『パレード』:ワンプレースミステリーかと思っていました @レンタルDVD

画像


公団マンションの一室に共同生活をする20代の男性二人、女性二人。
そこへ18歳の身元も不明な怪しげな少年が現れて・・・
というのだから、マンションの一室で起こるミステリー映画かと思っていました。
(勝手に、ワンプレースミステリーと名づけました)

出だしはそんな感じなのですが、どうも単純な謎解きミステリーとは異なることは、早々に気づきました。

原作は『悪人』の吉田修一。

登場する5人の視点で語られるという仕掛けはありますが、ふつーのひとに巣食う悪意(というか、厭な部分というか)に焦点をあてていくのは、基本的には『悪人』同様ですね。
ただし、この映画では「共同生活」そのものが、少々奇妙な感じがしますので、ふつーのひと感が少なからず抜けたように思えました。

意外な結末を期待するとはぐらかされますが、行定勲監督の演出が上手いので、興味が殺がれることなく、最後まで楽しめました。

評価としては★3つ半としておきます。

ミニシアター系の日本映画のレビューはコチラから
⇒『死にゆく妻との旅路
⇒『海炭市叙景
⇒『スイート リトル ライズ
⇒『ゲゲゲの女房
⇒『マザーウォーター
⇒『ダーリンは外国人
⇒『ソラニン
⇒『CATERPILLAR キャタピラー
⇒『オカンの嫁入り
⇒『トイレット

↓DVD&ブルーレイはコチラから↓
 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画39本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)
  日本映画17本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 3本)←カウントアップ

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画80本(うちDVD、Webなどスクリーン以外79本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2010年10月24日 14:38
若者達の閉塞感とそれに伴う一種の「悪」を描いた作品。なんとかそれから逃れようとする人もいれば、飲み込まれてしまった人もいる。
普通は一箇所にこんな人間ばかり集まらないから、そういう意味では奇妙な感じがするけど、実際には回りに多くの彼らがいるのは確かで、そう考えるとちょっと怖くなる映画ですね。

この記事へのトラックバック

  • パレード

    Excerpt: ベルリン国際映画祭で、国際批評家連盟賞受賞を受賞! 先日鑑賞した「今度は愛妻家」の Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-10-11 21:06
  • 『パレード』 『悪人』 ラストの秘密

    Excerpt:  『悪人』の記事に関連して、質問をいただいた。  コメント欄で回答するにはあまりにも長くなったので別の記事としたが、回答に当たっては... Weblog: 映画のブログ racked: 2010-10-15 00:44