『アフタースクール』:誰が誰で誰なのか・・・:Myムービー掲載

画像


デビュー作『運命じゃない人』でスタンリー・キューブリック監督『現金(ゲンナマ)に体を張れ』ばりな作品をこしらえた内田けんじ監督の第2作。
否が応でも期待は高まる。その上、出演者が大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、田畑智子と芸達者が揃ったので期待は高まる一方。

さて、

うーむ、ちょっと期待が過ぎたかしらん。

前作同様、あっと驚く結末へと導いてくれるのだが、推理小説でいうところの叙述トリックですね。

出演者の誰が誰のことを誰だと思っているのか、というところで観客をミスディレクションしていきます。

観客側に近い視点は佐々木蔵之介。
彼が事件の内容を明らかにしてくような役割を振られているので、そう思って観ていくのだが・・・

個人的にいまひとつ乗り切れなかったのは、
 佐々木蔵之介:巻き込む側
 大泉洋:巻き込まれる側
というセオリーで進んでいるのかと思うと、そこいらあたりが大逆転して・・・

あれれ、なんだが、煙に巻かれたような、腑に落ちない、カタルシスがどっかに消えたような。

観客がファムファタール「あゆみ」を誤読するように演出していくのは定石なのだけれども、で、登場人物は「あゆみ」を(役者でいうところの)誰だと思っていたのかしらん。

大泉洋は、かのじょ。
私立探偵もどきの佐々木蔵之助は、多分、彼女。
やくざの親分、伊武雅人は、かのじょ。

で、梶山物産の社長は・・・彼女?

彼女とかのじょを彼らがどう認識していたか、観ているわたしはちょっとフラストレーション溜まる感じでした。

その他、途中ひとつの謎で引っ張りきれず展開がもたつくのと、「もしかして小市民がヤクザを出し抜くピカレスク(悪漢)ストーリー?」なんて期待したりもしたので、結果がピカレスクにはほど遠い小市民的オチだったので、嘘をつくなら、もう少しカタルシスのある嘘をついて欲しいなぁ、と思いました。

全体評価としては★3つ半です。

画像


↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id329681/rid356/p1/s0/c1/

↓チラシ画像↓
画像


↓DVDはコチラから↓



↓内田けんじ監督DVD↓
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かばくん
2008年06月02日 10:18
確かに、私メも期待に期待を重ねて観に行きました。そして、む~、面白かったけど、スッキリはしない。
前作は手を叩いて、なるほど~と思ったんですけどね。
視点が一定ではなかったから、「あ~、だまされちゃった」とあっけらかんと笑えないんでしょうかね。

この記事へのトラックバック

  • アフタースクール

    Excerpt:  『行方不明の友人、同級生を名乗る探偵、大人の放課後<アフタースクール>には何かが起きる!! 笑って、驚いて、巻き込まれて、グッとくる。驚きエンターテインメント! 甘く見てると ダマされちゃいます.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-06-01 23:39