『傷だらけの男たち』:期待が過ぎたか、今回はムード重視映画

画像

香港映画『傷だらけの男たち』の映画レビュー。
レビュータイトルは「期待が過ぎたか、今回はムード重視映画」。

『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ(撮影兼務)、アラン・マック(脚本兼務)の監督コンビの最新作で、トニー・レオン金城武の組合せということで、否が応でも期待した作品だったが、結果としてはギリギリ平均点の出来といったところ。

2003年クリスマスイブのオープニングから、甘いクリスマスソングが流れ、煌(きら)びやかな画面づくりから、「ムード歌謡映画かしらん」などと思ってみていると、容疑者を追い詰めたトニー・レオンが捕縛した容疑者を鈍器で滅多滅多に殴る描写へと突然の転調で「うへへへ・・・」と及び腰になってしまった。

その夜、部下の金城武の恋人は自殺をし、不帰の人となってしまう。

それから、3年後、金城武は警察を辞め、アルコール依存症の探偵となり、トニー・レオンは富豪の一人娘と結婚するが、義父が何者かに惨殺されてしまう。

「何者か」と書いたが、事件の全体像は幾分不明だが、犯人は早々に割れてしまう。

興味の焦点は「Why done it?」。動機が焦点となる。
が、どうも、共感できなくて困ったものだ(映画は、犯人に共感を覚えさせるが如くつくられている)。
また、事件の全体像も、演出でわざと判りづらくしているとしか思えない箇所が多々ある。

本作品同様、ハリウッドでのリメイクが決定した『あるいは裏切りという名の犬』ほど巧妙なプロットでもなく、ムード重視の演出がお涙頂戴的になってしまっており、あまり褒められたものではない。評価としては★★☆(2つ半)といったところか。

それにしても、トニー・レオンが急激に老け込んでおり、一時期の艶っぽさが感じられなかった。
まさか、更年期障害ではありますまいか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

優駿
2007年07月20日 00:32
香港映画が大好きで、広東語が聞こえると懐かしささえ覚える私ですが、
最近の香港映画を見ていて一番ウソくさいと思うのは、その居住環境。
大富豪の娘なら億ションに住んでても不思議はないのですが、ただの刑事や探偵屋が、そんなに良いマンションに住めるものか?
これは前作「インファナル・アフェア」の時も思ったのですが、一昔前の日本のトレンディードラマのようなハイセンスな内装。家具は北欧製?狭い香港でそんなにだだっ広い部屋に住んでるなんて、どんな金持ちなの?

そのクセ今回の「傷だらけの男たち」では、パパが撲殺された部屋でインテリアも変えず、そのまんまの部屋を使ってたのもヘン。
フルーツ・チャン監督作品の香港が好きな私としては、(一般人がそんなにステキな家に住めるワケないでしょ!)といつもツッコミたくなります。

さて、トラックバックやってみますが上手くいくかな・・・?
2007年07月20日 22:36
優駿さん、コメントありがとうございます。
ご指摘のとおり、香港映画の皆さまは結構良い部屋に住んでいることが多いようですね。
周星馳の作品は、汚れた部屋が多いようですが・・・。
台湾の蔡明亮の映画では、狭いダイニングの壁にテーブルをくっつけ、テーブルの上に炊飯器が乗っている様子が度々描かれています(これは我が妻が気づいたのですが・・)
そうそう、そう
2007年07月21日 00:39
ツァイ・ミンリャンはマレーシア出身の台湾映画の人ですよね。『西瓜』見たかったのに、見そびれてます。ドコで見られるかしら・・・

東南アジア圏の映画なら、中流かそれ以下の家の中で(モチロン狭い部屋)食事をするシーンを見るのが好きです。

ジョニー・トー監督作品も、食べるシーンが多いのですが、食べながらも異様な緊迫感に包まれていたりして、目が離せません。(やけにハソな部屋とか出てこないし)

やっぱり香港映画といえば「衣」よりも「住」よりも「食」でしょう。食いしん坊バンザイ!
2007年07月23日 22:00
「そうそう、そう」さん、コメントありがとうございました。アジア圏の映画では、食事シーンにそのお国柄が如実に表れるように思います。同感です。

この記事へのトラックバック

  • 「傷だらけの男たち」は、“やりきれない男たち”の話デシタ

    Excerpt: 登場人物の名前が覚えられず、途中で誰が誰だかワカラなくなった。(キョンという名前が出てくるのに、チャップマン・トゥじゃないし)今回も香港の風景を始め、スタイリッシュな映像は良かったし、トニー・レオンは.. Weblog: 映画日記2005 racked: 2007-07-20 00:43
  • 傷だらけの男たち

    Excerpt:  『傷ついた二人に 愛を呼び戻した、殺人事件。』  コチラの「傷だらけの男たち」は、「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督とトニー・レオン主演のコンビによる7/7公開になったPG-1.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-02-14 19:28
  • 「傷だらけの男たち」

    Excerpt: 傷だらけの男たちエイベックス・マーケティングこのアイテムの詳細を見る 2003年のクリスマス。刑事ポン(金城武)と彼の親友でもある上司ヘイ(トニー・レオン)は、 連続殺人犯をついに逮捕する。だがその夜.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2008-03-02 16:19
  • 『傷だらけの男たち』

    Excerpt: 『インファナル・アフェア』のスタッフによる最新作。 以前は上司と部下の関係にあったベテラン刑事と私立探偵が、刑事の義父にあたる富豪の殺人事件に巻き込まれていく様を描くドラマ。 2時間を切る映画なが.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-11-09 23:22