『ハーフェズ ペルシャの詩』:イラン発恋愛映画 @レンタルDVD

画像


アボルファズル・ジャリリ監督の『ハーフェズ ペルシャの詩』。
近所のレンタルショップではいつの間にか姿を消していて、残念。
通勤途中のショップで見つけてレンタルしました。
ジャリリ監督作品は結構見ているのですが、恋愛映画とは知らなかった・・・

ですが、この作品、とっても好きです。

コーランの暗誦者、それがハーフェズ。
限られた者にしか与えられない称号。

イスラムの戒律は厳しく、未婚の男女は、視線を交わすだけで、罪になる。
ハーフェズにとっては破戒。

しかし、チベットから帰国した指導者の娘に恋をしてしまった若きハーフェズ。
彼は、鏡の請願の行に出る。
本来、鏡の請願は、恋愛を成就させるためのものなのだが、彼はそれを己の恋愛心を忘れるためとして、行に出るのである。

7つの村を廻り、その村に住む処女に鏡を拭いてもらう。
その際、娘が出す願いは、どんなに困難なものであろうと、行者はやり遂げなければならない・・・

このような神話的な物語をジャリリ監督は、最小限のショットと紡いでいく。
研ぎ澄まされた映画といえよう。
その簡潔なショットの連続が、かえって物語の豊かさを醸し出していく。

6人の処女に鏡を拭いてもらったハーフェズ。
6人目は老婆。
村でたった一人の処女だというのだから仕方がない。
彼女の願いは、結婚すること。
ハーフェズとの結婚の儀、そして・・・

ユーモアがあるエピソードだ。

振り返れば、そこまでの道中、各エピソードにユーモアがある。
ジャリリ監督の作品としては珍しい。

そして7人目・・・

これまでジャリリ監督作品では、ぶった切ったような唐突なラストカットの映画が多かったが、この作品ではちがう。

心情をモノで巧みに表現し、なおかつ余韻と幸福感を残すエンディングです。

評価はずばり★5つです。


最近観たミニシアター映画のレビューはコチラから
⇒『キラー・インサイド・ミー
⇒『東京オアシス
⇒『ボローニャの夕暮れ
⇒『ベニスに死す
⇒『4月の涙』 @名画座
⇒『神々と男たち』 @名画座
⇒『ミケランジェロの暗号
⇒『あしたのパスタはアルデンテ
⇒『ゴーストライター
⇒『未来を生きる君たちへ
⇒『かぞくはじめました』←劇場未公開ですが
⇒『サラエボ、希望の街角』 @名画座
⇒『ブルーバレンタイン』 @名画座
⇒『人生、ここにあり!

↓DVD&関連商品はコチラから↓
 

 

------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画36本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 8本)
  日本映画18本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画41本(うち劇場 6本)←カウントアップ
  日本映画 8本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック