『人生万歳!』:久々NY戻りのアレン節は不発 @ロードショウ・ミニシアター

画像


ウディ・アレン監督作品も40作品目。
記念作品と銘打って、2011年1月に休館が決まった恵比寿ガーデンシネマのトリを飾ることになりました。
ここ数作品は英国、スペインとヨーロッパを舞台にしてきましたが、今回の作品はニューヨークに戻っての作品。
70年代『アニー・ホール』の頃に書いた脚本を現代風にアレンジして、ということでしたが・・・

うーむ、今回はどうにも肌に合わなかったです。

お話としては、偏屈な物理学者のじーさんが、南部から出てきたノー天気おねーちゃんと、なんだかいい感じになって・・・
それにひきずられて、周りのみんなも変化していく。

というウディ・アレンらしい物語なのだけれども、ありゃ、どうも、主役のふたりに魅力がない。

偏屈で頑固で皮肉屋のじーさんを演じるラリー・デイヴィッド。
若い頃のウディ・アレンのようであるが、兎に角、鋭角的・攻撃的すぎて辟易。
皮肉屋だけれど、自信なさげ、という若い頃のウディとは正反対。
カツゼツ良すぎのセリフ廻しが、耳にキャンキャン響いてケタタマシイ。

対するヒロイン、エヴァン・レイチェルウッド。
『アクロス・ザ・ユニバース』『レスラー』『ダイアナの選択』で売り出し中、とのことですが、今回が初見。
意外とフツーの女の子。

なので、ふたりの掛け合いが続く前半が退屈でした。

彼女の母親役のパトリシア・クラークソンが登場してから、映画は持ち直すのだけれども、伝統的南部生活の彼女がニューヨークで解放されて・・・・
というのも、70年代~80年代あたりだったら新しいのだけれども、少々古めかしい感じは否めず。

父親役のエド・ベグリーJrのエピソードも面白いといえば面白いが、やっぱり古めかしい。

ウディ・アレンの映画では、主役の面々もさることながら、それを取り囲むひとびとにも滑稽なところがあって、それも魅力的なんだけれども、今回は魅力不足。

まぁ、半パン穿いた主役をウディ・アレンの映画でみるとは思いもしなかったデス。

評価は厳しく★2つとしておきます。

最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『悲しみもミルク
⇒『トゥルー・グリット
⇒『パリ20区、僕たちのクラス
⇒『英国王のスピーチ
⇒『ヤコブへの手紙
⇒『しあわせの雨傘
⇒『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
⇒『クリスマス・ストーリー
⇒『Ricky リッキー
⇒『永遠の語らい
⇒『アンナと過ごした4日間
⇒『シングルマン
⇒『ルイーサ
⇒『ニューヨーク、アイラブユー
⇒『バグダッド・カフェ
⇒『彼女が消えた浜辺


--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画46本(うちDVD、Webなどスクリーン以外11本)←カウントアップ
  日本映画23本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 5本)

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画90本(うちDVD、Webなどスクリーン以外89本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かばくん
2010年12月23日 23:30
いやはや、ひどかったですな。
なにがって、主役の偏屈じ~さん。
もっと枯れて、ひ弱そうな俳優でなくては持ち味がでてこないんじゃ~。

この記事へのトラックバック

  • 人生万歳!/Whatever Works

    Excerpt: ランキングクリックしてね Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-12-15 22:48
  • 人生万歳!

    Excerpt: 『それでも恋するバルセロナ』など語り部ウディ・アレン監督の通算40作品目のラブコメディー。久々に舞台をヨーロッパからニューヨークに戻し、偏屈な天才物理学者とちょっとおバカな田舎娘の奇妙な恋愛模様を描き.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-12-28 15:36
  • ~『人生万歳!』~ ※ネタバレ有

    Excerpt: 2009年:アメリカ映画、ウディ・アレン監督、ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン、エド・ベグリー・Jr.、コンリース・ヒル、マイケル・マッキーン出演。 Weblog: ~青いそよ風が吹く街角~ racked: 2010-12-30 11:42
  • 人生万歳!

    Excerpt: ウディ・アレン監督通算40作品目、NYが舞台のヒネクレ恋愛狂奏曲!? って言ったら観にいくよね、しかもガーデンシネマ最後の上映作品。 恵比寿ガーデンシネマの休館が発表されたの ... Weblog: ここにあるもの racked: 2011-01-05 10:56
  • 人生万歳!

    Excerpt:  恵比寿ガーデンシネマが、来年1月一杯で閉館することになり、その最後の上映作品だということで、気は早いのですが『人生万歳!』を見に行ってきました。 (1)『人生万歳!』は、ウディ・アレンの監督40... Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-01-08 05:44
  • 映画「人生万歳!」ウディ・アレンもユニクロで買い物する?

    Excerpt: 「人生万歳!」★★★★面白かった ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン、 エド・ベグリー・Jr.、コンリース・ヒル、マイケル・マッキーン出演 ウディ・アレン監督、.. Weblog: soramove racked: 2011-01-29 18:03
  • 『人生万歳!』 楽しい映画をありがとう!

    Excerpt:  もう上映期間も終了間際だというのに、映画館は意外に混んでいた。私と同じように考えた人が多いのだろうか。  時間の都合がつかないので、『人生万歳!』のロードショーに行くのは見送ろう、いったんはそ.... Weblog: 映画のブログ racked: 2011-02-01 01:38
  • 『人生万歳!』 なぜ今この作品なのか?

    Excerpt:  ウディ・アレンは、なぜ今になってこの作品を世に送り出そうと考えたのか?  『人生万歳!』に感じた疑問はそれだった。  本作の脚本は、元々70年代にゼロ・モステルを主演に迎える予定で書かれたも.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-02-19 14:23