『ブンミおじさんの森』: カンヌ・パルムドール受賞なのぉぉ @レンタルDVD

画像


輪廻転生を題材に独特の映像と、独特のリズムで描いたタイ映画。
興味があったので、鑑賞。

ええっ! この映画、カンヌ映画祭のパルムドール受賞作なのですか。
うーむ、判らん。

とにかく、ハナシがよく判らんのである。

タイの森に住むブンミおじさん。
街から亡き妻の妹と息子がやって来る。
日本でいうお盆なのか、時を同じくして、19年前に亡くなった妻が幽霊としてやって来て、森で消息を断った(と思われる)息子が猿の精霊としてやって来る。
ブンミおじさんは透析も受けて、どうも老い先短いようす。

幽霊と精霊と生身の家族たちで食卓を囲むうち、ブンミおじさんは前世の記憶を蘇らせる。
年老い醜くなった王女の輿を担ぐ青年。
いつしか王女に誘われて、森の奥深くの滝で口付けを交わす。
王女は滝壺の精霊・大ナマズに幻影を見せられ、いつしかエロティックな情交に・・・

ブンミおじさんは、青年だったのか、王女だったのか、大ナマズだったのか・・・

そして、最期を迎えたブンミおじさんは妻の幽霊に誘われて、森の奥深くの洞窟へと入っていく・・・

うーむ、「・・・」が多いなぁ。
明確に描かれているわけではないので、勝手に解釈しながら、こんなハナシではありますまいか、と思って見ていたわけで。

こんな要領を得ないようなハナシが、独特のリズム(というか、とにかく遅い、まだるっこしいテンポ)で描かれていく。
評価としては★2つとしておきます(というか、とにかく判らんです)。

↓DVDはコチラから↓


------------------
2012年映画鑑賞記録

 新作:2012年度作品
  外国映画 2本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)
  日本映画 3本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)

 旧作:2012年以前の作品
  外国映画10本(うち劇場 0本)←カウントアップ
  日本映画 2本(うち劇場 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック