『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』:そうか! そうだったのか! @レンタルDVD

画像


第2章から忘れないうちに観よう!
ということで、新作当日レンタルで鑑賞しました。
今回は最終章ということもあって、第1章以来の豪華配役フルキャスト。

やはり興味は「ともだち」の正体。
早々に「フクベエ」だろうなぁ、とは思っていたのですが、ええ! 
彼は「フクベエ」ではない!?

てっきり、「おしりフクベエ」と陰で揶揄されていた陰湿イジメが原因かと思っていました。
まぁ、「おしりフクベエ」が原因だったら、映画史上に残る怪作になったかもね。

近いといえば近いような推測でしたが、まぁ、納得。
かなりのご都合主義的展開と、意外なほどチャチい攻防戦など、どうみてもB級テイストですなぁ。

シリーズ通して評価は、やはり★2つ半かなぁ。

↓最終章DVD&ブルーレイはコチラから↓

 



 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画 8本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)
  日本映画 5本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画 7本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)
  日本映画 5本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 4本) ←カウントアップ
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かばくん
2010年03月24日 13:17
いやはや、ナンとでもなるストーリー。やはりコミックという印象ですわな。
こんなにご都合主義ならば、私メにもかけそうな・・・。
それでも次が気になって、全部みてしまうのだから、うまくはめられたじゃあああ。
しかし、神木君は美少年だのう。
あの子はおおきなって佐々木蔵之助になるとは、到底思えんがな。

この記事へのトラックバック