『オーケストラ!』:こんなチャイコフスキー聴いたことがない @ロードショウ・シネコン

画像


元は偉大なボリショイ管弦楽団の指揮者と演奏家たち。
ブレジネフ書記長の圧制で追放されて、30年。
いまやオンボロ、ボロロな人々。
そんな彼らが、ひょんなことから一発奮起。
ボリショイの再結成!
というわけで、偽楽団でコンサートをパリで開催・・・というストーリーのアウトラインだけからすれば、三谷幸喜が書きそうな題材です。

というか、『がんばれ! ベアーズ』のオーケストラ版といって通じそう。
ですが、この映画、そこンところだけでない下味がスゴイのです。

クライマックスのチャイコフスキー、ヴァイオリン協奏曲。
たぶん、誰もが一度は耳にしたことあるほどの有名曲。
それだけに覚えやすい旋律が、凡庸な感じを醸し出しています。
たしかに、劇中登場する音楽評論家が「チャイコフスキーは嫌い」なんてセリフもあります。

しかし、クライマックスで流れるその調べ。

こんなチャイコフスキー聴いたことがない! というぐらいの感激でした。

なんだよ、音楽がスゴイだけか・・・なんて思わないでいただきたい。
そこへ至る布石が、実は細かく演出されているのですから。

ロシア人といえば、ドルフ・ラングレンみたいな金髪なゴッツイ人物を想像するのですが、この映画に登場する演奏家たちは、ロシア系ユダヤ人が大半。
さらには、ロマ(ジプシー)のひとびとも登場します。

映画後半で強調されるように、ロシアでもスラブ民族が根底にあるようです。

集まったオンボロ楽団。

画像


ユダヤ人楽師たちはパリへ来ても、自分たちの商売に精を出している。
時間どおりに集まらなくても、スラブの血。
当代の若き女性バリオリニストを唸らせるロマのバイオリンの運指・スタッカート。

クライマックスのチャイコフスキーへ向かって、スラブの匂いを演出していきます。

開演。
リハーサルもなしで奏でるその調べはバラバラ。
へっぽこぴぃ。

しかし、当代の若き女性バイオリニストが奏でる調べは、かつての情熱と無念とを思い起こさせます。
その調べに宿るスラブの匂い。
なぜか・・・
(ここは映画の秘密中の秘密なので書きません)

そして、バラバラだった楽師たちが、一瞬にして、団結するのです。

このキッカケとなるバイオリンの調べ。
ここは驚きでした。

画像


画像


ええ?
こんなチャイコフスキー聴いたことがない。
久々に震えました。

おお、ロシア。
そうだ、他民族な国家だったのだ。

喪われていったなにものかが甦る。
この映画、そこンところの、下味がスゴイのです。

迷わず★5つを進呈します。
できれば、劇場で観てほしい一編です。

音楽の素晴らしさはもとより、ロシア語とフランス語の絶妙な面白さ(意味は判りませんが、音的リズム的に面白さを感じますから)は、家庭のリビングではちょっと伝わらないかも。

↓MYムービーのレビュー&採点はコチラから↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id335957/rid48/p0/s0/c0/

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画 17本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)←カウントアップ
  日本映画 6本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画 14本(うちDVD、Webなどスクリーン以外12本)
  日本映画 10本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 9本)
------------------




チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
エイベックス・クラシックス
カーラー(イリヤ)

ユーザレビュー:
これは本当に価値のあ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オーケストラ!/ Le Concert

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click パリでオープニング.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-05-04 10:27
  • オーケストラ!

    Excerpt: 30年前、天才指揮者としてオーケストラの指揮を執っていた男がいた。彼はかつての仲間を集めパリで公演を開催しようと奮闘する。一体彼の目的は何なのか?かつての栄光を取り戻すため?それとも…。主演はアレクセ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-05-04 10:30
  • オーケストラ!(2009)LE CONCERT

    Excerpt:  さあ、人生を奏でよう。 5月1日、最終上映での鑑賞となりました。この手の作品なら、ミニシアター系なのですが、シネコン上映なんですね。キャストで知っているのは、メラニー・ロラン、フランソア・ベルレア.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-05-04 20:21
  • 奇跡のコンサート~『オーケストラ!』

    Excerpt:  LE CONCERT  ロシアのボリショイ交響楽団で、清掃員として働くアンドレイ(アレクセイ・グシュ コフ)は、かつて天才と呼ばれた指揮者�... Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-05-08 22:59
  • 『オーケストラ!』

    Excerpt:     □作品オフィシャルサイト 「オーケストラ!」□監督・脚本 ラデュ・ミヘイレアニュ □キャスト アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-05-10 08:49
  • オーケストラ!

    Excerpt:  『オーケストラ!』を渋谷のル・シネマで見てきました。  この映画は連日大入りで、ル・シネマで別の映画を見た時でも、ロビーはこちらを見ようとする人で溢れ返っていました。我々が行った時も、公開されてか.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-06-12 05:44
  • 映画「オーケストラ!」ラストまでちょっと我慢、素晴らしい瞬間を待て。

    Excerpt: 「オーケストラ!」★★★★ アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン出演 ラデュ・ミヘイレアニュ監督、124分、2010年4月17日、2009,フランス,ギャガ (原題:LE .. Weblog: soramove racked: 2010-06-24 07:51
  • [映画『オーケストラ!』を観た]

    Excerpt: ☆素晴らしい映画だった。  クライマックスでは、悲しみでなく、その、個々の人生が経た映像の密度の濃さで泣けてしまった。  30年前、ソ連はブレジネフ政権下の民族・文化弾圧で、名門楽団の指揮者の地位.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2010-06-25 20:08
  • 映画:オーケストラ!

    Excerpt:  相変わらず仕事が忙しく残業、残業。そして人事と管理課に目をつけられ・・・。そんなわけで映画も見る時間もなく、見ても記事にする時間もなく・・・。もう3週間くらい前に観た映画ですが、今回の記.. Weblog: よしなしごと racked: 2010-07-02 00:16
  • オーケストラ!

    Excerpt: オーケストラ!'09:フランス◆原題:LE CONCERT◆監督:ラデュ・ミヘイレアニュ◆出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン◆STORY◆かつてボリショイ交響楽団の.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2010-10-05 11:29
  • mini review 10503「オーケストラ」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: かつては一流オーケストラの天才指揮者だった中年清掃員が、急きょ出演できなくなった楽団の代わりに、昔の楽団仲間を集めてコンサートに出場しようと奮闘する感動作。寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡を、『... Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-11-21 15:38
  • 【映画】オーケストラ!

    Excerpt: <オーケストラ! を観ました> 原題:Le Concert 製作:2009年フランス ←クリックしてね♪ランキング参加中 音楽は素晴らしい。 音楽は人の心を動かす力がある。 当たり前の事なん.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2010-11-21 22:28
  • 『オーケストラ!』'09・仏

    Excerpt: 大いなる嘘を楽しむか?否か? もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2011-06-16 08:17
  • オーケストラ!

    Excerpt: コメディのツボや、お国事情もあいまって、分かりにくい部分も少なからずありましたが(あるいは、知ってると、もっと笑えたり感動できる?)ラストは本当に圧巻で、ブラボー!でした。 コミカル・音楽・痛快.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-06-01 13:49