『神経衰弱ぎりぎりの女たち』:キョーレツな色彩のアルモドバル作品 @レンタルDVD

画像


旧作レンタル100円のクーポン&キャンペーンを利用して、ペドロ・アルモドバル監督作品を3本鑑賞しました。
製作年度順に『マタドール<闘牛士>・炎のレクイエム』『神経衰弱ぎりぎりの女たち』『アタメ 私をしばって!』の3本です。
つづいて『神経衰弱ぎりぎりの女たち』。

これは初公開時に劇場で観ているのですが、ミョーな顔をした女性が出てくること以外、すっかり忘れていました。

もう中年な女優さんが、体調不良で、映画の吹替えの仕事をすっぽかしてしまいます。
不調で不調で眠れなくて、眠ったはいいが、仕事の時間が過ぎてしまったのです。

映画で相手役を演じる初老の男優はさっさと仕事を済ませて、どこかへと消えてしまいます。

女優さんは、その男優に何か重要なことを話したいのですが、まるで意図しているかのようにすれ違いばかり。
男優の元妻のところにいるかと思って押しかけてみたものの、やはり、いない。
そうこうしているうちに、女優さんのアパートにケッタイなひとびとが増えてきて・・・

悪夢の連続のブラックコメディですが、兎に角、色彩がキョーレツ。
目がチカチカする感じ。

女優さんが男優に話したかった重要なことは・・・
なるほど、アルモドバルらしい。

とはいえ、この手の悪夢の連続のようなコメディは苦手なので、評価としては★3つとしておきます。

↓DVDはコチラから↓


--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画43本(うちDVD、Webなどスクリーン以外11本)
  日本映画23本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 5本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画89本(うちDVD、Webなどスクリーン以外88本)←カウントアップ
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック