『RANGER 陸上自衛隊 幹部レンジャー訓練の91日』:矜持 @ロードショウ・ミニシアター

画像


タイトルどおり、陸上自衛隊幹部レンジャーの訓練の様子を記録した映画である。
自衛隊の広報映画かと思いきや、そうではない。
広報映画だったら、もっと颯爽と活躍ぶりを謳い上げるだろう。

東日本大震災での自衛隊の活躍はご存知のとおり。
活動記録のノンフィクションを2冊読んだが、彼らを彼らたらしめているのは、日頃の訓練である。
いざというとき、その日のために、血税を使って、訓練を行っている。

この映画に登場する幹部レンジャー候補の自衛官はまだ若く、いざというとき部隊を率いる立場になる。
隊員ひとりひとりに率先垂範しなければならない立場にならなければいけない。

91日の訓練は過酷である。
心技体、その三体を鍛える。

もっとも印象深いのは、初日の宿舎内の内部監査の様子である。

長靴に、泥が付いている!
新品の長靴で何の訓練ができるのか!
制服は10枚そろえるはずだったろうが!

腕立てxx回!

幹部になろうというもでも、このざまであり、訓練生の長を教官が叱責する。
「貴様の統率力のなさが、いまのこの状況を招いている」

ううう、耳が痛い・・・

91日の訓練を経て、彼らは幹部レンジャーとなる。

彼らの世界は「やる」か、「やらない」かの世界である。
これこれだかから「できません」という言い訳なんてない世界なのだ。
いや、「やらない」ということさえなく、「やる」だけの世界なのだ。
凄すぎる世界だ。
だから、どんな困難な状況でもやれるのだろう。

評価は★4つです。

------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画38本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 9本)
  日本映画22本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 6本)←カウントアップ

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画41本(うち劇場 6本)
  日本映画 8本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック