『ロフト.』:二転三転のベルギー発サスペンス映画 @レンタルDVD

画像


同じようなタイトルの黒沢清監督作品が公開されましたが、こちらは末尾に「.」が付いています。
うーむ、ややこしい。
ベルギーで10人に1人が観たという大ヒット作品です。
東京では2009年秋にひっそりと単館ロードショウされました。

前置きはさておき、

5人の妻子ある男性が高級マンションの最上階を情事部屋としてシェアしていたところ、その部屋のベットの上で女性の全裸死体が発見された。
片手を手錠で繋がれ、もう片方の手首にはナイフでの切り跡。
5人の誰もが身に覚えがないという・・・

警察の取調べ、事件発見からの状況進展、そして事件の1年前からの出来事、と3つの時間が交互に描かれていきます。
誰かが嘘を言い、いや、誰もが嘘を言い・・・

日本語吹替版をリビングのテレビで観ていると、まるで「日曜洋画劇場」のような趣でした。
前半は少々かったるいですが、後半、二転三転する物語は、かなり面白いです。
(前後に、故・淀川長治の名解説が欲しいところでもあります)

拾い物の一編ということで★3つ半を進呈します。

↓DVDはコチラから↓


--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画20本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)
  日本映画 6本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画21本(うちDVD、Webなどスクリーン以外19本)←カウントアップ
  日本映画15本(うちDVD、Webなどスクリーン以外13本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック