『武士の家計簿』:実直愚直なお家芸 @ロードショウ・シネコン

画像


2010年下半期は時代劇ブーム。
そのような中で、異色の一編です。
刀ではなく「そろばん」で家族を守った武士のホームドラマです。
さすがに森田芳光監督、目の付け処が違いますますなぁ。

江戸末期、北陸加賀藩の御算用番の侍が、収入の二倍もの借金を抱えた家計を持ち直す。
そのようすを通じて、家族の絆、思いやりを描いていくものです。

この映画のよいところは、主人公を「そろばん」ひとすじの実直・愚直な男として描いたところにあります。

前半で主人公は、藩から飢饉で困窮した藩民に供出した米が、民に渡る前に中抜けして私腹を肥やしている面々がいることを帳簿から突き止めます。
このエピソードが効いています。
実直・愚直であるが故に、正しいことを正しく行う、ということに一本筋が通りました。

ですから、借金まみれの家計を持ち直すさまが、正しいこと、と見えてきます。
家財道具を一式売り払うさまは、一見、横暴に見えますが、ただの緊縮財政、形先行のリストラとは異なります。
芯の通った、真心を秘めた、大胆な行動なのです。

その真心は、次のエピソードで窺い知れます。

ひとつは、家財道具を売り払う際に、たったひとつだけ妻に買ってあげた櫛だけは手放さなくてもよい、というもの。
もうひとつは、一旦は売り払った母の着物、命に代えても手放したくないと嘆いた着物を、母の臨終際に、買受して母に掛けてあげる、というもの。

ホームドラマの定番といえば定番なエピソードですが、ぐっと胸に来るものがありました。

後半は、父と息子の物語になります。

「そろばん」侍として躾けられた息子が青年となったころ、世は幕末、動乱の時代。
息子は、千万の勇猛な武士よりも、後方補給の算用ができることのほうが、はるかに役立つということで、維新の中核を担う存在となっていきます。
「そろばん」こそがお家芸、といい続けていたことが、役に立つわけです。

そろばん侍であることに反発を感じていた息子が、父を敬い、老いた父を背負うエピソードも、定番といえば定番なエピソードですが、これもまた、ぐっと胸に来るものがありました。

才気煥発、異才と呼ばれていた森田芳光監督が、こんなにオーソドックスなホームドラマを撮るとは、変わってきたよなぁ、と感じました。

チャンバラが苦手なりゃんひさには、とても肌に合いました。
評価は★4つです。

↓DVD,Blu-rayはコチラから↓
 

--------------------
2010年映画鑑賞記録

 新作:2010年度作品
  外国映画45本(うちDVD、Webなどスクリーン以外10本)
  日本映画26本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)←カウントアップ

 旧作:2010年以前の作品
  外国映画90本(うちDVD、Webなどスクリーン以外89本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外20本)
------------------




武士の家計簿 ?「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
新潮社
磯田 道史

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 武士の家計簿 ?「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2010年12月23日 23:43
武士のホームドラマとはまさしく!
嫌味のない演出で、でも、人物像はきちんと描けている。森田監督は今まで好きではなかったのですが、この作品で少し見直しました。
優駿
2010年12月29日 10:05
最後にチャンバラがある時代劇が好きな私。
これは、どうしようかなぁ~。

毎日常に、そろばんはじいて、切りつめた生活&人生設計してる私としては、
映画館では、もっと大きな、夢のあるお話が見たい気が…

小学校の時(行くと母が、駄菓子を買うお金をくれるので)そろばん塾に通ってました。
そろばんを使うのは、楽しかったデス。

この記事へのトラックバック

  • 『武士の家計簿』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「武士の家計簿」 □監督 森田芳光□脚本 柏田道夫□原作 磯田道史□キャスト 堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、中村雅俊、草笛光子、西村雅彦、       伊.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-12-22 17:18
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。代々加賀藩の算用役を務めた猪山家の“そろばん侍”が藩の不正を調べたり、破産寸前の家系を立て直したりとそろばんを武器に奮闘.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-12-22 17:23
  • 武士の家計簿

    Excerpt:  『刀でなく、そろばんで、家族を守った侍がいた。』  コチラの「武士の家計簿」は、古書店で偶然発見された幕末の武士の家計簿(入払帳)をモトにした磯田道史の『武士の家計 ... Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-12-22 21:18
  • 映画レビュー「武士の家計簿」

    Excerpt: 映画『武士の家計簿』で巡る百万石の金沢◆プチレビュー◆下級武士がそろばんで守ったのは家族の絆。古文書のデータから物語を創造するセンスが見事だ。 【75点】 猪山家八代目 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2010-12-23 00:32
  • 『武士の家計簿』(2010)/日本

    Excerpt: 監督:森田芳光原作:磯田道史出演:堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊試写会場 : 有楽町朝日ホール公式サイトはこちら。<Story>古本屋で偶然... Weblog: NiceOne!! racked: 2010-12-23 09:53
  • 武士の家計簿/堺雅人、仲間由紀恵

    Excerpt: 磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を、森田芳光監督が映画化した異色の時代劇です。劇場予告編やあらすじの感じからしてチャンバラなどの ... Weblog: カノンな日々 racked: 2010-12-23 11:07
  • 武士の家計簿

    Excerpt:  『わたし出すわ』の森田芳光監督の作品であり、また原作本を出版直後に読んだことがあり、その内容はす... Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-12-24 18:54
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 原作となったのは「金沢藩士猪山家文書」を読み解いた日本近世史を研究している磯田道史茨城大准教授の、「武士の家計簿、加賀藩御算用者の幕末維新」(新潮新書刊)。実在した猪 ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2010-12-24 21:09
  • 『武士の家計簿』 | 仲間由紀恵と西村雅彦の奇跡のコラボ。

    Excerpt: 封切りから2ヶ月近く経つというのに、 客の入りは上々でした。 とにかく役者陣が豪華。 中村雅俊、草笛光子、松坂慶子、西村雅彦、堺雅人。 その中でもひときわ輝いていた ... Weblog: 23:30の雑記帳 racked: 2011-01-26 23:33
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 武士の家計簿 ★★★★★(★満点!) 幕末から明治――。 これは、実在する家計簿から生まれた、 ある家族の物語。 刀ではなく、そろばんで、家族を守った侍がいた 。 貧しいときも、豊かな愛を注ぎつ.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-07-06 14:48
  • 別館の予備(武士の家計簿 感想227作目)

    Excerpt: 6月17日 武士の家計簿(感想227作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログに ... Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2012-06-17 14:36
  • 武士の家計簿 : これぞ、ホームドラマ (`・ω・´)キリッ

    Excerpt:  バレンタインデーいかがお過ごしでしょうか。今日は、昨日に続き時代劇を紹介します。 【題名】 武士の家計簿 【製作年】 2010年 【製作国】 日本 【鑑賞手段】 DV.. Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2012-11-26 21:09