『きみにしか聞こえない』:ユルイ時空を超えたファンタジー:DVDで鑑賞

画像


蘇部健一『六とん2』掲載の「きみがくれたメロディー」の著者解説で時空を超えたロマンスミステリーの傑作として挙げられている乙一の同名小説の映画化です。
蘇部健一っていっても著名でなさそうなので紹介としては不適切かも・・・。
その上、乙一の原作読んでないし・・・。

映画化された作品を観る限り、ありゃりゃりゃな想いがありました。正直なところ。

だって、時空を超えて主役の男女が話すことができる設定の小道具、おもちゃのケータイ電話と壊れたケータイ電話が、途中から「頭の中で聞こえる電話」になっちゃうのだから、それは映画の初めで規定したルールを自らが破っているんじゃないの。
この手の映画では、どのようにして、時空を超えたコミュニケーションが成り立つかが大切なので、安易な設定なのでガックリ。

クライマックスへ至るまでのやり取りも時間差や立場があまり活かされているとも思えず。

蘇部健一の「きみがくれたメロディー」を映画化して欲しいぞ、って思いました。

<追記>
原作は、いったい、どうなんだろうか・・・気になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • きみにしか聞こえない

    Excerpt:  コチラの「きみにしか聞こえない」は、6/16公開になる人気作家・乙一さんの同名短編小説を映画化したハートウォーミングでピュアなラブ・ファンタジーなのですが、久々のオンライン試写会で観ちゃいました.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-04-28 00:53