『王妃の紋章』:晩年の黒澤化するチャン・イーモウ:Myムービー掲載

画像


なかなか上手い日本タイトルだ。中国題名『満城尽帯黄金甲』は「菊花に埋め尽くされた城」とでも訳すのか、また英語タイトルは"CURSE OF THE GOLDEN FLOWER"「菊花の呪い」、菊花を包み隠した『王妃の紋章』は上手いと言える。

さて、映画だが、豪華絢爛の中華コスチューム物で、ストーリーは中国では有名な(ような気がする)復讐譚である。
強大で傲慢な王(チョウ・ユンファ)に対して、隣国から領地惜しさに無理やり娶(めと)られた後妻の王妃(コン・リー)の復讐を基軸に、気弱で国王の器でないといつも及び腰の先妃の息子である皇太子に、強力な第二王子、両親の愛に飢えていると思しき末王子が絡んでくる。

画像


画像


王妃と皇太子とのただならぬ仲、行方知れずの先妃、皇太子が恋する恋人などが絡んでくる様は、シェイクスピア劇のような趣である。

そして、豪華絢爛な美術に衣装、見得切りまくりの大芝居、結構、この手の映画は好きなので、大いに楽しめましたよ。

ただし、シェイクスピア劇のようなストーリー展開、豪華な美術に衣装、さらに大芝居とくれば、晩年の黒澤明監督作品を思い出さないわけにはいかない。
チャン・イーモウ監督、晩年になるには早すぎるのではありますまいか。
それとも、中国で大向こう受けする作品を製作したあとに、過去作品のような地味め作品を作ろうという作戦なのか。
なので、次回作にも期待します。

オープンニングから描かれる時の城内ぶれの一群のカット割など、さすがに、映画的リズムで上手いが、戦闘シーンは意外とCGに頼りすぎでは?
そのほか、豪華絢爛の美術と衣装の割には、フィルムの現像が悪いのか、意外と粒子が粗くて、煌びやかに欠けるのは大きな欠点。

全体評価としては★3つ半です。

<追記>
チョウ・ユンファが千葉真一そっくりなのには驚きました。

画像


↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id327033/rid100/p1/s0/c1/

↓チラシ画像↓
画像


↓DVDはこちらから↓


↓チャン・イーモウ監督DVD↓
 

 

 

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

優駿
2008年04月16日 12:44
>なかなか上手い日本タイトルだ
同感です。

エンタータイメント映画は好きなので、楽しめました。
豪奢で壮大な昼メロみたい。

不満なのは、
貫禄の王&王妃に比べ、息子たちが貧弱すぎたこと。
特に第2王子は、もっと魅力的な“俳優”を使って欲しかったデス。
ぷちてん
2008年04月19日 09:08
TB、ありがとうございます^^)

チョウ・ユンファは、千葉真一にそっくりでしたよね~~!
パイレーツのときは、髪形が違うせいかまったく気がつきませんでしたが。

あ、今は千葉真一さんは改名してしまったのですよね(笑)なんという名前になったか、忘れちゃいましたけど^^;)

映画は豪華でどろどろで、面白かったです♪
監督の次回作、地味目になりますかね、どんなものになるかそれも楽しみです。
かばくん
2008年04月24日 18:29
久し振りにどろどろの人情大衆劇を観せてもらいました。たまにだとこういうのも新鮮でいいですな。
チョウ・ユンファとコン・リーの二大俳優にはさまれては、他の俳優は形無しの感がありまする。
最愛の息子(次男)が敗れていく様を見守る演技は、彼女でなければと思うほど、見事でしたよ。

この記事へのトラックバック

  • 王妃の紋章

    Excerpt: ☆王妃の紋章☆(2006)チャン・イーモウ監督チョウ・ユンファコン・リージェイ・チョウリィウ・イエストーリー中国、五代十国、後唐の時代。重陽節を前に王家の人々は王宮に帰って来ていた。王と王妃の間は冷え.. Weblog: ぷち てんてん racked: 2008-04-19 09:11
  • 王妃の紋章

    Excerpt: 10世紀・唐王朝を舞台に、宮廷の裏に渦巻く、陰謀と策略を描いた豪華絢爛コスプレ絵巻!!中国、五代十国、後唐の時代。《菊の節句》とも称される9月9日の重陽節―王家の人々が一堂に集まり、永久の繁栄を.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2008-04-19 10:44
  • 王妃の紋章

    Excerpt: 「華麗なる一族」+「犬神家の一族」 Weblog: Akira's VOICE racked: 2008-04-19 15:39
  • [映画『王妃の紋章』を観た]

    Excerpt: ☆MOVIXで、無料鑑賞券を貰えるポイント数は60ポイントである。 本日は、3人で映画に赴き、先ず、私以外の二人にチケットを買わせて、20ポイントをゲットし、私の持っていた40ポイントと合わせて、私.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2008-04-20 14:31
  • 王妃の紋章

    Excerpt:  拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中!あなたが考える音楽史 Weblog: eclipse的な独り言 racked: 2008-04-21 06:44
  • 王妃の紋章

    Excerpt: 新作映画が続々公開~【story】唐王朝滅亡後の時代。贅の限りを尽した豪華絢爛な宮廷で、栄華の頂点に君臨する王家の一族は、それぞれが秘密を抱えていた。張り巡らされた策謀に、殺意を抱きあう凄まじいま.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2008-04-21 13:29
  • ★「王妃の紋章」

    Excerpt: 今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で。 このシネコン・・・売店で企画商品売るのが得意みたいで、 今週は「スシ王子~」にちなんで、「スシ味のポップコーン」を販売中・・・ 試食したら、激マズっ・.. Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2008-04-26 03:47
  • 「王妃の紋章」:東上野一丁目バス停付近の会話

    Excerpt: {/hiyo_en2/}「王将ビル」なんて、ずいぶんたいそうな名前のビルね。 {/kaeru_en4/}実は、どこかの国の王宮だったりして。 {/hiyo_en2/}それにしてはずいぶん違うわね、「.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2008-04-27 17:24
  • 【2008-96】王妃の紋章(満城尽帯黄金甲)

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 王家の掟 ──憎しみあうこと ──愛しあうこと ──殺しあうこと 中国史上、最も栄華を極めた唐王朝後の時代、黄金の一族の裏に隠された恐るべき真実。.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-04-27 22:03
  • 王妃の紋章

    Excerpt: 焼いて蒸して煮て、最後にミキサーでグルグルにしたようなドロドロ映画!久しぶりに震え上がったっす!             .. Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) racked: 2008-04-27 22:15
  • 『王妃の紋章』

    Excerpt: 『初恋のきた道』や『HERO』『LOVERS』といった作品でも知られる中国の巨匠、チャン・イーモウが監督した王家一族の愛憎劇を豪華絢爛な歴史絵巻で描くドラマ。チョウ・ユンファ、コン・リー、ジェイ・チョ.. Weblog: cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-04-28 10:18
  • 『王妃の紋章』’06・中

    Excerpt: あらすじ紀元928年、後唐の時代の中国。9月9日の重陽節の祝日を前にして、長らく遠征に出ていた国王と、辺境の地に赴いていた第二王子の傑が、久々に王宮へと帰還する。すでに王との仲が冷え切っていた王妃は王.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-06-20 23:54