『かいじゅうたちのいるところ』:原作絵本を読みました。

画像


『マルコビッチの穴』の鬼才スパイク・ジョーンズ監督の映画が公開中ですが、映画鑑賞前に原作絵本を読みました。
『かいじゅうたちのいるところ』とタイトルは「かいじゅう」ですが、原題では「Wild Things」なので、「けものたち」あたりが適切なのかも。
さて、読んでみて・・・・

シンプル!

やんちゃなマックス少年が(少年というよりも幼子なのですが)、おおかみの格好をして部屋で暴れている(大阪弁では「ほたえている」)うちに、部屋がみるみる別世界へ。
いちねんといちにち、船で航海しているうちに、かいじゅうたちの島へ辿りつく。
かいじゅうたちを躍らせて魔法をかけて、かいじゅうの王になったマックス。
つまらなく、さびしくなったマックスは、ふたたび、いちねんといちにち、航海して辿りついたのが、自分の部屋。
おかあさんのつくった暖かい晩ごはんが用意されている部屋でした・・・

画像


画像


うーむ、シンプルすぎて、なんじゃいな!って感じです。

見所読みどころは、魔法にかけられたかいじゅうたちがマックス少年と踊るところ。
物語の文もなく、見開きで続きます。
へへへ、ここはちょっと愉しいゾ。

で、映画。
どんなもんかいな。

かいじゅうたち、予告編でみると、なんだか「かいじゅう」っぽくないんだけれど、原作絵本に忠実につくられているようです。
「かいじゅう」というよりは「土の精、トロール」みたいな造型です。
カルナバルのふしぎないきもののよう。

うーむ、この「かいじゅう」たちの動いている様子を観たいような観たくないような・・・

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


↓原作絵本などはコチラから↓
 



↓おっと、こんなものも↓






世界絵本箱DVDセレクション かいじゅうたちのいるところ[全3話]
ヤマハ・ミュージック・アンド・ビジュアルズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック