『相棒』元日スペシャル「アリス」: なんだか物足りないなぁ @元旦オンエア

画像


毎年元日恒例の『相棒』のスペシャル版。
今回は50数年前の少女失踪事件と、当時の政治の闇が、現代によみがえってくるハナシ。

大物ゲストは酒井和歌子。
50数年前に失踪した少女の親友で、右京とはロンドンで顔なじみという設定。

その酒井和歌子が臨終直前に残したことばから、彼女の孫が危険にさらされていると察した右京と甲斐が、くだんの孫のもとへ向かうと、彼女の住む旧家が空き巣にあったという・・・
背後にはきな臭い、大きなことが隠されているようだ・・・

まぁ、設定は地味だけれど、それほど悪くない。
なんだれども、どうも美味くない。

過去の旧悪、それも政治がらみにほうに向かうのかと思いきや、意外とこじんまりとした方向へ向かうし、50数年前の失踪事件の結末も、どちらかといえば拍子抜けの感じ。

うーむ、だなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック