アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「劇場未公開」のブログ記事

みんなの「劇場未公開」ブログ

タイトル 日 時
『パイロマニアック 炎の中の獣』:少年の孤独な心を描くノルウェー映画 @DVD・レンタル
『パイロマニアック 炎の中の獣』:少年の孤独な心を描くノルウェー映画 @DVD・レンタル ことし4月にリリースされた北欧ノルウェー産サスペンス『パイロマニアック 炎の中の獣』、DVDで鑑賞しました。 TSUTAYAの100円レンタルを利用しての鑑賞ですが、監督は『不眠症 オリジナル版 インソムニア』のエーリク・ショルビャルグ。 偶々手にした作品だが、期待できそう。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 09:37
『愛と死の谷』:霊はいるのかいないのか、モヤモヤしているフランス人の映画 @特別上映
『愛と死の谷』:霊はいるのかいないのか、モヤモヤしているフランス人の映画 @特別上映 フランス映画祭も今年で25周年。 それを記念して過去上映作品の再上映企画ベスト・オブ・フランス映画祭がありました。 2本上映されたうち、1本のみ鑑賞。 映画は、昨年のフランス映画祭で上映されて、未だ日本では劇場未公開の『愛と死の谷』。 主演はイザベル・ユペールとジェラール・ドパルデューというビッグネーム。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 22:37
『ナイトビジター』:極寒の地での恩讐の彼方(異色作) @DVD・レンタル
『ナイトビジター』:極寒の地での恩讐の彼方(異色作) @DVD・レンタル マックス・フォン・シドー主演の1970年作品『ナイトビジター』、DVDで鑑賞しました。 TSUTAYAの発掘良品で大規模にレンタルリリースされた作品です。 共演はリヴ・ウルマンにトレヴァー・ハワード。 ビリングトップは、警部を演じるトレヴァー・ハワードです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 21:58
『フェンス』デンゼル・ワシントン監督・主演:50年代米国の黒人中年男性にどう向き合おうかしらん @D
『フェンス』デンゼル・ワシントン監督・主演:50年代米国の黒人中年男性にどう向き合おうかしらん @D デンゼル・ワシントン監督・主演の『フェンス』、DVDで鑑賞しました。 ヴィオラ・デイヴィスがことしの米国アカデミー賞助演女優賞を受賞した作品だが、日本では劇場公開されることなくDVDスルーとなった。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 14:42
『アップルとわたしのカラフルな世界』:盲導馬という珍しい題材の映画 @DVD・レンタル
『アップルとわたしのカラフルな世界』:盲導馬という珍しい題材の映画 @DVD・レンタル 前回レビューアップした『世界にひとつの金メダル』に続いて、馬の映画をもう1本。 映画は『アップルとわたしのカラフルな世界』、DVDで鑑賞しました。 原題は「APPLE OF MY EYE」。 タイトルロールの「アップル」とはミニチュアホースの名前で、盲導犬ならぬ盲導馬のハナシ。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/28 21:53
『5時から7時の恋人カンケイ』:5時から7時だけの関係という「約束」 @DVD・レンタル
『5時から7時の恋人カンケイ』:5時から7時だけの関係という「約束」 @DVD・レンタル 昨年6月に急逝したアントン・イェルチン主演映画『5時から7時の恋人カンケイ』、DVDで鑑賞しました。 2014年に製作された日本では劇場未公開作品で、今年2月にDVDリリースされたものです。 早速、さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/12 10:36
『クリープショー3』:前2作とは無関係のオリジナルビデオ作品 @GyaO
『クリープショー3』:前2作とは無関係のオリジナルビデオ作品 @GyaO ちょっとヘヴィな映画が続いていることもあって、好事家の虫がムズムズ。 選択したのはWeb無料配信の『クリープショー3』。 1作目は1982年製作(日本公開は1986年)で、スティーヴン・キングが脚本を書き、ジョージ・A・ロメロが監督をしている。 2作目は1987年製作(日本公開は1988年)で、スティーヴン・キングの原案をもとにジョージ・A・ロメロが脚本を書き、マイケル・ゴーニックが監督している。 いずれもリチャード・P・ルビンスタインが製作またはエグゼクティブプロデューサーなので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/25 21:25
『素敵なウソの恋まじない』:高齢名優ふたりの、ほのぼのラブコメ @DVD・レンタル
『素敵なウソの恋まじない』:高齢名優ふたりの、ほのぼのラブコメ @DVD・レンタル ジュディ・デンチとダスティン・ホフマンが共演した英国製テレビムーヴィ『素敵なウソの恋まじない』、DVDで鑑賞しました。 原題は「Roald Dahl's ESIO TROT」。 「ESIO TROT」ってなんだ? 逆に綴ると「Tortoise」(トータス=陸ガメ)。 どうして、逆に綴っているのかというと・・・ さて、映画。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/08 11:35
『家庭生活』ケン・ローチ監督(1971):時計じかけの英国生活 @特集上映
『家庭生活』ケン・ローチ監督(1971):時計じかけの英国生活 @特集上映 川崎市市民ミュージアムで開催されたケン・ローチ監督の初期傑作集から1本鑑賞。 映画は1971年製作の『家庭生活』(原題「Family Life」)。 ケン・ローチ監督作品は、1991年の『リフ・ラフ』以降は日本では劇場公開されているが、それ以前の作品は、ソフト化されている『夜空に星のあるように』『ケス』以外はほとんど観ることができない。 今回はミュージアム所蔵の9本から5本を選んでの特集上映。 土日祝日だけの上映なので、意外と時間を捻出できず、この1本だけになってしまったのは残念。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 16:56
『新しいワタシの見つけ方』:虐待で傷ついた馬を保護する施設のハナシ @DVD・レンタル
『新しいワタシの見つけ方』:虐待で傷ついた馬を保護する施設のハナシ @DVD・レンタル 馬と少女の物語、劇場未公開作の『新しいワタシの見つけ方』、DVDで鑑賞しました。 TSUTAYAの月刊マガジンで小さく紹介されていたのを見て、レンタルした次第。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/05 11:46
『イタリアのある城で』:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキの自伝的コメディ @特集上映
『イタリアのある城で』:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキの自伝的コメディ @特集上映 フィルムセンターで開催中のEUフィルムデーズ。 毎年、劇場未公開のヨーロッパ各国の映画が観れるので楽しみにしている企画です。 今年はなかなか足を運べず、今回が1本目。 映画は、フランスの女優ヴァレリア・ブルーニ・テデスキが2013年に監督した『イタリアのある城で』。 調べてみるとこれが3本目のよう。 フランソワ・オゾン監督作品『ふたりの5つの分かれ路』あたりから注目した彼女だが、なかなかの才媛のようです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/07 23:00
『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』:登場人物に対する厳しい眼 @DVD
『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』:登場人物に対する厳しい眼 @DVD レンタルもいいけれど、買い置きDVDが溜まってきたので、少しずつでも観ておかねば! ということでセレクションしたのが、これ『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』。 『アバウト・シュミット』『サイドウェイ』などのアレクサンダー・ペイン監督のデビュー作(1999年製作)で、主演はマシュー・ブロデリックとリース・ウィザースプーン。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 00:08
『バーチャル・ウォーズ3』:S・キングとは無関係だが、監督はミック・ギャリス @VHS
『バーチャル・ウォーズ3』:S・キングとは無関係だが、監督はミック・ギャリス @VHS ひさしぶりに好事家りゃんひさ、未DVD化作品をVHSで鑑賞しました。 タイトルは『バーチャル・ウォーズ3』(1997年製作)。 おぉ、スティーヴン・キングの短編『芝刈り機の男』を勝手に改変した(というか新たにストーリーをつくった)『バーチャル・ウォーズ』の第3弾! と思いきや、原作はピーター・ジェームズというひとの『HOST』という小説。 輸入元のSPO社がタイトルだけ失敬して、シリーズ第3弾みたいな売り方をしたようです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/18 00:31
『HAUNTING 震!悪魔の棲む家』:アサイラム製作のお安いホラー @GyaO・無料配信
『HAUNTING 震!悪魔の棲む家』:アサイラム製作のお安いホラー @GyaO・無料配信 好事家りゃんひさ、またまた鑑賞。 映画は『HAUNTING 震!悪魔の棲む家』、「ホーンティング しん・あくまのすむいえ」と読むようです。 無料配信だからといって、どこからみてもZ級映画の雰囲気が満載。 原題は「HAUNTING OF WINCHESTER HOUSE」。 むむ、ウィンチェスター・ハウスといえば米国に実在する幽霊屋敷のことではありますまいか。 小説では、シャーリイ・ジャクスンの『山荘綺談』のモチーフとなり、ロバート・ワイズ監督により『たたり』のタイトルで映画化もされ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/21 23:52
『ワイルド・ギースU』:戦争アクションの前作から一変、スパイ映画の趣き @VHS
『ワイルド・ギースU』:戦争アクションの前作から一変、スパイ映画の趣き @VHS 人気の高いオールスターキャストの傭兵アクション映画『ワイルド・ギース』の続編『ワイルド・ギースU』、廉価中古VHSを見つけたので購入して鑑賞しました。 前作は1978年に製作され、ロードショウ当時に観ています。 監督はアンドリュー・V・マクラグレン、出演はリチャード・バートン、ロジャー・ムーア、リチャード・ハリス、ハーディ・クリューガーなど。 1985年製作の本作では、監督はピーター・ハントに替わり、出演もスコット・グレン、エドワード・フォックスと小粒化、バーバラ・カレラが花を添え、ロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/04 00:20
『Dr. M/ドクトル・エム』:フリッツ・ラングに捧ぐシャブロル映画 @VHS
『Dr. M/ドクトル・エム』:フリッツ・ラングに捧ぐシャブロル映画 @VHS 1990年にクロード・シャブロルが監督した『Dr. M/ドクトル・エム』をVHSで鑑賞しました。 フリッツ・ラング監督の『ドクトル・マブゼ』を着想を得たという作品で、日本では劇場未公開、DVD化もされていません。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/03 15:46
『D.N.A.W』:ダメダメ映画も観ちゃうんだよなぁ・・・ @VHS
『D.N.A.W』:ダメダメ映画も観ちゃうんだよなぁ・・・ @VHS 『D.N.A.W』、なんだか記号・暗号のようなタイトルですが、「ディーエヌエイ フォー」と読みます。 原題は「WATCHERS REBORN」。 これで察しがついた方は凄いです。 ディーン・R・クーンツ原作の『ウォッチャーズ』のリブート映画です。 製作は1998年、製作総指揮にロジャー・コーマンが名を連ね、主演はマーク・ハミル(『スター・ウォーズ』のヒーローなんですけど、その後はサッパリ)。 なんだか、これだけでダメダメ感満載の映画なんですけど・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/02 16:09
『サンダーボルト救出作戦』:メナハム・ゴーラン監督の手堅い実録もの @特集上映・単館系
『サンダーボルト救出作戦』:メナハム・ゴーラン監督の手堅い実録もの @特集上映・単館系 『サンダーボルト救出作戦』、35ミリフィルム上映で鑑賞しました。 このタイトルでピピンときたひと、いるかしらん? 1976年に起こったアラブゲリラによる多数のユダヤ人乗客を乗せた飛行機のハイジャック事件の実録映画で、当時3本が競作されました。 順に『エンテベの勝利』『特攻サンダーボルト作戦』、そしてこの映画です。 『エンテベの勝利』は事件から6か月後に公開、『特攻サンダーボルト作戦』は製作から10年経た1987年に日本で公開されました。 前者はお正月映画だったにもかかわらず1週間で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/21 10:51
『殺人者はライフルを持っている!』:無差別銃撃事件の恐怖・恐怖・恐怖 @DVD
『殺人者はライフルを持っている!』:無差別銃撃事件の恐怖・恐怖・恐怖 @DVD まもなく久方ぶりの新作『マイ・ファニー・レディ』の公開が控えているピーター・ボグダノヴィッチ監督の初監督作品『殺人者はライフルを持っている!』、DVDで鑑賞しました。 20年ほど前にテレビで放映されているのを観たことがあるけれど、2年ほど前にDVDが廉価で売られているのを発見して、購入したもの。 そういえば、クリント・イーストウッド監督作品『アメリカン・スナイパー』評で、翻訳家・映画評論家の芝山幹郎がこの映画を引き合いに出していたように記憶しています。 さて、映画。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/18 11:09
『Cake ケーキ 〜悲しみが通り過ぎるまで〜』:R・カーヴァーの短編小説の味わい @DVD・レンタ
『Cake ケーキ 〜悲しみが通り過ぎるまで〜』:R・カーヴァーの短編小説の味わい @DVD・レンタ まもなく『マイ・ファニー・レディ』が公開されるジェニファー・アニストンの劇場未公開『Cake ケーキ 〜悲しみが通り過ぎるまで〜』、DVDで鑑賞しました。 ジェニファー・アニストンといえば、ほとんどの出演作がコメディ映画。 なのですが、この映画はかなりのシリアス。 この映画で、2014年のゴールデン・グローブ賞と全米放送映画批評家協会賞の主演女優賞にノミネートされました(惜しくも受賞は逃しましたが)。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/21 10:50
『追いつめられて… 濡れ衣の女』:若いマリオン・コティヤールが活躍するTVM @VHS
『追いつめられて… 濡れ衣の女』:若いマリオン・コティヤールが活躍するTVM @VHS マリオン・コティヤールが2001年に主演したテレビムーヴィ『追いつめられて… 濡れ衣の女』を格安中古VHSで鑑賞しました。 米国アカデミー賞主演女優賞を受賞した『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』が2007年の作品なので、それよりもかなり早い。 その分、彼女もかなり若いです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/24 20:33
『おしゃれ泥棒2』:ヘップバーン主演ですが、ワイラー監督作品とは無関係です @VHS
『おしゃれ泥棒2』:ヘップバーン主演ですが、ワイラー監督作品とは無関係です @VHS 先日フレッド・ジンネマン監督の『尼僧物語』を観たのに引き続き、またもやオードリー・ヘップバーン主演作品です。 映画は『おしゃれ泥棒2』。 ウィリアム・ワイラー監督、ピーター・オトゥール共演作品ではなく、1986製作のテレビムーヴィです。 われながら、こんな作品を見つけて買っているなぁとも思うのですが、ふらりと立ち寄る中古店で安価で見つけると、衝動的に買っちゃうんですよね。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/15 22:02
『家族の波紋』:英国上層階級家族に流れる不穏な空気を描いた映画 @DVD・レンタル
『家族の波紋』:英国上層階級家族に流れる不穏な空気を描いた映画 @DVD・レンタル VHSで観た『ひと月の夏』に引き続き、自宅でミニ英国映画祭の2本目は『家族の波紋』。 『マイティ・ソー』の敵役トム・ヒドルストンがブレイクする前に主演した映画で、日本では劇場未公開です。 本作に対して、ベネディクト・カンバーバッチが「素晴らしい!」とコメントしたということでのレンタルです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/14 22:36
『レイジング・ブレット 復讐の銃弾』:ジョン・シュレシンジャー監督晩年の渋いサスペンス @VHS
『レイジング・ブレット 復讐の銃弾』:ジョン・シュレシンジャー監督晩年の渋いサスペンス @VHS 近所の中古ソフト屋を覗いたら、見慣れないタイトルのVHSを発見。 タイトルは『レイジング・ブレット 復讐の銃弾』。 主演はサリー・フィールド。 裏をみると、監督はジョン・シュレシンジャー。 こんな映画しらないなぁ。 とはいえ、時期的には最晩年なので、ちょっと興味惹かれるところ・・・ ということで、買って観ることにしました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/24 22:32
『テナント/恐怖を借りた男』:被害者は、被害者だと思った瞬間から被害者になる @DVD・レンタル
『テナント/恐怖を借りた男』:被害者は、被害者だと思った瞬間から被害者になる @DVD・レンタル 今週は、さながら名匠・巨匠週間のよう。 ロベール・ブレッソン監督『やさしい女』、スタンリー・キューブリック監督『バリー・リンドン』の前に観たのが、これ。 ロマン・ポランスキー監督の『テナント/恐怖を借りた男』、1976年製作の日本劇場未公開作品。 製作直後は、CIC配給で日本公開の予定もあり、スクリーン誌やロードショー誌での紹介記事もみたことがあるのだけれど、結局は劇場未公開に終わった。 TSUTAYAの発掘良品の企画で初DVD化になり、うーむ、この企画、ちょっと侮れないです。 さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/19 22:23
『スザンヌ』:身勝手で無責任、男の観る目がない女性を見せられても @EUフィルムデーズ2015
『スザンヌ』:身勝手で無責任、男の観る目がない女性を見せられても @EUフィルムデーズ2015 先に観たチェコ映画『海へ行こう!』が秀作だったので、日を改めてもう一本EUフィルムデーズの企画上映で鑑賞しました。 映画はフランス映画『スザンヌ』。 女性が主役の映画には、なぜかしら惹かれるりゃんひさなので、どんなものかしら、と出かけた次第。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 22:01
『海へ行こう!』:子どもの眼からみた小さな世界が大きな世界に繋がっていく@EUフィルムデーズ2015
『海へ行こう!』:子どもの眼からみた小さな世界が大きな世界に繋がっていく@EUフィルムデーズ2015 毎年この時期に開催されているEUフィルムデーズ。 昨年2014年に素晴らしい作品に出逢えたこともあり、今年も出かけることにしました。 観たのはチェコ映画『海へ行こう!』。 なかなか瑞々しい映画で感銘を受けました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 21:44
『360』:残念。『ナイロビの蜂』監督の緩い群像映画 @GyaO・無料配信
『360』:残念。『ナイロビの蜂』監督の緩い群像映画 @GyaO・無料配信 『シティ・オブ・ゴッド』『ナイロビの蜂』の監督フェルナンド・メイレレスの2011年の新作『 360』、無料配信されているので観てみました。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/29 22:17
『ストレンジャー』:寂れた田舎町の市井のひとびとを描いた作品 @GyaO・無料配信
『ストレンジャー』:寂れた田舎町の市井のひとびとを描いた作品 @GyaO・無料配信 コリン・ファースが出演している劇場未公開作品『ストレンジャー』、GyaOの無料配信で鑑賞しました。 とにかく、出演陣が豪華。 エレン・バースティン、パトリシア・クラークソン、オーランド・ブルーム、アンバー・タンブリン、チョイ役でアンドリュー・マッカーシー。 で、脚本が『アラバマ物語』のホートン・フートなので、まずますのドラマが期待できそう・・・ さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/12 16:35
『ピノキオ』:ドイツ製の実写+CG作品、なかなかの佳作 @DVD・レンタル
『ピノキオ』:ドイツ製の実写+CG作品、なかなかの佳作 @DVD・レンタル 『ピノキオ』といえば1940年のディズニー製作のアニメーション映画をすぐに思い出すが、こちらは2013年のドイツ製作の実写映画。 主人公のピノキオはCGで表現されている。 昨年(2014年)夏のキンダーフィルムフェスティバルで上映されており、観に行きたかったのだけれど、たぶん子どもが大勢いる中でヒゲのオヤジが独りで観るのもつらいなぁ、と思って遠慮した次第。 早々にDVD化されて嬉しいです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/26 10:26
『ザ・スタッフ』:出所不明食品を揶揄しているようなホラーコメディ @DVD・中古購入
『ザ・スタッフ』:出所不明食品を揶揄しているようなホラーコメディ @DVD・中古購入 『ブロス リターンズ/やつらはふたたび帰ってくる』に続いてイカモノ映画その2。 今度は、2月下旬に観た『新・死霊伝説』と同じくラリー・コーエン監督、マイケル・モリアーティ主演の『ザ・スタッフ』。 DVDでは「ゾンビのデザート」と副題がついていますが、デザートはともかくゾンビは関係ない。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/13 23:28
『アメリカン・シビル・ウォー』:アンブローズ・ビアスの名前に興味を得て @Gyao・無料配信
『アメリカン・シビル・ウォー』:アンブローズ・ビアスの名前に興味を得て @Gyao・無料配信 これもGyao・無料配信で鑑賞しました。 『アメリカン・シビル・ウォー』、むむ、知らない映画だなぁ。 だけどなんか引っかかる。 ということで、紹介文を読むと「小説家アンブローズ・ビアスが赤裸々に描く南北戦争の悲劇」とある。 むむ、アンブローズ・ビアス? ということは、『ふくろうの河』の原作のひとかしらん。 興味を持って、さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/26 22:23
『恋は3,000マイルを越えて』:めぐり逢いのラブコメディ @GyaO・無料配信
『恋は3,000マイルを越えて』:めぐり逢いのラブコメディ @GyaO・無料配信 少々余裕時間ができたので、GyaOの無料配信でラブコメを鑑賞。 作品は『恋は3,000マイルを越えて』。 メラニー・ロラン主演、2009年製作の劇場未公開作品です。 選択理由の第一は、尺が80分程度と短かったこと。 メラニー・ロランも『オーケストラ!』『複製された男』『リスボンに誘われて』と、気になる女優さんでもあることだし。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/07 21:17
『白夜と配達人』:雄大な自然とひとを食ったようなユーモアと寂寞 @東京国際映画祭
『白夜と配達人』:雄大な自然とひとを食ったようなユーモアと寂寞 @東京国際映画祭 10月31日に閉幕した東京国際映画祭。 最後に観たのはワールド・フォーカス部門の『白夜と配達人』。 スカンジナビア半島に程近いロシア北西部の湖畔を舞台に、雄大な自然を背景にして、そこで暮らすひとびとの様子を鷹揚としたユーモアで描いた作品です。 では、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/11/02 21:51
『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』:ボグダノヴィッチ復活の抱腹コメディ @東京国際映画祭
『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』:ボグダノヴィッチ復活の抱腹コメディ @東京国際映画祭 東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門にて上映されたピーター・ボグダノヴィッチ監督の新作『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』(アジアン・プレミア上映)を鑑賞しました。 劇場用映画としては2001年の『ブロンドと柩の謎』以来。 デビュー作の『殺人者はライフルを持っている!』が1968年製作だから、もう45年以上のキャリアということになる。 一時期(というか長らくというか)低迷していたときもあるが、もう「伝説の」監督といっていいのではありますまいか。 そんな彼が登壇したのだから、まさに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/28 22:51
『フラワーズ』:女性三人が織りなす心理の綾 @東京国際映画祭
『フラワーズ』:女性三人が織りなす心理の綾 @東京国際映画祭 東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門にて上映されたスペイン映画『フラワーズ』(アジアン・プレミア上映)を鑑賞しました。 フランスとの国境あたりで用いられている地方言語であるバスク語発声の映画で、これは珍しい。 では、映画。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/28 22:07
『溺れる森』:嫉妬心が生む(もしかしたら悲劇かもしれない)もの @GyaO・無料配信
『溺れる森』:嫉妬心が生む(もしかしたら悲劇かもしれない)もの @GyaO・無料配信 ポーランド製のサスペンス、それも尺が1時間15分という短さに惹かれて『溺れる森』という作品を鑑賞しました。 (GyaOもなかなか多彩なラインナップですなぁ) まぁ、ひとことでいうと倦怠期を迎えた夫婦のうち、夫に無用な嫉妬心が芽生えてしまい、ついには・・・という内容。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/17 23:39
『ミッシング・リンク 失われた環』:少年の成長物語と第二次大戦時の哀しい物語 @GyaO・無料配信
『ミッシング・リンク 失われた環』:少年の成長物語と第二次大戦時の哀しい物語 @GyaO・無料配信 1999年製作のオランダ映画『ミッシング・リンク 失われた環』、これもGyaOで無料配信されていたので鑑賞しました。 タイトルだけみると、冒険映画かSF映画みたいですが、少年の成長物語に第二次大戦時の哀しい出来事をとりまぜたドラマでした。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/24 19:59
『ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト』:一見の価値があるアパルトヘイトを扱った映画 @DVD
『ヒラリー・スワンク IN  レッド・ダスト』:一見の価値があるアパルトヘイトを扱った映画 @DVD 『白く渇いた季節』『マンデラ 自由への長い道』と南アフリカのアパルトヘイトを扱った映画を観てきて、辿り着いたのがこの映画『ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト』。 2004年製作で、監督はトム・フーパー。 『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』の監督、彼の劇場映画第1作がこの映画。 さすがに真面目な監督なので、かなり手堅い演出で魅せていきます。 さて、映画。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/18 23:43
『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』:なんだか間が抜けたサスペンスだなぁ @DVD・レンタル
『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』:なんだか間が抜けたサスペンスだなぁ @DVD・レンタル 新作・準新作4枚1,080円の1枚としてレンタルした『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』。 ほとんど何の前知識もなく、ジャケットをみただけで勘でのチョイス。 調べてみると、おっと、ブライアン・デ・パルマ監督の『パッション』のオリジナル映画ではありますまいか。 『パッション』も7月にはリリースされるので、これはグッド・タイミングでした。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/23 22:30
『君がくれた翼』:オランダ、緑まぶしい田舎町での少年の成長譚 @フィルムセンター EUフィルムデイズ
『君がくれた翼』:オランダ、緑まぶしい田舎町での少年の成長譚 @フィルムセンター EUフィルムデイズ フィルムセンターの企画「EUフィルムデイズ2014」で、2012年のオランダ映画『君がくれた翼』を鑑賞しました。 映画は・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/23 22:28
『ケルトゥ/愛は盲目』:一般公開してほしいエストニアの佳作 @フィルムセンター EUフィルムデイズ
『ケルトゥ/愛は盲目』:一般公開してほしいエストニアの佳作 @フィルムセンター EUフィルムデイズ フィルムセンターの企画「EUフィルムデイズ2014」で、2013年のエストニア映画『ケルトゥ/愛は盲目』を鑑賞しました。 映画は・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/12 00:19
『オールディーズ・バット・ゴールディーズ -いま輝いて-』@フィルムセンター EUフィルムデイズ
『オールディーズ・バット・ゴールディーズ -いま輝いて-』@フィルムセンター EUフィルムデイズ フィルムセンターの企画「EUフィルムデイズ2014」で、2012年のチェコ映画『オールディーズ・バット・ゴールディーズ いま輝いて』を鑑賞しました。 映画は・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 22:51
『デュカリオン』:現代まで生き延びたフランケンシュタイン @DVD・レンタル
『デュカリオン』:現代まで生き延びたフランケンシュタイン @DVD・レンタル ディーン・クーンツの小説『フランケンシュタイン』シリーズの2004年度映画化『デュカリオン』。 近所のショップにあることを発見したので、レンタルして鑑賞しました。 「映画化」と書きましたが正しくは違って、まずはフランケンシュタイン博士と怪物の現代版をやろうと考えたクーンツがテレビシリーズ化を考えて脚本を書いたパイロット版にあたります。 クーンツが書いた脚本にかなり手を入れられてしまったこの映像化作品が気に入らなくて執筆をしたのが、小説『フランケンシュタイン』シリーズ。 (経緯は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/17 10:27
『ウエディング宣言』:結婚前の嫁姑合戦コメディ @DVD・レンタル
『ウエディング宣言』:結婚前の嫁姑合戦コメディ @DVD・レンタル 久しぶりに劇場未公開のコメディ映画をDVD鑑賞です。 映画は2005年製作の『ウエディング宣言』。 結婚前の嫁姑合戦を描いたコメディです。 嫁はジェニファー・ロペス、姑はジェーン・フォンダ。 ジェーン・フォンダは、1989年製作の『アイリスへの手紙』以来15年ぶりの劇映画の出演です。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/17 10:24
『地獄の逃避行』:米国西部の風景が美しい伝説の映画 @DVD・廉価購入
『地獄の逃避行』:米国西部の風景が美しい伝説の映画 @DVD・廉価購入 先日、劇場鑑賞した『セインツ 約束の果て』のレビューの際に、『ボウイ&キーチ』とあわせて引き合いに出したテレンス・マリック監督の1973年製作のデビュー作『地獄の逃避行』をDVDで鑑賞しました。 1958年に米国で起こった事件をもとにした映画で、マーティン・シーン、シシー・スペイセク、ウォーレン・オーツが出演しています。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/08 23:38
『ブリムストン&トリークル』:ブラックなフェアリーテイル @DVD・中古購入
『ブリムストン&トリークル』:ブラックなフェアリーテイル @DVD・中古購入 ミュージシャンのスティングが主演した1982年製作の劇場未公開作品『ブリムストン&トリークル』、以前、中古DVDを購入していたものを鑑賞しました。 一風変わったスリラーで、85分の小品ですが、スティング以外の出演者はデンホルム・エリオット、ジョーン・プロウライト(ローレンス・オリヴィエ夫人)、スザンナ・ハミルトンと芸達者ぞろい。 さて、映画。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/27 10:37
『国際諜報員ハリー・パーマー 三重取引』:ハリー・パーマー、復活しないほうがよかったのでは @DVD
『国際諜報員ハリー・パーマー 三重取引』:ハリー・パーマー、復活しないほうがよかったのでは @DVD 1960年代にマイケル・ケイン主演で3本作られたスパイもの「ハリー・パーマー」シリーズが1990年に入って復活。 オリジナルは観ていないんだけれど、中古DVDが安価で並んでいたので、購入してみました。 さてさて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/27 10:03
『サンタ・バディーズ』:最後はやっぱり犬ぞりだぁ @DVD・中古購入
『サンタ・バディーズ』:最後はやっぱり犬ぞりだぁ @DVD・中古購入 5匹のゴールデンレトリーバーの子犬たちが活躍するディズニーのバディーズ・シリーズ、その第二弾(か第三弾)『サンタ・バディーズ』をDVDで鑑賞しました。 第一弾の『スノー・バディーズ』はそこそこ面白かったです。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/14 22:17
『スノー・バディーズ』:ちび犬の犬ぞりレースに燃える @DVD・中古購入
『スノー・バディーズ』:ちび犬の犬ぞりレースに燃える  @DVD・中古購入 5匹のゴールデンレトリーバーの子犬たちが活躍するディズニーのバディーズ・シリーズの第一弾『スノー・バディーズ』、DVDで鑑賞しました。 副題に「小さな5匹の大冒険」と付いているのですが、他のシリーズ作品にも同じ副題が付いているので、これって意味あるのかしらん。 それはさておき、映画のこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/09 21:31
『トリック・オブ・ザ・アイ』:心理的サスペンスが見どころのテレビムーヴィ @DVD・中古購入
日曜の夕方、ぽっかり時間が空いたので、過去買い置きのDVDでも鑑賞するかと。 観ることにしたのは、メグ・ティリー、エレン・バースティン主演の『トリック・オブ・ザ・アイ』。 1994年製作のテレビムーヴィ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/11 22:42
『ジグソーマン』:テレンス・ヤング監督の寂しい出来の遺作 @DVD・中古購入
『007 ドクター・ノオ』『007 ロシアより愛をこめて』の名匠テレンス・ヤングの遺作『ジグソーマン』、DVDで鑑賞しました。 主演はマイケル・ケイン、共演にローレンス・オリヴィエ、スーザン・ジョージ、マイケル・パウエル、チャールズ・グレイとなかなか豪華な顔ぶれ。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/02 11:13
『地球最後の男』:当時の時代を色濃く反映した原典的映画 @DVD・中古購入
リチャード・マシスンの小説『地球最後の男』の1964年の第1回目の映画化作品。 主演はヴィンセント・プライス。 ジャケットに「ゾンビ映画の原点」と謳われるとおり、この作品の甦る死体・吸血鬼の描き方が、後のジョージ・A・ロメロ監督『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』に受け継がれていきます。 また、同じ原作をもとにチャールトン・ヘストン主演『地球最後の男 オメガマン』、ウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』とリメイクされています。 さて、映画。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/26 09:40
『Let'sチェックイン!』:オランウータン大暴れのドタバタコメディ @DVD・中古購入
『だれもがクジラを愛してる。』『そんな彼なら捨てちゃえば?』のケン・クワピス監督の1995年劇場未公開作品『Let'sチェックイン!』、休日の昼間にDVDで鑑賞しました。 まぁ、ことしはホラーづいているので、逆に笑えそうな作品として、この作品を選んだのですが・・・ うーむ、ちょっとドタバタが過ぎるようで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/19 00:43
『ノーラヴ・ノーライフ』:ハートウォーミングなクリスマスムーヴィ @DVD・中古購入
ここ2作ホラー系の映画が続いたので気分転換にハートウォーミングな映画でも、と思って選んだのがコレ。 中古を廉価で購入していた『ノーラヴ・ノーライフ』。 主演は懐かしや、ロブ・ロウ。共演のクリストファー・ロイドも懐かしい。 2006年の作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/11 11:53
『スネーク 猛毒の大群』:定石どおりの展開のテレビムーヴィ @DVD・中古購入
2014年巳年もあと少しでおしまい。 ではでは、ということで、蛇が登場する映画はないかぁ、と見まわしたところ・・・ あったぁ、その名もずばり『スネーク』。 猛毒の大群とサブタイトルがついているので動物パニック映画。 脚本がジョン・カーペンター、ホントか?的な1999年製作の怪しい作品。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/31 00:43
『ティモシーの小さな奇跡』:定番だけれどハートウォーミング @DVD・レンタル
ディズニーの劇場未公開2012年作品『ティモシーの小さな奇跡』をDVDで鑑賞しました。 原題は「THE ODD LIFE OF TIMOTHY GREEN」、「ティモシー・グリーンの風変わりな一生」とでもいうべきか。 ブラッド・ピット主演の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を思い出すようなタイトルですが、あれほどご大層なハナシではありません。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/11 23:01
『グロムバーグ家の人々』:スパイスがちょっと足りないファミリー映画 @DVD・中古購入
マイケル・ダグラスがダグラス一家を総出演させてプロデュースしたヒューマンドラマ『グロムバーグ家の人々』をDVDで鑑賞しました。 2003年度製作の劇場未公開作で、原題は「IT RUNS IN THE FAMILY」、「家族の絆」とでも訳せばよいでしょうか。 監督はフレッド・スケピシ。オーストラリア出身で『プレンティ』『愛しのロクサーヌ』あたりで名を馳せたひと。 ダグラス一家というからに、父カーク・ダグラスを筆頭に、母親と息子も、同じ続柄で出演しています。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/19 01:49
『背徳の罠 死者のメッセージ』:ミステリーとしては尻すぼみ、ドラマとしても? @DVD・中古購入
トミー・リー・ジョーンズが若き神父に扮した『背徳の罠 死者のメッセージ』、またも悪い癖で、見慣れぬタイトルのDVDが廉価販売の棚にあったのを、ふらふらぁっと購入してしまいました。 原題は「BROKEN VOWS」、破られた誓い。 1989年製作のテレビムーヴィでした。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/06 22:54
『ラブ・トライアングル』:男ひとりと女ふたりの微妙な関係 @DVD・レンタル
エミリー・ブラント主演、リン・シェルトン監督の2011年度製作の劇場未公開映画『ラブ・トライアングル』、DVDで鑑賞です。 原題は「YOUR SISTER'S SISTER」、きみの妹の姉さん。 ん? つまり、男性が女性と話していて、自分の相手の関係を指して、こう表現している。 ふたりの関係は微妙で、ちょっと繊細なわけで。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/05 19:28
『ロニーとジュリー』:こんな映画、誰も知らないだろうなぁ @DVD・中古購入
見慣れないタイトルが廉価販売の棚に並んでいたので、もの珍しさから購入。 しばらく自宅のDVD群に埋もれていましたが、この度、鑑賞。 タイトルは、『ロニーとジュリー』。 ジャケットの謳い文句は「シェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』を現代に置き換えた、氷上のラブロマンス。 1997年製作のテリー・ガー、ジョシュア・ジャクソン主演、フィリップ・スピンク監督作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/05 10:27
『カルタヘナ 陽だまりの絆』:いいハナシだけど書き込み不足が目立つなぁ @DVD・レンタル
私生活でもパートナーのソフィー・マルソーとクリストフ・ランベール(クリストファー・ランバート)が共演した『カルタヘナ 陽だまりの絆』をDVDで鑑賞しました。 今年2013年6月にDVDリリースされた劇場未公開作です。 さて、映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/23 17:37
『ランニング・フリー アフリカの風になる』:馬の視点で語られる馬の映画 @DVD・アウトレット
第一次世界大戦前後のアフリカを舞台に、『コーカサスの虜』『モンゴル』のセルゲイ・ボドロフが監督した『ランニング・フリー』。 馬の視点で語られる馬の映画で、とにかく映像がダイナミックで美しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/24 23:30
『人生はノー・リターン』:親の子離れ・息子の親離れ、どちらもしてないけどね @DVD・レンタル
バーブラ・ストライサンドとセス・ローゲンが競演した『人生はノー・リターン』、副題についている「僕とオカン、涙の3000マイル」っていうのは、余計じゃないかなぁ。 それはさておき、監督は『幸せになるための27のドレス』『あなたは私の婿になる』のアン・フレッチャー。 この監督、意外といいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/30 18:30
『グリズリー・フォールズ 親子熊物語』:スチュワート・ラフィル監督って知ってる? @DVD・廉価版
廉価版DVDで発売されていた『グリズリー・フォールズ』、中古で見つけたので何となく購入。 動機は・・・ 監督がスチュワート・ラフィル。 おぉ、懐かしい。 1970年代〜80年代にかけて、『アドベンチャー・ファミリー』『ロッキーを超えて』『サバイバル・ファミリー』などのネイチャーアドベンチャー映画が得意な監督でした。 その後、『フィラデルフィア・エクスペリメント』や『スペース・パイレーツ』などのB級SF映画を手掛けていましたが、それからほとんど名前を聞かなかった、です。 さて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/15 00:45
『アウェイクニング』:雰囲気を醸し出した佳作のゴシックホラー @DVD・レンタル
1920年代イギリスの寄宿学校を舞台にした劇場未公開のゴシックホラーの『アウェイクニング』。 なかなか雰囲気のあるホラー映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/23 14:33
『マーゴット・ウェディング』: 自分本位なひとびとにウンザリ @DVD
『マーゴット・ウェディング』は、ニコール・キッドマン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジャック・ブラックが共演した2007年度製作の劇場未公開作。 アウトレットで格安価格で購入しての鑑賞です。 監督が『イカとクジラ』(未見ですが)のノア・バームバックということで、ちょっとイヤな予感はしたのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/16 10:51
『君のいないサマーデイズ』: 迷子の迷子のおとなたち(フランス編) @DVD・レンタル
2010年本国フランスでナンバーワンのヒットを飛ばした『君のいないサマーデイズ』。 原題の「LES PETITS MOUCHOIRS」は、「小さなハンカチたち」。 さまざまな登場人物をハンカチに喩えたものだろう。 とにかく、俳優陣がすごい。 ひとえに、監督のギョーム・カネのつながり力だろう(彼も同年代の俳優なので)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/09 10:04
『トースト 幸せになるためのレシピ』: 英国式家庭と料理、じっくりと描いた秀作 @DVD・レンタル
『トースト 幸せになるためのレシピ』: 英国式家庭と料理、じっくりと描いた秀作 @DVD・レンタル ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/19 08:30
『エバン・オールマイティ』: 神さまは「きっかけ」を与えてくれる @DVD・レンタル
2013年、DVD鑑賞1本目は、スティーヴ・カレル主演の『エバン・オールマイティ』。 ジム・キャリー主演の『ブルース・オールマイティ』の兄弟編のようです(これは未見)。 劇場公開の寸前までいって、各種映画雑誌などでも紹介されていたのですが、やはり、主演がスティーヴ・カレルで、神さまに「おまえはノアになって、箱舟をつくるのだ」というハナシは、日本では受けないと判断され、DVDスルーとなったもようです。 さて、映画・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/13 10:20
『ラブ&マネー』: キャサリン・ハイグルの魅力でもっているような @レンタルDVD
『幸せになるための27のドレス』以降、ハズレなし(といってもDVDでしか観ていませんが)のキャサリン・ハイグル主演の未公開映画。 生活苦からバウンティ・ハンターになった女性のハナシ、というのが興味津々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/30 23:12
『ラブ・アゲイン』: 2012年のベストアンサンブル映画かも @レンタルDVD
主演はスティーヴ・カレル。 あぁ、もうそれだけで、日本では劇場公開されない。 原題も「CRAZY, STUPID, LOVE.」、狂おしく、間抜けで、でも愛してる、だなんて。 もう、どんな映画なんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/30 22:49
『フランス、幸せのメソッド』: クラピッシュ監督の「富める者、貧しい者」 @レンタルDVD
『家族の気分』など、ロードショウならシャンテシネが定番のセドリック・クラピッシュ監督の新作。 DVDスルーでの登場です。 若き大物マネートレーダー(といっても30台半ばですが)のバツイチ子供あり男性のもとに、家政婦として務めはじめた40代バツイチ子供3人の女性。 二人の価値観は異なるも、いつしか、リッチマンの男性は、彼女のことが気にかかかり・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/01 23:18
『ジャックとジル』: いい気になるな、という意味のラジー賞か @レンタルDVD
2012年のラジー賞独占のアダム・サンドラー主演の『ジャックとジル』。 才能も賞賛も家族もなんでも持ってる兄と、病気の母親しか持たないお騒がせの双子の妹。 コンセプトだけみれば、いいハナシ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/16 23:04
『セクレタリアト/奇跡のサラブレッド』: ぶっちぎりの三冠馬、その秘話 @レンタルDVD
セクレタリアト、ときいて、おぉアメリカ競馬の三冠馬ではありますまいか、というひとは競馬好きです。 かくいうりゃんひさも、おぉ、と思いましたが、これほどまでにぶっちぎりとは思わなかったです。 日本競馬界で比べるならば、オグリキャップと並ぶぐらいの超アイドルホースです。 ストーリーは、というと・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/13 00:55
『ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版>』:ありゃりゃ、もとはテレビだったのね@レンタルDVD
2010年公開のスウェーデン映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』、ハリウッドでリメイクされたのでオリジナル版がDVDで登場。 興味津々での鑑賞です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/26 21:25
『ミート・ザ・ペアレンツ3』: 豪華キャストのお正月向けコメディ@レンタルDVD
愛した女性の父親はベテランCIA諜報員だった・・・で始まった『ミート・ザ・ペアレンツ』。 シリーズ第3弾はDVDスルー。 こんな豪華キャストでも劇場公開されないのは、よっぽどアメリカン・コメディが受けないのでしょうね。 とはいえ、家庭のリヴィングルームで観るには、この手の肩の凝らないコメディが最適。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/28 11:06
『森の女王〜イチジクの木の物語』 @世界自然・野生生物映像祭in東京
渋谷に映画を観に出かけるついでに、無料で観れるということなので、世界自然・野生生物映像祭へ。 60分前後の作品を2日間で13本の作品を上映していましたが、観たのはこの1本だけ。 ですが、なかなか素晴らしい作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/10 11:52
『100万回のウィンク』:ヘンなひとたちが多数登場するヘンなラブコメ @中古VHS
『2番目のキス』『50回目のファースト・キス』『25年目のキス』と、やたらとキスの多いドリュー・バリモア。 ウィンクは、これが始めて? とはいえ、100万回は多すぎ。 パチパチぱちぱち、両目でやっちゃうと、石原慎太郎都知事になっちゃうねぇ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/26 23:00
『ダブルトラップ 白い肌の迷宮』: ちょっと見所ありのサスペンス @中古DVD
『愛は静けさの中に』でアカデミー主演女優賞を受賞したマーリー・マトリンがベテラン監督シドニー・J・フューリーと組んだ1998年製作のサスペンス映画。 画面サイズから判断すると、カナダ製のテレビムービーのようです。 さて物語・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/18 22:17
『奥さまは名探偵 〜パディントン発4時50分〜』:仏流クリスティ第2弾 @レンタルDVD
2011年ゴールデンウィーク、立ち寄った大手レンタルDVD店で新作リリースを発見。 おお、これはパスカル・トマ監督、カトリーヌ・フロ、アンドレ・デュソリエ主演、アガサ・クリスティのトミーとタペンスもの第2弾ではありますまいか。 前作の「親指のうずき」を映画化した『奥さまは名探偵』はフランスでは大ヒットだったとのこと。 むふふ、柳の下の泥鰌はいかがなものかしらん。 とはえいえ、『パディントン発4時50分』は、ミス・マープルものだったはず。 まぁ、トミーとタペンスに置き換えは可能な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/07 23:59
『シャレード』:2002年のリメイク版 @中古DVD
ケイリー・グラント、オードリー・ヘップバーン、スタンリー・ドーネン監督の『シャレード』が、マーク・ウォールバーグ、タンディ・ニュートン、ショナサン・デミ監督でリメイクです。 旧作の『シャレード』ではヘンリー・マンシーニの音楽とオシャレなタイトルデザインが印象深いです。 さて、2002年のリメイクでは・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/23 12:40
『フェイクディール/偽札』:アメリカの薄ら寂しい習俗もの @中古DVD
ビル・パクストン、マーク・ウォールバーグが主演し、『許されざる者』などクリント・イーストウッド作品の撮影監督を務めたジャック・N・グリーンの監督作品。 物語は・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/23 12:05
『モッド・スクワッド』:出だし快調、徐々に尻すぼみなB級アクション @中古DVD
しばしば通っている中古BOOK店が道路拡張工事の影響で閉店することになり、閉店セールをやっていました。 500円以下のソフトは半額、105円の本は50円と格安でしたので、幾許(いくばく)か単行本やDVDを購入しました。 これもそのうちのひとつ。 『ロミオ+ジュリエット』で注目されたクレア・デインズを中心に据え、オマー・エップス、ジョヴァンニ・リビシの三人の不良少年少女の非正規警察隊の活躍を描くB級アクション映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/07 10:25
『名探偵シャーロック・ホームズ 六つのナポレオン』 @中古DVD BOOK
しばしば通っている中古BOOK店が道路拡張工事の影響で閉店することになり、閉店セールをやっていました。 500円以下のソフトは半額、105円の本は50円と格安でしたので、幾許(いくばく)か単行本やDVDを購入しました。 これはそのうちのひとつ。 宝島社発行の「名作クラッシックノベル&シネマ 名探偵シャーロック・ホームズ DVD BOOK」です。 付録のDVDを鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/07 09:55
『フランケンシュタインの館』:まぁ、ココまで来ると・・・ @中古DVD
ユニバーサル映画『フランケンシュタイン』もののシリーズの一編です。 購入した中古DVD-BOXでは直前の作品(フランケンシュタインのモンスターと狼男が共演するもの)が収録されていなかったので、1作飛んでの観賞となりました。 (狼男と共演する作品は『狼男』シリーズのDVD-BOXに収録されています)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/02 23:17
『ウルトラ I LOVE YOU !』:がんばれ! サンドラ・ブロック @レンタルDVD
サンドラ・ブロックがラジー賞主演女優賞を受賞した『ウルトラ I Love You !』、レンタルDVDで鑑賞しました。 へへへ、結構、面白いです。 ラジー賞受賞は、まぁ、いい歳して、こんな猪突猛進熱烈娘を演じるな、ってことなんでしょうけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/21 00:56
『ミス・マープル/寄宿舎の殺人』:マーガレット・ラザフォード主演の第2弾 @レンタルDVD
ブルドッグ顔のマーガレット・ラザフォードがミス・マープルに扮した映画版第2弾です。 ミス・マープルものなのに、原作は「葬儀を終えて」。 ありゃ、これってポワロものではありますまいか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/01 00:02
『LUCK ラック』:サラ・ポーリー出演の一風変わった青春映画 @中古DVD
アトム・エゴヤンが製作総指揮、サラ・ポーリー出演の2003年度カナダ製の青春映画です。 中古DVDを激安で購入(あまりの安さに衝動買い)しておいたものです。 主演は、ルーク・カービー扮するギャンブル狂の青年。 サラ・ポーリーは、青年が想いを寄せる少女で、出番は少ないです。 さて、映画は、というと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/24 15:10
『トリプルX ネクスト・レベル』:ヴィン・ディーゼル→アイス・キューブの続編 @DVD
これもまた、出張先DVD鑑賞です。 ヴィン・ディーゼル主演で、ちょいと目新しい感じのスパイ映画『トリプルX』の続編です。 ヴィン・ディーゼルのトリプルXがサーフィン、スキーも得意、って設定だったので、生身のスタント・アクション中心で、水準以上の出来だった前作。 残念ながら、出来落ちは否めないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/20 00:48
『インビンシブル』:ははは、久々に観た東洋趣味なアクション映画 @DVD
またしても、出張先DVD鑑賞です。 『インビンシブル』って何? 『インビジブル』なら、ポール・ヴァーホーヴェン監督の透明人間映画だけれど。 「無敵の」って、意味だそうです。なるほど。 製作にメル・ギブソンとジェット・リーが名を連ねているテレビムービーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/20 00:31
『ミス・マープル 夜行特急の殺人』:60年代に連続映画化された1本 @レンタルDVD
しつこくアガサ・クリスティ原作の映画化をDVDで鑑賞です。 今回は、マーガレット・ラザフォードがミス・マープルに扮して映画化されたシリーズの第1弾です。 レンタル店の棚に並んでいるを見つけて、「どうみても、マープルに見えないなぁ」と思っていました。 さて、映画は、というと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 11:15
『エンドレスナイト』:ドラマ重視のアガサ・クリスティ原作もの @レンタルDVD
またまたアガサ・クリスティ原作の映画化をDVDで鑑賞です。 原作は「終わりなき夜に生まれつく」。 意味がいまひとつ判らないが、詩の一節から取られたタイトルです。 「終わりなき夜」=『エンドレスナイト』ですね。 残念ながら、原作は未読ですが、クリスティ自身が自選のベストテンに選出していた、と記憶しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/06 10:43
『ベイビーママ』:これも拾い物、女性のコメディ @レンタルDVD
『マンマ・ミーア』のDVDに予告編が入っており、それを観た妻が「おもしろそう」といったので、レンタルした次第。 これも意外と拾い物でした。 30代後半のキャリアウーマン、ティナ・フェイ。 彼氏はいないが子供は欲しい。 不妊治療の結果、どうも、子宮に難あり。 思い切っての求む代理母。 やってきたのが、ちょっと性格破綻気味なエイミー・ポーラー。 この代理母計画、上手くいくのか・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/13 23:10
『デンジャラスな妻たち』:拾い物のクライムコメディ @レンタルDVD
クイーン・ラティファの映画には拾い物が多い。 この映画もそんな一本。 日本タイトルの『デンジャラスな妻たち』、って、あんまり相応しいタイトルではないみたい。 原題は「MAD MOMEY」。 アメリカ連邦銀行にバイトで勤めるダイアン・キートン、クイーン・ラティファ、ケイティ・ホームズの三人組がまんまとお金をせしめちゃう。 そこに女ならではの見得や対立や友情を上手く絡めてのコメディ物語。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/13 22:51
『ラスト・ホリディ』:クィーン・ラティファ主演、未公開の秀作コメディ @レンタルDVD
公開中の『千年の祈り』のウェイン・ワン監督が、クイーン・ラティファと組んだコメディ映画をDVDで鑑賞しました。 『スモーク』の・・・という枕詞が付くウェイン・ワン監督、近年どんな映画を撮っているのかしらん?と気になって調べたところ、この映画に遭遇しました。 ストーリーは、というと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/11/22 11:29
『ハッピー・ロブスター』:ドリス・デイ、ジャック・レモン主演の1959年作品 @購入DVD
ドリス・デイ、ジャック・レモン主演、リチャード・クワイン監督の1959年作品です。 数年前、DVDショップの在庫整理品としてワゴンセールされていたものを今頃になって鑑賞しました。 なにしろ、ドリス・デイとジャック・レモン主演なのに聞いたことがないタイトルだったので、「未公開作品か? こりゃ何じゃいな」って感じの衝動買いでした。 さて、映画は、というと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/07 17:25
『ライフポッド』:ヒッチコックの『救命艇』を宇宙を舞台に置き換えリメイク@DVD
ヒッチコックの『救命艇』を宇宙を舞台に置き換えリメイクしたテレビムービーです。 監督はロン・シルヴァー。 先頃、食道癌のために他界しましたが、脇役での活躍が目立つ役者でした。 本作品は廉価版DVDを購入しておいたもので鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/04 00:14
『トルネード 地球崩壊のサイン』:オーソドックスのB級パニック映画、そこそこ見応えあり@地上波TV
スタッフ、キャストから推し量るとyahoo!映画では『トルネード 〜巨大竜巻発生〜』とサブタイトルが付けられた映画と同じ模様。 でも、DVDは2枚組み、上映時間が180分。 ありゃりゃりゃ、ドイツ製のテレビ映画かしらん? むむむ、よく判らん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/08 22:08
『ワイズ・ガールズ』:人情物+サスペンス、消化不良かな@オンライン試写
『誘惑のアフロディーテ』でアカデミー助演女優賞受賞のミラ・ソルヴィーノ主演の劇場未公開映画。 久し振りのオンライン試写で鑑賞しました。 さて・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/15 03:00
『フォース・エンジェル』:アカデミー賞俳優共演のアクションなれど・・・
ジェレミー・アイアンズ主演、フォレスト・ウィッテカー、シャーロット・ランプリング共演の日本未公開のアクション映画。 書店にて廉価でDVDが販売されていましたので、豪華出演陣と『戦争の犬たち』『チャンピオンズ』『ハンバーガー・ヒル』の手堅いジョン・アービンが監督をしているので、フラフラと誘惑に負けて買ってしまいました。 タイトルは「第四の天使」の意味。 ハイジャックで妻と娘を殺されたジャーナリストが復讐に立ち向かうというストーリー。 「第四の天使」は「復讐の天使」であることがラスト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/11 22:49
『処刑ハンター』:1993年の観たログメモ(4):ディーン・R・クーンツ原作
yahoo!ムービー観たログに登録できなかった映画のメモを引き続き掲載します。 スティーヴン・キングが続いたので、キングといえば、やっぱりこの人、ディーン・R・クーンツ原作の映像化作品です。 オリジナルは『マンハッタン魔の北壁』。 元登山家がマンハッタンの超高層ビルの殺人事件に巻き込まれて、魔の手から逃れるために外壁にぶらさがり・・・という変格サスペンスもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/20 23:44
1992年の観たログメモ(6):『トビー・フーパー ドレス』@VIDEO
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 最後の6本目は『トビー・フーパー ドレス』。 残念ながら殆んど覚えていないので、例によってallcinemaを参考に・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 23:07
1992年の観たログメモ(5):『SFXハードボイルド ラブクラフト』@VIDEO:驚き満載
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 5本目は『SFXハードボイルド ラブクラフト』。 おっと、これは朧げに覚えていますよ。フレッド・ウォード主演のハードボイルド探偵物にH・P・ラヴクラフトのホラー物を組み合わせた異色作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 00:52
1992年の観たログメモ(4):『タフガイは踊らない』@VIDEO
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 4本目は『タフガイは踊らない』。 原作者のノーマン・メイラーが監督・脚本を務めた1987年製作のクライムムービーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 00:27
1992年の観たログメモ(3):『スラッガーズ・ワイフ』@VIDEO
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 3本目は『スラッガーズ・ワイフ』、ニール・サイモン脚本、ハル・アシュビー監督の1985年作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/07 00:16
1992年の観たログメモ(2):『ウィスパーズ』@VIDEO
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 2本目は『ウィスパーズ』、当時日本でも次々と翻訳作品が文庫で出版されたモダンホラー(もう死語かしらん)の巨匠ディーン・R・クーンツ原作の映画化。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 23:57
1992年の観たログメモ(1):『フランケンシュタイン 禁断の時空』@VIDEO
1992年〜1993年にヴィデオも含めて鑑賞したリストが出てきたので、yahoo!ムービーの観たログに追加しましたが、yahoo!ムービーに作品登録されていない作品がいくつかあったので、折を見て、ここにメモしておきます。 1本目は『フランケンシュタイン 禁断の時空』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 23:25
『8月のランチ』:老婆に翻弄されるもまた楽しからずや@東京国際映画祭
東京国際映画祭最終日のコンペティションで鑑賞しました。 岸部一徳似の中年無職男性ジャンニ・ディ・グレゴリオ(監督兼任)が、ひょんなことからアパート管理組合長の老母と伯母を1日だけ預かることになります。 彼には年老いた母親がいて、そのうちに、かかりつけ医の老母もあわせて預かることに・・・ そんな彼の孤軍奮闘振りと、老婆4人のやり取りが魅力的な愛すべき小品として仕上がっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/26 23:52
『悪魔の毒々パーティ』:これはホントにトホホな出来。
GAGAのG-COREレーベルの最新作(早くも14弾!って前回が11弾だったので間に2作品あるのね)を毎月恒例のオンライン試写で観ました。 またまた、ゾンビものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/28 22:50
『悪魔の毒々バーガー 〜添加物100%〜』:毒々ですよ。当然ズンダラんなコメディホラーですよ。
GAGAのG-COREレーベルの最新作(早くも11弾!って前回も11弾だったぞ)を毎月恒例のオンライン試写で観ました。 またまた、ビリー・ゼインが主演です。 もう、G-CORE役者といっても過言ではない。 さてストーリーは(と毎度オンライン試写会から転用です)、 ------ 怪しげな液体を混ぜた餌を肉牛に与えながら飼育している農場があった。 そこで働く男は、その牛をひき肉にして生計をたてている。 その男からひき肉を仕入れた人気ファーストフード店の店長アレンとスティービーは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/06 00:26
『彼女のアリバイ』『バクステール』:これもまたyahooムービーにない映画
1990-1991の鑑賞メモに基づきyahooムービー「みたログ」登録作業中に、登録できなかったで、メモ代わりにココに記しておきます。 (『パラドールにかかる月』『計画性のない犯罪』に引き続きです) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/30 01:35
『パラドールにかかる月』『計画性のない犯罪』:yahooムービーにない作品
最近、部屋を整理していたらかつての1990-1991の鑑賞メモが見つかったので、yahooムービーの「みたログ」にとりあえず登録しておこうとしたところ、2本の作品そのものがyahooムービーに登録されていなかったので、メモ代わりにココに記しておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/25 22:56
『ルルの冒険 〜黄金の魂〜』:意外に拾いもののファンタジー:オンライン試写にて
GAGAのG-COREレーベルの最新作(早くも11弾だとか)を毎月恒例のオンライン試写で観ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/15 23:53
『クラーケンフィールド/HAKAISHIN』:毎月恒例オンライン試写にて
GAGAのG-COREレーベルの最新作を毎月恒例のオンライン試写で観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/29 21:29
『AVA エイリアン vs. エイリアン/ジャッジメント・デイ』:オンライン試写にて
GAGAの新レーベル「G-CORE」の第9弾を毎月恒例のオンライン試写で観ました。 マーク・ダカスコス、ビリー・ゼイン主演の『AVA エイリアンVS.エイリアン インベージョン』とのシリーズのようなフレコミだが関係がない独立した作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/03 23:34
『AVA エイリアンVS.エイリアン インベージョン』:AVAって何?:オンライン試写にて
GAGAの新レーベル「G-CORE」の第5弾をオンライン試写で観ました(いやぁ、毎月観てるなぁ)。 今回は、マーク・ダカスコス、ビリー・ゼイン(『メモリー』に引き続き出演です)と微妙な布陣です。 タイトルはの"AVA"はALIEN vs. ALIENの頭文字と思しき・・・ABBAなら知ってるけど、うーむ、意味不明で、パッケージタイトルとしても、こんなのでイイんかい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/21 23:50
『メモリー 殺戮のビジョン』:オンライン試写にて
GAGAの新レーベル「G-CORE」の第3弾をオンライン試写で観ました。今回は、ビリー・ゼイン、デニス・ホッパー、アン・マーグレットと豪華な布陣です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 01:59
『恋するレシピ 理想のオトコの作り方』:肩の凝りもほぐれました:DVDにて鑑賞
サラ・ジェシカ・パーカー、マシュー・マコノヒー主演の劇場未公開ラブコメディをDVDで鑑賞しました。原題は"FAILURE TO LAUNCH"。「親離れ失敗」「ひとり立ちが上手くいかない」なんて意味かしらん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/03/19 23:55
『シティ・オブ・ザ・デッド』:オンライン試写にて
GAGAの新レーベル「G-CORE」の第2弾をオンライン試写で観ました。第1弾『ダンジョン&グリフォン』と比べると・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/03 23:48
『Re:DIAL/リダイアル』:オンライン無料配信にて
新ホラークィーン(だそうだ)のモニカ・キーナ扮する彼氏と別れた女子大学院生が、実家に掛けようとした電話は間違い番号で、掛けた先では連続殺人鬼による殺人が行われていた。 その間違い電話からモニカは連続殺人鬼から狙われることになるが・・・という設定は低予算を逆手に取った面白さがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 23:10
『ダンジョン&グリフォン』:オンライン試写で観ました。
GAGAの新レーベル「G-CORE」のレンタル第1弾をオンライン試写で観ました。 さすがに「GAGAの本領は『死霊の盆踊り』や『悪魔の毒毒モンスター』です!」なんて広告をうった作品です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/26 22:29
『プリンセス ダイアナ 〜最後の1年〜 』:無難なTVムービー:オンライン試写にて
オンライン試写での謳い文句は「1997年8月31日。全世界に衝撃が走った訃報“ダイアナ妃、事故死”。ダイアナ妃の最後の1年を完全再現した真実を描くドキュメンタリー」とあったので、ドキュメンタリー作品として期待したが、ソックリさん俳優の無難なTVムービーでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/29 22:58
『ドルフ・ラングレン in ディテンション』:手堅いB級アクション:オンライン放映にて
『ロッキー4』での鮮烈さ以降はB級アクションでそこそこ活躍のドルフ・ラングレンの姿をGyaO on フレッツにて鑑賞しました。 監督が大ベテランのシドニー・J・フューリー(もう70歳を過ぎている!)なので、手堅い演出はそこそこ楽しめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/23 21:51
『レッドデビル KGB vs CIA』:未公開アクションとしてはソコソコ:オンライン放映にて
ロイ・シャイダー、マイケル・パレ、オレッグ・タクタロフ主演のロシアを舞台にしたサスペンスアクション。 冒頭、ロイ・シャイダー率いる国際麻薬組織とオレッグ・タクタロフ率いるKGBが、雪上の列車を舞台に派手な銃撃戦を繰り広げる。 この攻防の中で、オレッグ・タクタロフの妻と娘は組織の罠にハマって殺されてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/15 23:56
『ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き』:ビターな佳作ラブコメ:DVDで鑑賞。
原題は「The Break Up」(「ザ・破局」って感じですか)って正面切ったヴィンス・ヴォーン、ジェニファー・アニストン主演のちょいと(というかかなりというかな)ビターな味のラブコメディです。未公開作品なので日本語吹替DVDでの鑑賞です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 22:26
『ヘルワールド 地獄のスナイパー』クーンツ作品風味のサスペンス・ホラー:オンライン試写にて
可能な限り褒めるとディーン・R・クーンツ風味のサスペンス・ホラーのB級(へ届くかどうか)のスラッシャー・アクション映画です。 DVD発売前のオンライン試写で鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/01 23:29
『案山子男オン・ザ・ビーチ』:オンライン試写会で観ました。
久し振りにC級ホラームービーをオンライン試写で観ました。『案山子男』シリーズ第3作にあたるようです。前作までは未見なので、本作品のみから判る範囲として、 ・案山子男は、そもそも、大学のスポーツクラブのシゴキにより死んだ生徒の霊が乗り移って、案山子が復讐をするものである。 ・案山子は『ハウルの動く城』の出てきたような愛嬌のある姿ではなく、おどろおどろしい着ぐるみ然とした風体である。 ということが前提のようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 23:49

トップへ | みんなの「劇場未公開」ブログ

キネマのマ 〜 りゃんひさ 映画レビューなどなど 劇場未公開のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる