『きつねと私の12ヶ月』:リュック・ジャケ監督原作の絵本

画像


2009年1月公開の同名映画の絵本を読みました。
映画監督のリュック・ジャケ作です。

<出版元のサイトから内容をご紹介>

ある 秋の 朝、
私は、たいせつな 友だちに
出会った・・・。

友だちを 愛することの 意味を
おしえてくれる 物語。

<感想>
映画は未見なのでなんともいえませんが、予告編で観る限り、なんだか、きつねが撃たれて死んじゃうようなシーンがありました。
最後に動物が死んじゃうハナシはあんまり観たくないのでパスしていましたが、この絵本ではそんなことはありませんでした。
友だちになることと、自分のもとにおいて離さないことは違うのよ。
と、やんわり諭してくれるようなハナシでした。
絵本では、劇的なエピソードはない(というか意図的に描いていない)のですが、これはこれで好いと思いました。

<出版情報>
出版社:そうえん社
作:リュック・ジャケ 絵:フレデリック・マンソ 訳:さくら ゆき
初版発行:2008年12月
ISBN :978-4-88264-286-2
サイズ:27.7cm x 28.5cm
ページ数 :25ページ
グレード :小学校低学年~
定価 :1,365円 (本体: 1,300円)
出版社HP: http://www.soensha.co.jp/book/detail.php?bookcode=00120070




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック