスターズ』(2016):リニューアルは一応成功 @DVD・レンタル
『ゴーストバスターズ』(2016):リニューアルは一応成功 @DVD・レンタル 『死霊館』につづいてDVD鑑賞したのは、今年リニューアルされた『ゴーストバスターズ』。 はははははは。 ホラーかコメディかの違いはあるが、まぁ、ほとんど同じようなものだろう。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/27 21:12
『疾風ロンド』:コメディサスペンスを上手く作るのは難しい @ロードショウ・一般劇場
『疾風ロンド』:コメディサスペンスを上手く作るのは難しい @ロードショウ・一般劇場 東野圭吾原作の同名小説の映画化『疾風ロンド』、ロードショウで鑑賞しました。 主演は阿部寛。 東野圭吾原作、阿部寛主演といえば『新参者』をはじめとする「加賀恭一郎シリーズ」だろうが、あちらの作品のテイストは、まぁ、ない。 なにせ惹句は「衝撃」ならぬ「笑撃サスペンス」だからね。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/08 23:20
『PK ピーケイ』:PK、フォーン・ホーム @ロードショウ・シネコン
『PK ピーケイ』:PK、フォーン・ホーム @ロードショウ・シネコン 神様がらみの映画その2は、インド映画の『PK ピーケイ』。 監督のラージクマール・ヒラニと主演のアーミル・カーンは『きっと、うまくいく』のコンビ。 あの映画も面白かった。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/19 00:31
『神様メール』:横暴で傍若無人な神様が世界を統べている? @DVD・レンタル
『神様メール』:横暴で傍若無人な神様が世界を統べている? @DVD・レンタル 神様がらみの映画二題。 1本目は、ベルギー・フランス・ルクセンブルク合作の『神様メール』。 DVDで鑑賞しました。 監督は『トト・ザ・ヒーロー』『八日目』のジャコ・ヴァン・ドルマル。 原題「LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT」は「最新約聖書」という意味。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/16 14:20
『あやしい彼女』:多部未華子のコメディエンヌぶりを愉しむ @DVD・レンタル
『あやしい彼女』:多部未華子のコメディエンヌぶりを愉しむ @DVD・レンタル 若返る女性の映画二題、DVDで鑑賞しました。 1本目は今年ロードショウされた『あやしい彼女』。 多部未華子主演の韓国映画のリメイクです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/15 21:20
『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』:米国の半世紀が凝縮されたコメディ @DVD・レンタル
『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』:米国の半世紀が凝縮されたコメディ @DVD・レンタル モーガン・フリーマン、ダイアン・キートン主演の『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』、DVDで鑑賞しました。 前置きは省略して、さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/14 23:01
『ぼくのおじさん』:真理を追究するひとが嘘をついてはいけない @ロードショウ・一般劇場
『ぼくのおじさん』:真理を追究するひとが嘘をついてはいけない @ロードショウ・一般劇場 『オーバー・フェンス』につづく山下敦弘監督の新作『ぼくのおじさん』、ロードショウで鑑賞しました。 「ぼくの伯父さん」といえばジャック・タチだが、こちらは「叔父さん」。 お父さんの弟さん。 日本映画で「おじさん」といえば、山田洋次監督『男はつらいよ』シリーズの寅さん。 妹・さくらの息子・満男からみれば、叔父さんだ。 たぶん、この映画、寅さんの線を狙っている(はず)。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/14 17:39
『超高速!参勤交代 リターンズ』:面白さは前作の七掛けぐらい @ロードショウ・シネコン
『超高速!参勤交代 リターンズ』:面白さは前作の七掛けぐらい @ロードショウ・シネコン 2014年のスマッシュヒット『超高速!参勤交代』の続編『超高速!参勤交代 リターンズ』、ロードショウで鑑賞しました。 本木克英監督、土橋章宏脚本、それに主役陣も前作と同じ顔ぶれで、前作が面白かったので、続編も期待して出かけました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2016/09/18 00:29
『アスファルト』:傑出した作品ではないけれど、好感が持てる小品 @ロードショウ・シネコン
『アスファルト』:傑出した作品ではないけれど、好感が持てる小品 @ロードショウ・シネコン ことしのフランス映画祭で上映された『アスファルト』、ロードショウで鑑賞しました。 映画祭での新作上映は12本。 そのうち7本がすでに公開され、残り作品のうち4本まで公開が決まっている。 外国映画の上映環境が厳しくなっている中で、ここのところは根強いフランス映画ファンがいるのだろう。 りゃんひさも『ミモザに消えた母』『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』の2本は鑑賞済みです。 さて、映画。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/09/11 22:28
『あなただけ今晩は』:「それはまた別のハナシ」 @DVD
『あなただけ今晩は』:「それはまた別のハナシ」 @DVD 1963年製作のビリー・ワイルダー監督作品『あなただけ今晩は』、買い置きDVDで鑑賞しました。 以前観たのは20年ほど前かしらん。 そのときは、オープニングで驚いた。 というのも、テーマ曲が少年時代にラジオでよく聴いていた『淀川長治のラジオ名画劇場』のテーマ曲だったからだ。 陽気でにぎやかで洒落ている音楽。 おぉ、淀川さん、この映画だったんですね! と思ったものでした。 との思い出はさておき、映画のこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 15:53
『パディントン』:ありゃ、『スチュアート・リトル』を思い出しちゃった @DVD・レンタル
『パディントン』:ありゃ、『スチュアート・リトル』を思い出しちゃった @DVD・レンタル ことし1月にロードショウされた『パディントン』、DVDで鑑賞しました。 名前は知っていたけれど、どんなキャラクターか知らなかったけれど、DVDに同時収録されていたドキュメンタリー映画『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』で、イギリスにやってきた孤児がパディントンのモデルだと知り、びっくりしました。 ふーん、結構、根っこは社会的なんだな。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/24 00:10
『帰ってきたヒトラー』:民衆を扇動したのではない、民衆が私を選んだのだ @ロードショウ・単館系
『帰ってきたヒトラー』:民衆を扇動したのではない、民衆が私を選んだのだ @ロードショウ・単館系 近頃評判のドイツ映画『帰ってきたヒトラー』、ロードショウで鑑賞しました。 現代にタイムスリップしたヒトラーが、モノマネ芸人と間違われ、その言動などが民衆に受け容れられていく・・・という内容。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/04 22:42
『団地』:夫婦の哀しさが可笑しさに繋がっていかない @ロードショウ・一般劇場
『団地』:夫婦の哀しさが可笑しさに繋がっていかない @ロードショウ・一般劇場 阪本順治監督、藤山直美主演の『団地』、ロードショウで鑑賞しました。 この組み合わせは2000年に映画賞を席巻した組み合わせなので、期待は大。 今回は芸達者の岸部一徳も加わり、藤山直美と夫婦役だというのだから、面白くならないわけがない・・・はず。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/08 00:53
『1001グラム ハカリしれない愛のこと』:測るなら人間中心に測りたいね @DVD・レンタル
『1001グラム ハカリしれない愛のこと』:測るなら人間中心に測りたいね @DVD・レンタル ノルウェーのベント・ハーメル監督の最新作『1001グラム ハカリしれない愛のこと』、DVDで鑑賞しました。 ハーメル監督作品では過去に『ホルテンさんのはじめての冒険』『クリスマスのその夜に』を鑑賞しており、いずれも散文的な感じで、ちょっとまとまりに欠けるかなぁというのが印象。 とはいえ、淡々と(というか飄々というか)した味わいは、嫌いではありません。 まぁ、そうでなきゃ、3本目は観ないわねぇ。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/05 00:21
『ゾンビスクール!』『ゾンビーバー』:可愛いものもゾンビになっちゃう! @名画座
『ゾンビスクール!』『ゾンビーバー』:可愛いものもゾンビになっちゃう! @名画座 新橋文化劇場も閉館し、下らない映画の2本立てなんて、映画館では観れないのかと思っていたら、ご近所の名画座でオイオイの2本立て。 『ゾンビスクール!』『ゾンビーバー』。 誰だ、こんな2本立て考えたの!?って感じ。 だけど、4月にも『イット・フォローズ』と『グリーン・インフェルノ』の2本立てをやっているんだから侮れない(とはいえ、ちょっと仕事が忙しく観れなかったんですけど)。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/13 21:59
『靴職人と魔法のミシン』:がさつだけれど俳優陣に助けられたね @DVD・レンタル
『靴職人と魔法のミシン』:がさつだけれど俳優陣に助けられたね @DVD・レンタル 今年の米国アカデミー賞作品賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』のトム・マッカーシー監督の前作『靴職人と魔法のミシン』、DVDで鑑賞しました。 前作『扉をたたく人』は、文化の異なるひとびとを題材にしたヒューマンドラマで、かなり感銘を受けました。 本作はタイトルもそうだけれど、アダム・サンドラーが主演していることからもコメディなので、ちょっとロードショウで観るのには及び腰になっていた次第。 さて、映画。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/11 21:46
『バッド・マイロ!』:「イドの怪物」ならぬ「おいどの怪物」 @DVD・レンタル
『バッド・マイロ!』:「イドの怪物」ならぬ「おいどの怪物」 @DVD・レンタル 2014年の年末に単館系でロードショウされたモンスターコメディ『バッド・マイロ!』、DVDで鑑賞しました。 ポスターの謳い文句に「あの『テッド』の次はコイツだ!」とあることから、下品な要素を含んだコメディだと想像できますが・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/04/07 23:41
『しあわせはどこにある』:ポケタ、ポケタ、ポケタと『虹を掴む男』 @DVD・レンタル
『しあわせはどこにある』:ポケタ、ポケタ、ポケタと『虹を掴む男』 @DVD・レンタル 2015年公開作品のDVDでの落穂拾いを再開3本目はサイモン・ペッグ主演の『しあわせはどこにある』。 『スター・トレック』のリブートシリーズや『ミッション:インポッシブル』シリーズにも出演している彼だけれど、本来は小品が似合うタイプ。 とはいえ、冴えない中年男が複数人でガヤガヤやるコメディの類は苦手なので、今回のような「男おひとりさま」なのは好感が持てます。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/26 11:33
『イタリアは呼んでいる』:虚構と現実の境界は曖昧、って小難しいことは置いておいて @DVD・レンタル
『イタリアは呼んでいる』:虚構と現実の境界は曖昧、って小難しいことは置いておいて @DVD・レンタル 2015年公開作品のDVDでの落穂拾いを再開2本目は『イタリアは呼んでいる』。 マイケル・ウィンターボトム監督がスティーヴ・クーガンとロブ・ブライドンの主演コンビで撮った旅行映画。 ロードムーヴィといえばいえるのだろうけど、単なる旅行バナシというのが正解。 さて、映画。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/21 22:53
『SPY TIME スパイ・タイム』:喜活劇・西班牙式親子鷹諜報員の面白さ @試写会
『SPY TIME スパイ・タイム』:喜活劇・西班牙式親子鷹諜報員の面白さ @試写会 「未体験ゾーンの映画たち2016」企画上映50本の1本『SPY TIME スパイ・タイム』、試写会で鑑賞しました。 この企画は2〜3本DVDで観ているぐらいなのですが、『余命90分の男』『NewYork結婚狂騒曲』などコメディに拾い物が多いように思えます。 まぁ、日本では外国のコメディはヒットしないので、よくてDVDスルーという作品も多いので、玉石混交の玉が混じる確率は高いのかも。 さて、本作は本国スペインで大ヒットをしたというスペインコミックの映画化。 ただし、30年ほど前のコミッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 00:21
『エイプリルフールズ』:よし、こんどはハロウィーンってのはどうかしらん @DVD・レンタル
『エイプリルフールズ』:よし、こんどはハロウィーンってのはどうかしらん @DVD・レンタル 『ALWAYS 三丁目の夕日』3部作や『寄生獣』の脚本家・古沢良太が脚本を書いた『エイプリルフールズ』、DVDで鑑賞しました。 「嘘から出た真」というか、謳い文句では「7つの嘘が奇跡を起こす・・・愛と感動と爆笑の嘘つきエンタテインメント!」となっています。 特定の日に、たくさんのひとが出てきて、それぞれのエピソードが絡み合って、というのは米国映画では『バレンタイン・デイ』『ニューイヤーズ・イブ』などが記憶に新しい。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/12/31 00:05
『大陸横断超特急』:列車サスペンス・コメディの快作 @DVD
『大陸横断超特急』:列車サスペンス・コメディの快作 @DVD 『大陸横断超特急』を、かなり昔に購入していたDVDで鑑賞しました。 1977年4月にロードショウ公開されており、たぶんその年の秋頃に名画座で鑑賞して以来になります。 いや、テレビで広川太一郎の吹替版もチラっと観たかしらん。 ロードショウ当時は、パニック映画終末期だったので、シカゴ駅に列車が突っ込むシーンがあることから、パニック映画のような売られ方をしていました。 中学生のりゃんひさも、そう思って観にいったところが、コメディ・サスペンスで期待とは違っていましたが、かなり愉しめた一篇でし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/27 17:13
『マイ・ファニー・レディ』: ボグダノヴィッチ復活の抱腹コメディ @2014年東京国際映画祭
『マイ・ファニー・レディ』: ボグダノヴィッチ復活の抱腹コメディ @2014年東京国際映画祭 昨年の東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門にて上映されたピーター・ボグダノヴィッチ監督の新作『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』が『マイ・ファニー・レディ』のタイトルで待望の公開。 映画祭で鑑賞した時のレビューです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2015/12/12 00:24
『結婚記念日』:ベット・ミドラーとウディ・アレンとポール・マザースキー @VHS
『結婚記念日』:ベット・ミドラーとウディ・アレンとポール・マザースキー @VHS 昨年6月に亡くなったポール・マザースキー監督。 彼の監督作品で思い出すのは『ハリーとトント』『結婚しない女』。 『ハドソン河のモスコー』『パラドールにかかる月』などは劇場未公開。 トリュフォーの『突然炎のごとく』をリメイクした『ウィリーとフィル/危険な関係』(未見)なんて作品もあるけれど、これはVHSにすらなっていない。 秀作の誉れ高い『グリニッチ・ビレッジの青春』も未見なので、機会があればまとめて鑑賞したい監督のひとりです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/28 21:59
『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』:狂騒は続くも、これにて打ち止め @DVD・レンタル
『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』:狂騒は続くも、これにて打ち止め @DVD・レンタル ことしの3月にロードショウされたシリーズ第3弾にして最終作『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』、DVDで鑑賞しました。 ロビン・ウィリアムズの遺作との触れ込みでしたが、ミッキー・ルーニーの遺作でもあったわけで・・・ まぁ、撮っているときにはそんなことになるとは思いもしなかったはずの家族で楽しめる不可思議物語。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/31 22:12
『愛しのゴースト』:がさつな笑いを誘うタイの幽霊譚 @DVD・レンタル
『愛しのゴースト』:がさつな笑いを誘うタイの幽霊譚 @DVD・レンタル タイで史上ナンバーワンヒットとという『愛しのゴースト』、DVDで鑑賞しました。 愛する妻が死んでしまい、幽霊になっても、その妻を愛するというハナシをコメディ+ホラー+ラブロマンスで映画化したもの。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/05 22:08
『マイ・インターン』:女性にとっての理想の男性像 @試写会
『マイ・インターン』:女性にとっての理想の男性像 @試写会 アン・ハサウェイがネットビジネスで急成長をした会社のオーナーを演じる『マイ・インターン』、試写会で鑑賞しました。 まるで『プラダを着た悪魔』で彼女が演じたアンドレアが成長したかのような雰囲気を醸し出しています。 赤を主体にしたポスターデザインもファッショナブルで、なかなか期待が持てるところ。 ちょっと気がかりなのは、監督がナンシー・マイヤーズというところ・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/03 22:10
『ピクセル』:オタク、地球を救う @試写会・シネコン
『ピクセル』:オタク、地球を救う @試写会・シネコン 9月公開のSFコメディ『ピクセル』、ひと足早く3D日本語吹替の試写会で鑑賞しました。 主役のアダム・サンドラーを吹替えた柳沢慎吾と日本語主題歌「8ビットボーイ」を歌う水戸なつめの舞台挨拶があり、柳沢慎吾がとにかく騒がしくて、こんなので映画だいじょうぶかしらん、と心配になりましたが・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/01 15:35
『テッド2』:ありゃ、テッドいつのまにか大人になっちゃったね @ロードショウ・シネコン
『テッド2』:ありゃ、テッドいつのまにか大人になっちゃったね @ロードショウ・シネコン 2013年のスマッシュヒット作『テッド』の続編が公開! 前作を観終わってやたらめったら昂奮したので、この映画の公開が待ち遠しかったんだよねぁ。 ということで、さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/08/31 22:27
『毛皮のヴィーナス』:あぁ、またも絡め捕られたる男のハナシ @DVD・レンタル
『毛皮のヴィーナス』:あぁ、またも絡め捕られたる男のハナシ @DVD・レンタル 昨年末にロードショウされたロマン・ポランスキー監督の『毛皮のヴィーナス』、DVDで鑑賞しました。 6月に旧作の『テナント/恐怖を借りた男』を観たのだけれど、またしても絡め捕られたる男ののハナシで、ポランスキー監督らしさが目立ちました。 さて、映画。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 23:38
『ボヴァリー夫人とパン屋』:パトリス・ルコントを髣髴させる艶笑喜劇 @ロードショウ・シネコン
『ボヴァリー夫人とパン屋』:パトリス・ルコントを髣髴させる艶笑喜劇 @ロードショウ・シネコン 今年のフランス映画祭で上映された映画が続々とロードショウされます。 『ボヴァリー夫人とパン屋』もそのひとつ。 この手の作品は2週目に入ると上映回数が激減するのがシネコンの通例。 ということで、公開後すぐに出かけた次第。 さて、映画。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/12 22:30
『ラブ・パンチ』:麗しき元夫婦の(なんてぇことはない)犯罪コメディ @DVD・レンタル
『ラブ・パンチ』:麗しき元夫婦の(なんてぇことはない)犯罪コメディ @DVD・レンタル ちょっと骨のある映画を映画館等で観たので、肩ひじ張らない映画もみたいなぁ、と選んだのがこの作品、『ラブ・パンチ』。 ラム酒ベースのカクテル「ラム・パンチ」だったら、甘いカクテル(飲んだことはないけど)。 クライム・ノベルの巨匠エルモア・レナードの小説にも『ラム・パンチ』って小説があるなぁ(読んだことないけど)。 とにもかくにも、こちらは「ラブ」。 それもピアース・ブロスナンとエマ・トンプソンが元夫婦を演じるクライム・コメディ。 さて、さて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/12 21:58
『余命90分の男』:さようならロビン・ウィリアムズ @DVD・レンタル
『余命90分の男』:さようならロビン・ウィリアムズ @DVD・レンタル 昨年2014年8月に亡くなったロビン・ウィリアムズの遺作の1本『余命90分の男』をDVDで鑑賞しました。 今年にはいって早々に「未体験ゾーンの映画たち2015」の企画で劇場公開されたものです。 監督はフィル・アルデン・ロビンソン。 おぉ、『フィールド・オブ・ドリームス』の監督ではありますまいか。 前作が2002年の『トータル・フィアーズ』なので、10年以上ぶりの監督作品ということになりますね。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/30 00:01
『龍三と七人の子分たち』:むかし極道、いま非道。上々な北野コメディ @試写会
『龍三と七人の子分たち』:むかし極道、いま非道。上々な北野コメディ @試写会 北野武監督の最新作『龍三と七人の子分たち』、試写会で鑑賞しました。 1989年の監督デビュー作『その男、凶暴につき』から2003年『座頭市』までは欠かさず観ていましたが、その後はご無沙汰。 なんと10年ぶりに観る監督作品ではありますまいか。 との感慨は他所にして、さて、映画。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/04/08 10:33
『デンジャラス・バディ』:サンドラ・ブロックと最強女刑事の相棒コメディ @DVD・レンタル
『デンジャラス・バディ』:サンドラ・ブロックと最強女刑事の相棒コメディ @DVD・レンタル 昨年夏に単館系でロードショウされた『デンジャラス・バディ』。 『しあわせの隠れ場所』でアカデミー主演女優賞を獲得たサンドラ・ブロックの久々のコメディ映画。 今回は、メリッサ・マッカーシーという太目女優さんと組んでの女刑事相棒もの。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/22 17:47
『ボッカチオ'70』:巨匠たちによるイタリア艶笑喜劇。長いので要注意 @GyaO・無料配信
『ボッカチオ'70』:巨匠たちによるイタリア艶笑喜劇。長いので要注意 @GyaO・無料配信 『ああ結婚』『昨日・今日・明日』とイタリア映画の旧作をしばしば無料配信しているGyaO。 今回お世話になったのは『ボッカチオ'70』。 1962年製作の4話からなる艶笑喜劇オムニバス。 『デカメロン』の著者ボッカチオが生きていたら、こんなハナシを書いたのではありますまいか、といったところ。 監督陣が豪華で、マリオ・モニチェッリ(不勉強で知りませんでした)、フェデリコ・フェリーニ、ルキノ・ヴィスコンティ、ヴィットリオ・デ・シーカの4人。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/21 17:28
『グリフィン家のウエディングノート』:下ネタ満載の結婚コメディ @DVD・レンタル
『グリフィン家のウエディングノート』:下ネタ満載の結婚コメディ @DVD・レンタル 2013年暮れからお正月にかけてロードショウされた『グリフィン家のウエディングノート』。 とにかく、出演者の顔ぶれが豪華なので、どんなもんかしらん、と興味があった作品。 オスカー俳優が4人に、売出し中の若手俳優も加えての面々。 なのに、上映時間は90分に満たない、ということなので、さて、どんな映画に仕上がっているかしらん。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/03 22:17
『バチカンで逢いましょう』:M・ゼーゲブレヒトとG・ジャンニーニを愉しもう @DVD・レンタル
『バチカンで逢いましょう』:M・ゼーゲブレヒトとG・ジャンニーニを愉しもう @DVD・レンタル 『バグダッド・カフェ』のマリアンネ・ゼーゲブレヒトが主演した『バチカンで逢いましょう』。 春先に小規模劇場公開された作品ですが、DVDで鑑賞しました。 マリアンネは1945年生まれなので、70歳近いですね。 一段と大きさを増したようで、あわせて元気度合も増した感じです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/03 22:11
『WTF』:マネしちゃいけない悪ふざけ @GyaO・無料配信
『WTF』:マネしちゃいけない悪ふざけ @GyaO・無料配信 10月に一部シネコンで2週間の期間限定公開されたフランス映画『WTF』が、GyaOで無料配信されていたので鑑賞しました。 尺が80分程度と短かったので、ちょっとしたすきま時間に観ちゃいました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/15 19:09
『祝宴!シェフ』:胃袋と心を満たす、さすらいの料理人 @ロードショウ・シネコン
『祝宴!シェフ』:胃袋と心を満たす、さすらいの料理人 @ロードショウ・シネコン 台湾の監督チェン・ユーシュンの新作『祝宴!シェフ』を早々に鑑賞しました。 1997年製作の『ラブゴーゴー』はボロ泣き映画、台湾映画のベストスリーに入るであろう作品の監督の新作です。 昨年(2013年)の東京国際映画祭で『総舗師 ― メインシェフへの道』で上映されており、観たかったのですが都合がつかず断念。 漸くの公開であります。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/07 22:06
『昨日・今日・明日』:ソフィア・ローレンのバイタリティを愉しむ艶笑喜劇 @GyaO・無料配信
『昨日・今日・明日』:ソフィア・ローレンのバイタリティを愉しむ艶笑喜劇 @GyaO・無料配信 監督ヴィットリオ・デ・シーカ、主演ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニの『ひまわり』トリオが1963年製作した『昨日・今日・明日』、GyaOで無料配信されていたので鑑賞しました。 (GyaOもなかなかやるなぁ) メロドラマの『ひまわり』と打って変わって、こちらは3話仕立てのイタリア艶笑喜劇です。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/08 21:24
『ジゴロ・イン・ニューヨーク』:笑えそうで笑えない隔靴掻痒喜劇 @試写会
『ジゴロ・イン・ニューヨーク』:笑えそうで笑えない隔靴掻痒喜劇 @試写会 ウディ・アレンの最新作『ジゴロ・イン・ニューヨーク』を試写会で鑑賞しました。 監督作品ではなく、出演作。 監督は、ジョン・タトゥーロ。 『天井桟敷のみだらな人々』以来の監督作品ですね。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/07/06 22:47
『わたしのハワイの歩きかた』:タチの悪い女に振り回される喜劇を狙った? @ロードショウ・一般劇場
『わたしのハワイの歩きかた』:タチの悪い女に振り回される喜劇を狙った? @ロードショウ・一般劇場 榮倉奈々主演でハワイの観光&ラブコメっぽい『わたしのハワイの歩きかた』、ロードショウで鑑賞しました。 普通だったらパスする類の映画なんですが、脚本が高田亮。 『さよなら渓谷』『そこのみにて光輝く』のひとではありますまいか。 どんなコメディを書くのかしらん、と興味津々。 監督の前田弘二とは評判がよかった『婚前特急』でも組んでいますが未見なので、興味度合は高まりました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/06/25 23:53
『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』:よみがえり警官、悪霊どもを捕まえろ @DVD・レンタル
『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』:よみがえり警官、悪霊どもを捕まえろ @DVD・レンタル 昨2013年、アメリカで記録的な大コケをしたという『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』。 殉職したりなんやかやの警官を現世によみがえらせて、現世に残った悪霊どもを退治する、というアクションコメディ。 DVDで鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/21 21:33
『謝罪の王様』:映画館で観てご立腹したひとに謝罪してほしいなぁ @DVD・レンタル
『謝罪の王様』:映画館で観てご立腹したひとに謝罪してほしいなぁ @DVD・レンタル イングマール・ベルイマン監督作品を続けて観た反動かしらん、爆笑できそうなコメディでも、ということで、この『謝罪の王様』。 『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続く、脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生の3度目のタッグ作品。 前2作は観ていないのですが、どんなもんかしらん。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/10 09:23
『偉大なる、しゅららぼん』:紅の学生服が目に眩しい @ロードショウ・一般劇場
『偉大なる、しゅららぼん』:紅の学生服が目に眩しい @ロードショウ・一般劇場 松竹『鴨川ホルモー』、東宝『プリンセス・トヨトミ』に続く万城目学小説の映画化『偉大なる、しゅららぼん』。 今度は東映で映画化です。 原作は未読なのですが、予告編を観たときから、愉しみにしていました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/19 22:55
『ムービー43』:ドン引きエピソードもあれば、ゲラゲラのエピソードもあります @DVD・レンタル
劇場公開時の惹句が「Let's ドン引き」「下品・下劣・下衆の3G」だった『ムービー43』、DVDの日本語吹替版で鑑賞しました。 オールスターキャストによる下ネタ満載のオムニバス。 短いエピソード集ということだけでなく、エピソード毎に監督が異なるのだから、正真正銘のオムニバス、です。 あぁ、この映画と比べれば『ケンタッキー・フライド・ムービー』なんて全然もって上品なもの。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/08 23:00
『シリアル・ママ』:あぁ、笑うに笑えない世の中になっちゃった @DVD・レンタル
TSUTAYA「発掘良品」の棚に並ぶジョン・ウォーターズ監督の『シリアル・ママ』。 「発掘」はまだしも、カルト映画の帝王ジョン・ウォーターズ監督作品で「良品」とはこれいかに。 「通が選らんだ」というよりは、絶対「好事家が選んだ」に決まっている。 と感じてしまう。 とはいえ、この作品がジョン・ウォーターズ監督最大のヒット作なんだろうなぁ・・・ さて、映画。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/09/01 10:05
『世界にひとつのプレイブック』:観ているこっちがイライラする @DVD・レンタル
ジェニファー・ローレンスが米国アカデミー主演女優賞を獲得した『世界にひとつのプレイブック』をDVDで鑑賞しました。 うーむ、とにかく、イライラするぞ、てな映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/08/18 11:28
『シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』:ははは、気楽なフレンチコメディ @DVD・レンタル
ジャン・レノがちょっと落ち目な三ツ星シェフを演じた『シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』、DVDで鑑賞しました。 主演はどちらかというと、とっても料理に詳しいけれど、その詳しさが仇となって、職場で上手くいかない料理人志望のミカエル・ユーンのほう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/15 11:18
『トランザム7000 VS 激突パトカー軍団』:積荷はゾウののんびりコメディ @DVD・コンビニ購入
ハル・ニーダム監督、バート・レイノルズ主演の『トランザム7000』の続編です。 DVDは劇場未公開のPART3も同時収録されたお得版です。 さてさて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/13 00:18
『トランザム7000』:バート・レイノルズ+ハル・ニーダム監督の初コンビ作品 @DVD・中古購入
バート・レイノルズ+ハル・ニーダム監督の初コンビ作品『トランザム7000』。 自動車には興味がないので、中学生だったころにロードショウ公開されたときは見向きもしませんでした。 何故に今頃? なんですが、 仕事帰りに立ち寄ったコンビニで、この映画のPART2,PART3がパックされたDVDが1,000円で置かれていまして。 PART2は『激突パトカー軍団』のサブタイトルがついて日本公開されていたのですが、へ? PART3もつくられていたの? と興味津々。 その上、なんとなくお得感... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/04 08:52
『ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)』: サラ・ジェシカ! @DVD・レンタル
タイトル『ケイト・レディが完璧な理由』、字面的には感じが入っていた方がいいけど、音的は『ケイト・レディがパーフェクトなワケ』の方がいいなぁ・・・なんて配給会社は悩んだのかしらん。 とにかく、タイトルは、いただけない。 さて、映画は、というと・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/17 11:57
『ted テッド』: 観終わってやたらめったら昂奮なのであります @ロードショウ・シネコン
2013年、劇場鑑賞3本目は、『ted テッド』。 もう、驚き桃の木、びっくらこいた、屁ぇこいた。 (あぁ、われながらセンスがなくて情けない) シネコンのかなり大きいスクリーン(250〜300ぐらいのキャパ)がほとんど満席、それも高校生ぐらいから20代前半ぐらいの若い観客でいっぱいなのだ。 ええぇ、こんな下品なアメリカンコメディ、普通なら本国ではヒットしたが日本では大コケ、の典型のような作品なのに。 なにが、どうして、若いひとびとを惹きつけたのかしらん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/20 22:44
『ザ・マジックアワー』: 三谷幸喜映画のなかでは一番かも @レンタルDVD
三谷幸喜監督作品見逃していた『ザ・マジックアワー』、飛び切り安い旧作レンタル料金で鑑賞しました。 見逃していたのは、前作『THE有頂天ホテル』にあまりにもがっかりしたから。 その上、身代わり(なり代わり)映画には、古くは『お熱いのがお好き』から『サボテン・ブラザース』『ギャラクシー・クエスト』などの傑作映画があるし、その上、上映時間が2時間を超えていることから、こりゃ、冗漫な映画になっているのではありますまいか、と邪推したせい。 先に観ていた妻からは、面白いから絶対観るべし、と薦め... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/01 09:50
『ステキな金縛り』: やはりの、三谷幸喜節・・・ @レンタルDVD
『ラヂオの時間』で監督デビューしたときは、凄いひとが現れた! と思ったものだった、三谷幸喜。 続く作品で少々ガッカリして、『THE 有頂天ホテル』でかなりガッカリしたので、前作は未見です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/19 10:29
『宇宙人ポール』: へへへへへ、面白いねぇ @レンタルDVD
イギリスからアメリカのコミコンにやって来たオタクふたり。 有名ミステリースポットを観光! いきまいた矢先、ホンモノの宇宙人に出会ってしまった・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/23 22:32
『おとなのけんか』: ポランスキー版『皆殺しの天使』? @レンタルDVD
些細なことから暴力沙汰になった子供同士のけんか。 被害者の両親が、示談で済まそうと加害者の両親を自宅マンションに呼んだ。 ほとんど成立、加害者の両親が去ろうとしたところ、子供たちのけんかよりも、もっと些細なことから、加害者の両親は帰れなくなり、おとな四人が本性むき出しになって、ぐちゃぐちゃめちゃくちゃになっていく・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/21 09:19
『テルマエ・ロマエ』: 銭湯好きはこれでは満足しないよなぁ @ロードショウ・シネコン
現代の日本と古代ローマがお風呂を通じて行き来する、そんな奇想天外な物語。 もとはマンガだそうですが、未読です。 映画化されたものは、どうかというと・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/06 19:24
『しあわせの雨傘』:オゾン流ソープオペラ @ロードショウ・シネコン
2011年の劇場鑑賞第一作目はフランソワ・オゾン監督作品です。 『Ricky リッキー』で変わってきたなぁ、なんて思っていたところですが、さて今回の新作はというと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2011/01/22 00:18
『デンジャラス・ビューティー』:お若いサンドラのマイ・フェア・レディ? @レンタルDVD
続編を先に観てしまいましたが、サンドラ・ブロックのアクションコメディ『デンジャラス・ビューティー』をDVDで鑑賞しました。 原題は「MISS CONGENIALITY」。 むむ、どういう意味かしらん? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/29 09:01
『Mr.&Mrs. スミス』:夫婦喧嘩もここまでくると・・・ @DVD
これまた出張先DVD鑑賞です。 友人より「もう少し作品を選んだ方がよいのでは」と忠告をいただきましたので、これでどうか。 余り深刻な映画は観るのもシンドイし。 とは云っても、余りにクダラナイのも、観ているうちに眠っちゃうし。 となかなか、適切な作品をチョイス出来ていません。 それはさておき・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/30 17:38
『ホーンテッドマンション』:アトラクションは映画に向いてないからネ @DVD
さらに引き続き出張先DVD鑑賞です(ホント、楽しみがない休日でした)。 『ホーンテッドマンション』、訳すると「憑りつかれた豪邸」。 お化け屋敷ですね。 でも、元ネタは、ディズニーリゾートのアトラクション。 ですので・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/17 23:32
『デンジャラス・ビューティー2』:女性のバディムービーですが・・・ @VOD
またまたサンドラ・ブロックです。 第1作を観ていないのに、なぜだか観ちゃいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 10:57
『釣りバカ日誌20 ファイナル』:笑初め、笑締め @ロードショウ・一般劇場
正月2日、お正月らしい映画で娯しい気分になろう、ということで、『釣りバカ日誌』の最終作品を。 久し振りに銀座の映画館に足を運びました。 ありゃ、劇場名が変わってるのねぇ。ロビーが薄暗いのは相変わらずね。 前回の上映が終わらないのでロビーでしばらく待つことに。 そういえば、前回の上映が終わるのをロビーで待つ、なんてこと、シネコンではしないので、久し振りな感じがする。 これだけでも、お正月三が日の間の映画館へ出かけた甲斐があったというもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/01/03 00:11
『のんちゃんのり弁』:松竹映画と見紛うほどの下町人情喜劇@ロードショウ・一般劇場
30歳を過ぎ、幼稚園女児を抱えた主婦が、親の財産で暮らしているグータラでだらしない夫を棄てて・・・・ 弁当屋で成功するハナシかと思っていましたが、オープンするまでのハナシだったのね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/10/12 11:17
『イエスマン "YES"は人生のパスワード』:YesであってもNoであっても自己責任@DVD
仕事帰りにレンタルDVD店へ。 疲れたときには、やっぱりコメディ。 ホントウはちょっと甘めのラブコメディの方がいいんだけれども、ジム・キャリーのコテコテコメディもいいかも。 ということでチョイス。 結果はナイス選択! 面白かったデス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 1

2009/09/02 23:44
『鈍獣』:舞台は舞台のままでおいておいた方が・・・by妻(ひさりゃん)の感想
『鈍獣』のレビューア限定試写会に当選しましたが、都合悪く参加できず。 ということで、妻ひとりで観にいってもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/16 02:19
『アルビン/歌うシマリス3兄弟』:元ネタを知ると更に楽しいかもね@DVD
GW中のスターチャンネルの無料放送で『スチュアート・リトル』を観たところ、画面の4分の1左下にキャンペーン誘導のお知らせが表示されたままで、ちょっと欲求不満気味。 ということで、2008年秋公開の本作品をレンタルDVDで鑑賞。 しゃべる小さな動物CGと人間のライブ映像の合成映画ということからの連想でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/05/04 22:24
『英国王 給仕人に乾杯!』:オールドスタイルの法螺ばなし映画を楽しむ
原題は「OBSLUHOVAL JSEM ANGLICKEHO KRALE」、英語で表記すると「I SERVED THE KING OF ENGLAND」(私は英国王の給仕人だった)、ありゃ、英国王の給仕人なんて出てこないぞ。 紹介記事などを読んで納得。 チェコ人が英国王の給仕人であるはずがない。つまり、「ありえないはなし」「法螺(ほら)ばなし」という意味だそうで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 1

2008/12/30 22:58
『ハッピーフライト』:矢口史靖版『大空港』は、やっぱりユル〜イ
ANAが全面協力した映画は、機内では絶対上映できない『大空港』シリーズ(『エアポート』シリーズといった方が判りやすいかなぁ)のコメディ版だった! うーむ、これにはビックリだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/05 00:26
『ゲット スマート』:私はニンマリ笑えてニコニコ楽しめた派
1960年代のテレビドラマ『それ行けスマート』が新装開店リメイクです。 オリジナルシリーズは、残念ながら見ていません。 が、今回の作品は結構楽しめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 22:22
『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』:昔の松竹作品を思い出す+ビックリな仕掛け
三國連太郎が老齢のため、西田敏行とやりあえなくなって久しい。 なので、ゲストの若い男優・女優との恋愛譚にハマちゃんが絡んでくるという最近の定番のストーリー。 今回のゲストは山本太郎と常盤貴子。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 17:43
『ハンサム★スーツ』:20年前なら田口浩正+石田純一か
ブサイク男・塚地武雅が「ハンサム★スーツ」を着ることで、ハンサム男・谷原章介になる、ってチラシや予告編を観た限りでは「うーむ、なんやねん」って感じでしたが、yahoo試写会に当選したので出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/09/20 22:20
『あぁ、結婚生活』:コメディかシリアスか、むむむむ
1940年代後半(ということは第二次大戦終結後数年ですね)、結婚生活も長いクリス・クーパーとパトリシア・クラークソン夫婦の結婚生活に危機が・・・。 原因は、夫の不倫。 若い娘にのぼせ上がって、若い娘と結婚を画策。 別れた後の妻は独りでは生きていけないだろうと、可愛さ余って(・・・こういうときは、どう言うのかしらん)毒殺しちゃおう! なんて、思うだけならいいけれど、実行に移しちゃうんだから。 でも、妻は妻でその実・・・ 若き愛人には、夫の友人ピアース・ブロスナンがちょっかい出し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/09/08 22:53
『俺たちフィギュアスケーター』:うまくまとめたセンス抜群のコメディ:DVDで鑑賞
暑い夏が続いているので頭を使わず楽しくなるコメディを、ということでセレクト。 DVDで鑑賞。日本語吹替でさらに頭は使わず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/20 23:24
『キサラギ』:終盤で失速、残念:DVDで鑑賞
大評判・大人気作品で多数あるDVDは連日貸し出し中。GW最終日にようやく1枚返却されていたので、借りることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2008/05/07 23:58
『OH! Mykey 1st.』:GyaOひかりオンライン無料配信にて
GyaOひかりのオンライン無料配信で楽しみました。放送時には時々見ていたのですが、まとめて見たのは初めて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 01:45
『空飛ぶモンティ・パイソン』:GyaOで4エピソード配信中:2/29まで
『空飛ぶモンティ・パイソン』DVD(東京12ch放送時の日本語吹替収録!)発売プロモーションの一環で、GyaOで、4エピソードを2/29まで配信中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2008/02/17 23:45
『女神が家(ウチ)にやってきた』:おぉー『ヘアスプレー』の監督・出演コンビ!:DVDで鑑賞
2003年製作なので、もう4年も前の作品ですね。 日本公開は2004年だったかしら、東京は銀座シネパトスで地味に公開されていたように記憶しています。 軽いコメディが観たかったので、公開当時気になっていたけれど、すっかり忘れていたこの作品をレンタルでチョイスしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 00:08
『めがね』:リラックスはデラックス:Myムービーに掲載
『めがね』のレビューを「リラックスはデラックス」と題して、Myムービーに掲載しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/09/24 00:58
『釣りバカ日誌18』:定番メニューとしては及第点ギリギリかな:Myムービーに掲載。
『釣りバカ日誌18』のレビューを「定番メニューとしては及第点ギリギリかな」と題して、Myムービーに掲載しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/09 21:38
『シャギー・ドッグ』:ちょいとSFもどきのファミリー・ピクチャー:DVDで鑑賞
掲載が少々遅れましたが『ショートバス』鑑賞前にDVD(例によって日本語吹替)で鑑賞しました(しかし、選りにも選って『ショートバス』の前に観ることはなかろうものに)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/06 00:05

トップへ | みんなの「コメディ」ブログ

キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど コメディのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる