『崖の上のポニョ』:アニメート=動くということ、宮崎監督の原点還り:Myムービー掲載

画像


アニメートとは動くということ。
そんなの当たり前じゃないか、と言われそうだが、「こんな動きをするのか」という驚きがなければアニメーションとしての魅力にには乏しい。
今回の宮崎監督最新作。予告で観る限り、微妙な感じがしたけれど・・・・

そんなことはない。
中盤クライマックスの大嵐大波に乗って、ポニョが宗助を追っ掛けるシーン、不覚にも泪がこぼれました。

前半から、「水」を単純な線と単純な色で表現することが、このクライマックスで爆裂です。
穏やかな三角波は▲ちょっと深い青、それが群青に描かれ、飛び散る波が大魚になって・・・
その上を手足を得たポニョが走る。
大魚となった波は、宗助と母親を乗せた自動車襲いかかり、捕らえられずに新しい大魚になって襲っていく。
その躍動感。
それがCGの厚塗りでなく簡潔な線と色で表現されていることがアニメーション的なのだ。

ただし、手書きにこだわったスケッチ風の背景は、ちょっとやりすぎかも。
手描きにこだわりましたぜ的な感じがちょっと嫌味。

『千と千尋の神隠し』で出来上がった映画のCG厚塗りで息苦しい画面構成と、協賛会社のキャンペーンで付いてきた宮崎監督の手描き感満載の薄塗り絵コンテ絵葉書とのギャップが埋まりそうな気がします。

「私は今でもアニメーション作家なのだよ」って気概が感じられる一作で共感しました。★4つ。

画像


<追記>
後半の水没した町の様子は『パンダコパンダ/雨降りサーカスの巻』を彷彿とさせるし、人間になったポニョの動きも『パンダコパンダ』のコパンダやミミちゃんを彷彿とさせます。
『となりのトトロ』のトトロはサツキを助けはしたものの、人間界とは別世界のものとして存在しているけれど、『パンダコパンダ』のパパンダは何故か知らねど人間界と融合していきます。
本作品でも、異界のポニョも彼女の父フジモトも母のグランマンマーレも、結局のところ、人間界と融合、もしくは接点を持ち続けていきます。
ここいらあたりのオチの付け方など、宮崎監督の「原点還り」の意図が見えて取れます。

↓Myムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id327529/rid238/p0/s0/c0/

画像


↓お薦め宮崎駿DVD↓
 

 

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

優駿
2008年07月20日 23:28
ポ~ニョポ~ニョポニョ 人面魚~♪と、
ウチの小学生が歌っていたので、見る前は(人魚姫なのに)と、笑っていたのですが、
ネタバレだったのですね。『人面魚は津波を呼ぶんだよ』の。

ジブリらしく、生き物・命がいっぱい!画面にあふれてて、
(実際、海の生き物って、なんだか訳の判らない生き物がいっぱいだし)
古代魚が泳く世界をワクワクして見てました。

大波が大きな魚になって追いかけて来るところも楽しかったですね。
ポニョが波の上を一生懸命に走ってるトコ、もう一度見たいです。

やっぱり音楽も良かった。
母性礼賛が過ぎるのには、少々居心地の悪さを感じましたが、

“めい”とトトロが合体したみたいなポニョが可愛くて。
ポニョの姿がどんどん変化するのも、アニメの楽しさでした。
ぷ~太郎
2008年07月23日 09:15
私も「ポニョ」を観て「パンダコパンダ」「トトロ」を連想しました。宮崎監督、原点に返ったなと。
それにしても、ポニョが大波の上を走って宗介を追いかける場面はすばらしかったの一言につきます。個人的には「千と千尋」の方が好きなのですが、これはこれで感性で観るアニメとしては大満足です。

この記事へのトラックバック

  • 崖の上のポニョ

    Excerpt: ポーニョ ポーニョ ポニョさかなの子 青い海からやってきた___。 とっても可愛らしい声で歌う、大橋のぞみちゃんに感激!! 全世界待望のスタジオジブリ最新作は、4年ぶりとなる、宮崎駿監督のオ.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2008-08-14 16:11