『ミケランジェロの暗号』:往年のハリウッド映画的ドイツ映画 @ロードショウ・シネコン

画像


『ミケランジェロの暗号』・・・どことなく(というか明らかに)『ダヴィンチ・コード』を意識した邦題。
ですが、現代は「わが良き敵」。
別に暗号は出てきません。
それらしきものは登場しますが・・・

ノッケからネタばれで申し訳ない。
まぁ、この映画、そんな謎解き主眼のミステリーとわけではないので、ご容赦願いたい。

時は第二次世界大戦前期。
ナチスドイツが台頭してきて、時代は不穏な雰囲気。
主役はユダヤ人美術商一家の若旦那と、一家の家政婦の息子。彼はアーリア人。
ふたりの友情が、戦争によって、一転するハナシ。

互いに同じ女性を愛している。
戦争さえなければ、美術商の息子と彼女は、円満に結婚できたはず。

が、時代はそれを許さない。
というか、家政婦の息子は、時代の波を利用して、逆転を狙う。
それも、美術商が入手した幻のミケランジェロのスケッチを利用して。

幻のミケランジェロ作品は、ドイツとイタリアの二国間同盟を強固にするもの。
その作品の在り処をネタに家政婦の息子はナチスに入隊してSSの一員となる・・・

おおお、スリリングなハナシじゃぁ。

紹介するとスリリングなハナシなんだけれど、演出は鷹揚に構えたような、どことなく余裕さえ感じる語り口で進んでいきます。

冒頭、ナチス高官とユダヤ人を乗せたヒコーキが抵抗勢力アルチザンにより墜落。
その報を受けたドイツ側指令所では、指揮官がレコードでクラシック音楽を鑑賞中。
手巻きの蓄音機なので、音楽は急にテンポが緩やかになり・・・笑いを誘う演出。

前半はあまり気づかないかもしれませんが、クスクス笑いを誘うような感じです。

それが、中盤以降、イッキに笑を誘う演出になります。

ヒコーキ事故をキッカケに、件のユダヤ人美術商の息子が、家政婦の息子のアーリア人ナチスSSと入れ替わります。

えええッ! 
どう見ても、ナチスのSSに見えないじゃん。
そもそも、ユダヤ人というよりも、トルコ系じゃないか彼は!

そんなことは「ユダヤ人=割礼」という伝家の宝刀を抜いて、有無も言わさず、所謂「王子と乞食」のなり代わりハナシへと突入します。
ここいらあたり強引さは、50年代あたりのハリウッド映画的。
かつてのハリウッド映画だったら、ユダヤ人もアーリア人にも見えない役者をもってくるところを、家政婦の息子だけがなぜかアーリア人的役者をもってきて、ヘンテコリンな笑を誘っていきます。

たぶん、この映画の面白さは、そこんところにあるのでしょう。

幕切れは、ほとんど予想がつきます。
が、その予定調和的エンディングも愉しめます。

評価は少々オマケも込みですが★4つとしておきます。

最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『ゴーストライター
⇒『未来を生きる君たちへ
⇒『かぞくはじめました』←劇場未公開ですが
⇒『サラエボ、希望の街角』 @名画座
⇒『ブルーバレンタイン』 @名画座
⇒『人生、ここにあり!
⇒『人生に乾杯!
⇒『ファンタスティックMr.FOX』@名画座
⇒『イリュージョニスト』@名画座
⇒『愛する人』@名画座
⇒『ハーモニー 心をつなぐ歌』@名画座
⇒『終着駅 トルストイ最後の旅
⇒『クレアモントホテル』@名画座
⇒『四川のうた
⇒『クロエ
⇒『ジュリエットからの手紙

------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画31本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)←カウントアップ
  日本映画12本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 2本)

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画30本(うち劇場 5本)
  日本映画 8本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ミケランジェロの暗号』 国ごとの違いは何か?

    Excerpt:  配給会社の宣伝が、本来の作品の狙いとは別の路線で展開されるのはままあることだ。  『恋するベーカリー』なんて、まるでパン屋さんのラブロマンスのごとき邦題と、主演女優の笑顔のポスターによって、あ.... Weblog: 映画のブログ racked: 2011-10-29 08:16