2010年度日本映画ベストテン:日本インターネット映画大賞に投票します。

2010年度も、日本インターネット映画大賞より、投票のお誘いを受けましたので、投票いたします。
まずは、日本映画です。

【作品賞】

『ただいま それぞれの居場所』7点
『オカンの嫁入り』 5点
『キャタピラー』 4点
『今度は愛妻家』 4点
『悪人』 3点
『ゲゲゲの女房』 2点
『孤高のメス』 2点
『桜田門外ノ変』 1点
『トイレット』 1点
『RAILWAYS』 1点

【コメント】
もしかしたら不作の一年か、と思いましたが、ベストテンをつくってみたら、意外にも佳作が多かったようです。
厳選して観ていたのでそれほどヒドイ作品には出会わなかったという印象ですが、『告白』と『ソラニン』には、残念ながら不愉快になりました。
いくつか見逃しがあるので、落穂ひろいをすることとしましょう。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】
佐藤純彌『桜田門外ノ変』

雪崩を打って腰砕けになりそうなところを、ぐっと踏みとどまったのはベテランの力技。
流行の時代劇の一編として映画を撮っていないあたりを評価します。

【主演男優賞】
工藤官九郎『ゲゲゲの女房』

ほほほほほほ、水木しげる本人が演じていると言っても過言でないほど。
ただのそっくりさん賞というだけでなく、昭和を感じさせてくれました。

【主演女優賞】
大竹しのぶ『オカンの嫁入り』

白無垢で三つ指ついての挨拶のシーン、下手すると小津映画のパロディとなりかねないところを、稀代の怪演で、ぐっとくるものとしてくれましたね。
「な~んてね」のセリフは、彼女に相応しいです。

【ブラックラズベリー賞】
『告白』

とにかく不愉快。終盤、へなへなと崩れ落ちてしまいました。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2010年のまとめ・日本インターネット映画大賞

    Excerpt: 2010年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2009年はココ 2008年は ... Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2011-01-13 20:38
  • 日本インターネット映画大賞・日本映画部門に投票!

    Excerpt:  では、今度は日本映画です。こちらも作品賞は、昨年末のマイ・ランキングから流用いたします。 [作品賞投票ルール(抄)]  ・選出作品は5本以上10本まで  ・持ち点合計は30点  ・1.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2011-01-20 21:31
  • 2010年ベストシネマ15(邦画編)

    Excerpt: 2010年ベストシネマ15(邦画編)   またまた今年もまとめるのが遅くなってしまいました・・・。 昨年は年間95本(洋画40本、邦画55本)の映画を劇場で鑑賞しました~ 一昨年が87本でしたから、.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-01-23 10:15