『シークレット・サンシャイン』:そして、ひと筋のひかり・・・:Myムービー掲載

画像


『グリーンフィッシュ』『ペパーミント・キャンディー』『オアシス』のイ・チャンドン監督の最新作を公開初日に観ました。
なかなか心の整理が付かなくて・・・という訳で少し遅れてのレビューです。

イ・チャンドン監督の前2作では、宗教的な事柄を扱っているわけではないのに、宗教的な感じがするシーンが印象に残っています。

『ペパーミント・キャンディー』でのラスト、ムン・ソリと出逢うまだ無垢な頃のソル・ギョングを包む柔らかな光。
『オアシス』でも、独り残され部屋で座り込むムン・ソリに、斜めから差し込む陽のひかり、それに綿毛のようにキラキラときらめく埃の反射。
(もしかしたら『グリーンフィッシュ』にもあったかもしれませんが、残念ながら忘れています。)

本作品でも、ラストで、ひと筋のひかりが希望を暗示するのは同じです。
ただし、ひかりが差す先は、ヒロインのチョン・ドヨンではありません。
このラストカットは重いとも、想いとも受け取ることができます。

ストーリーは・・・

夫を交通事故で失い、「密やかな陽のひかり」という名の夫の故郷・密陽に戻ってきたチョン・ドヨンは、一人息子を誘拐され殺害されるという悲劇に見舞われます。
自暴自棄の彼女を救ったのは小さな街のキリスト教会でした。
事件のショックの反動から、宗教の救いに自らの救済を得たかのように思えましたが、刑務所で面会した犯人は、彼女の知らぬ間に同じく神から救済され穏やかな心となったと、彼女に告げます。

ここまでの描写は、田舎町の人々の詮索好きなようすや、逆に都会から来た彼女への嫉妬や怜悧など、それほど目新しいものではなく、丁寧に丁寧に撮っていきます。
また宗教にのめり込む彼女のさまは、少々誇張しすぎではないかと思うほどです。

さて、犯人が「神の赦しを得た」といった後の展開は、これまで韓国映画では余りみたことがない展開となります。

裏切った神への、彼女なりの復讐の物語となっていきます。
しかしながら、いくら裏切った神に復讐しようとしても、神は応えず、沈黙するのみです。
このように、神の不在・沈黙・裏切を全面に押し出したあたりが、前2作とは大きく異なっています。

では、彼女が救われることはないのかというと、そうではありません。
いつも傍らに居て、朴訥だけれどお節介なソン・ガンホの存在が、救いのひとつです。
そして、もうひとつは、「髪は片方だけ切って美容室を出てくるのは、頭がヘンだよねぇ」と、冗談交じりに言われた言葉に、素直に、反射的に笑ったチョン・ドヨンのちょっとした心の余裕が救いの端緒なのでしょう。

ラストシーンは、自宅の庭で、長く残ったもう片方の髪を自ら切ろうとするチョン・ドヨン。
そして、彼女が髪を切りやすいように、彼女の正面で鏡をもつソン・ガンホ。
映画のショットにはありませんが、チョン・ドヨンの眼には、鏡に写る自分の姿と、鏡を持つソン・ガンホの姿が映っているはずです。

そんな二人から、カメラはユックリとパンして、庭の片隅の汚れた水溜りを撮します。
そこには、ひと筋のひかりが、まばゆく差しているのです。
希望のひかりに気づくか否か・・・・

中盤、若干紋切り型の演出が目に付き、少々辟易とするにはしましたが、やはり、手ごたえを感じる力作と評価するとともに、チョン・ドヨンの熱演とソン・ガンホの控えめな演技を評価して、★4つとします。

画像


画像


↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id330101/rid22/p1/s0/c1/

↓チラシ画像↓
画像


↓DVDはコチラから↓



↓イ・チャンドン監督作品DVD↓
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック