『その日のまえに』:重松清原作本を読みました

画像


大林宣彦が監督した『その日のまえに』、積読状態の重松清の原作本を読みました。

いやぁ、映画化作品とはテイストが全く異なる作品でした。
全編7話からなる連作短編。
映画化作品はその7話のエピソードを、観る側の好き嫌いはあるにせよ、巧みに一つに纏め上げていました。

原作では重松清の文体の上手さに引き込まれます。
簡潔で、染み入る文章。
話し言葉には現代の言い回しは含みながらも、「読む文章」としての的確な表現。
特に、ともすれば平仮名ばかりが続いてしまいそうな、そんなリズムの文章での句点。
心の中で声に出して読みたくなるような表現でした。

そんな連作短編で最も心惹かれたのが、映画では柴田理恵が演じていたセールスレディと息子のエピソード。
ストリートミュージシャンが、実は女の子であったことも含めて、映画化はほぼ忠実なのですが、デパ地下で惣菜を買ってくる挿話が微笑ましくも痛ましい。
読みながら「あぁ、柴田理恵の当て書きかも」なんて思わせるぐらい、なんですもの。

へへへ。

どちらかというと、映画→原作の順がお薦めです。
だって、先に原作本を読んじゃうと「こんなの原作の映画化じゃない!」と思うこと100%ですから。

↓小説はコチラから↓
 



でも、映画化は、原作の忠実な(万人が想像する)イメージの映像化ではない、のですから、大林作品にも首肯していただきたいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 本「その日のまえに」

    Excerpt:    (重松清、文春文庫)  短編小説集。 「その日のまえに」、 「その日」、「その日のあとで」の3編は 主人公の妻の死をテーマにした連作だ。 その日とは、 がんに侵された、まだ40歳代の妻が 病院で.. Weblog: 富久亭日乗 racked: 2009-04-26 07:38