『ノーカントリー』:フラストレーション溜まる!:Myムービー掲載

画像

ダメだ、コーエン兄弟とは肌が合わない。アカデミー賞を取ろうがどうだろうが、肌が合わないのだからどうしようもない。
(って、昨年度の受賞作でスコシージ監督にも、そんなことを言ってしまったが)

コーエン兄弟のどこが合わないのか。

原題"NO COUNTRY FOR OLD MEN"のOLD MENのひとりをトミー・リー・ジョーンズを指すのは明らかだ。複数形なのは、彼の父や祖父たち、昔気質の男たちだ。

画像


で、タイトルロールの彼が物語に絡んでこない。

麻薬密売に絡む大金をネコババしたジョシュ・ブローリンを、心がないような人非人ハビエル・バルデムが執拗に追い回す。
昔気質の保安官は、もうかつてのアメリカのように我々旧世代が理解できるような世界ではないのだ、として、ブローリンとバルデムの物語を最後まで遠巻きにしているだけだ。

うーむ、テキサスを舞台にして、あたかも西部劇のような体裁なのに、ヒーローは不在だ。

こんな物語を選択したコーエン兄弟は、やはり底意地が悪い。

ブローリンとバルデムの物語は、執拗に執拗に暴力描写が繰り返される。ただし、乾いたタッチで。
このハードボイルド感覚は、さすが!と思う反面、繰り返し繰り返し繰り返されることで、こちらの感覚が麻痺してくる。

画像


画像


そこへもってきて、クライマックス。
運命を待つブローリンの姿からフェードアウトして、物語の結末を一気にジャンプさせる。

ええぇぇぇ、そこんとこジャンプさせちゃうの?
確かに「カッコイイ」演出だけど、もう、個人的にはダメだめダメ。

前半あんなに繰り返し繰り返し繰り返しの暴力描写は、このフェードアウトの布石だなんて、あざとすぎますよぉ。

その後も省略描写を多用して、「そんなことなら、前半、もうちょっと押さえた演出してくれれば良かったのに・・・」なんて思いました。

そして、終盤、やっと、保安官のトミー・リー・ジョーンズが絡んでくるのかと思いきや・・・。

1980年を舞台にして、昔気質の男の西部劇の世界は存在しないんだよ、っていうことは、「21世紀には、誰にも、理解できる国はないんだよ」って言ってることは確かなことだ。

それは判るんだが、底意地の悪いところが、正攻法な画面作りと相まって、今回は非情に非常に非情に疲れました。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id328975/rid156/p1/s0/c1/

↓チラシ画像↓
画像


↓DVDはコチラから↓


↓コーエン兄弟作品ってどうよ↓
 

 

 

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月21日 15:53
どうもでございます。

その、「主人公がいない」ところがこの映画の最大の特色だったように思います。誰にも感情移入できない。トミー・リーもそういう役回りではないわけで。
プロットもインパクトのある登場人物もフェイクに過ぎないのかもしれません。あのオカッパ頭(ではない)の殺人狂はあれだけ連続殺人を繰り返しながら警察が本気で捕まえようとしているとは思えないあたり(日本流に言えば県警本部や公安的存在が逮捕に乗り出しているようですがトミ・ーリーは何故かそういう連中と関わろうとしない)彼の実在性さえあやふやにも思えるのです。
寓話なんでしょうけど、とにかく一筋縄の解釈では済まされない内容であって、こういう作品は筋に翻弄されずに、ただ圧倒されているだけでいいんじゃないでしょうか?(笑)
2008年03月22日 00:01
アール・ケイさん、コメントありがとうございます。
>彼の実在性さえあやふやにも思えるのです。
とは! 寓意性の解釈が高いですねぇ。わたくし的には、翻弄はされなかったと思っていますが、圧倒される前に辟易してしまいました。
バルデムの暴力描写は、最初の地元のトラック運転手の場面だけで充分です。
残りは遠景にするなり、省略するなり、というのが、わたくし的な映画美術と思っております故。
由香
2008年03月22日 22:50
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
りゃんひささんは、コーエン監督とは肌が合わないと思われたようですが、私はそれすら分からずに、ただボーっとして肩透かしを食らった気になりました(汗)
監督の作品をほとんど観たことがないので免疫がなく、普通のサスペンスとしてハビエルの恐ろしさに緊張して見入っていましたので、後半の展開にはただただ戸惑いました。
これは一見さんには不親切な映画かもしれませんね。まるで難解な詩のような映画だと思いました。
2008年03月22日 23:20
YUKAさんへ。TB&コメントありがとうございました。
「難解な詩のような映画」とは言いえて妙です。まさにそんな感じですね。
今回は特にそんな感じです。

この記事へのトラックバック

  • ノーカントリー

    Excerpt:  『純粋な悪にのみこまれる』  コチラの「ノーカントリー」は、コーエン兄弟がメガホンをとった最新バイオレンス映画なのですが、いよいよ本日3/15公開となりましたので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-03-21 06:42
  • 『ノーカントリー』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ノーカントリー」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 コーマック・マッカーシー(「血と暴力の国」)□キャスト ハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-03-22 00:46
  • ノーカントリー: NO COUNTRY FOR OLD MEN

    Excerpt:    第80回アカデミー賞 4部門受賞作品 「ノーカントリー」   今までに観たことがない殺人鬼、ハンニバル・レクター以上に凄い男をハビエル・バルデムが演じています。そしてこの役で彼は.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2008-03-22 01:04
  • ノー・カントリー

    Excerpt:  割引も使わないで映画を観たのは何年ぶりでしょうか。アカデミー賞に敬意を表して、 Weblog: eclipse的な独り言 racked: 2008-03-22 07:01
  • 「ノーカントリー」:富坂上バス停付近の会話

    Excerpt: {/kaeru_en4/}この門をくぐると中央大学の後楽園キャンパスだ。 {/hiyo_en2/}司法試験にたくさん受かっている大学でしょ。 {/kaeru_en4/}ああ、中央大学を「白門」と呼ぶ.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2008-03-22 10:59
  • 人間に未来はあるのか。『ノーカントリー』

    Excerpt: 1980年代のテキサスを舞台に描かれた、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス映画です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2008-03-22 14:02
  • ノーカントリー

    Excerpt: 第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをして.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2008-03-22 22:41
  • 映画「ノーカントリー」(2007年、米)

    Excerpt:      ★★★★☆  1980年代のテキサスを舞台に 不気味な殺人鬼を描いたCoen兄弟監督のサスペンス。 2008年アカデミー賞の 作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞をとった。 原題は「No Co.. Weblog: 富久亭日乗 racked: 2008-03-23 09:51
  • ノーカントリー

    Excerpt: ユーモアを持つ者,持たない者。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2008-03-23 10:40
  • ノーカントリー 2008-12

    Excerpt: 「ノーカントリー」を観てきました~♪ ベトナムの帰還兵ルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、狩の途中死体の山に囲まれたヘロインと200万ドルを発見する。200万ドルをくすねたルウェリンは、.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2008-03-24 07:19
  • コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観た!

    Excerpt: 渋谷の渋東シネタワーで、コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観ました。といっても、コーエン兄弟とは誰のこと?まあ、知らないことはたくさんあるので、別に驚きませんが。実は知人のブログで、彼がこの映画を観た.. Weblog: とんとん・にっき racked: 2008-03-24 23:19
  • 『ノーカントリー』

    Excerpt: コーエン兄弟といえばアメリカ社会の矛盾と闇を時にはコミカルに、時にはシリアスに描く映画監督。第80回アカデミー作品賞受賞作品で一気に知名度の上がったこの映画はコーエン作品の中でも特に演出面において特筆.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2008-03-28 22:34
  • ノーカントリー を観ました。

    Excerpt: さすがコーエン兄弟ですね…。ファーゴ以来のオスカーなんですよね? Weblog: My Favorite Things racked: 2008-03-29 00:36
  • 「 ノーカントリー  / No Country for Old Men (2008) 」

    Excerpt: 【ノーカントリー(2008) 】2008年3月15日(土)公開 .. Weblog: MoonDreamWorks★Fc2 racked: 2008-03-29 21:40
  • 【2008-72】ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN)

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? CALL IT,FRIEND-O 純粋な悪にのみこまれる Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-03-31 00:13
  • 【劇場映画】 ノーカントリー

    Excerpt: ≪ストーリー≫ メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、す.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2008-04-25 20:02
  • 『ノーカントリー』

    Excerpt: アカデミー賞4部門受賞の話題作をやっと鑑賞ー。とにかくハビエル・バルデムのイッちゃった演技は強烈でした。 テキサスの砂漠で狩りをしていたモスは、銃撃戦が行われたと思われる現場を発見。複数の死体が.. Weblog: cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-04-25 23:08
  • 『ノーカントリー 』を観たぞ~!

    Excerpt: 世の中は計算違いで回る。ハンニバル・レクター以来の映画史上最悪の死の運び屋殺し屋アントン・シガーが映画の冒頭からその威力を発揮しておりました。おかし Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2008-05-06 23:15
  • 「ノーカントリー」

    Excerpt: 「ファーゴ」(1996年)や「未来は今」(94年)などの作品で知られる米国のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が2007年にコーマック・マッカシーの小説「血と暴力の国」を映画化したクライム・サスペンス「.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2008-08-22 00:02
  • ★「ノーカントリー」

    Excerpt: 今週の平日休みは、今年のオスカー4冠の話題作。 ■ 作品賞 ■ 助演男優賞 ハビエル・バルデム ■ 監督賞 イーサン・コーエン    ジョエル・コーエン.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2008-09-15 02:01
  • 【映画】ノーカントリー…ホリヤ君の怪演ナイス!

    Excerpt: 一昨日の記事でサブタイトルが上手く思いつかないから{/face_ase2/}と保留した本日の記事ですが…結局こんなのでスイマセン{/dogeza/}(サブタイトルの意味は最後まで読んでいただけると分か.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2008-11-29 20:52
  • 『ノーカントリー』'07・米

    Excerpt: あらすじ狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガー(ハビエル・.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-12-12 07:00