『雨の午後の降霊祭』:エキセントリック・ミステリー @レンタルDVD

画像


本国イギリスでの公開からおおよそ10年遅れで劇場公開された際、非常に評判の高かったミステリー映画です。
大手DVDレンタルチェーンの「発掘良品」キャンペーンでパワープッシュされていましたので、鑑賞です。
非常に観たかった映画であります。

毎週水曜午後に降霊術を行う中年夫婦。
降霊能力を有するのは妻。
夫は妻に支配されているかのよう。

降霊術の評判を高めるために、夫婦は資産家の娘を誘拐し、騒ぎが大きくなったところで、降霊術により娘の行方と身代金の在り処を告げようと画策をする・・・

なんだかヘンテコリンなハナシだ。
こんなハナシだったのか・・・・

資産家の娘を誘拐し、自宅を病院と偽って監禁する。
身代金の受け渡しはロンドンの地下鉄の雑踏を利用する。
丁寧な演出でスリリングである。

主演の中年夫婦、リチャード・アテンボローとキム・スタンレーの演技もエキセントリックで異様な迫力。
クライマックスの降霊術では、ふたりのエキセントリックさが際立っており、夫婦の陰謀が瓦解するさまも異常なほどの凄まじさ。

なんだけれども、どうも、いけない。
丁寧すぎて、間延びしたような印象を受けてしまう。
尺も115分と長く、90分ぐらいにおさまっていれば、これはスゴイ!ってことになるんだけれども・・・

長年、観たいなぁと思い続けての期待度が高すぎたのかしら。
ということで、評価は★3つ半としておきます。

↓DVD&パンフレットはコチラから↓
 

------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画30本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)
  日本映画11本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画30本(うち劇場 5本)←カウントアップ
  日本映画 8本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック