『テイク・ディス・ワルツ』: 愉しくて、やがて寂しき恋ごころ @DVD・レンタル

画像


『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』で老年カップルを描いたサラ・ポーリーの監督第2作目『テイク・ディス・ワルツ』は、彼女自身と同年代の等身大のラヴストーリー。
あれれ、この映画をラヴストーリーといっていいのかしらん。

マーゴとルーは結婚5年目。
ルーは料理研究家で、チキンの料理本執筆の依頼を受けて、日々チキンと格闘する毎日。
マーゴはライターと称しているが、まぁ、そんなに仕事があるわけでもなし、夫婦間ももう倦怠期。

ある日、マーゴは取材先のしょぼいテーママークで知り合った男性に好意を抱き、まあその好意は行為に至る前に自宅に帰りついた。
と思ったら、その男性は、斜向かいのご近所さん。

あぁぁぁ、この心の底(というか下腹部のあたりといおうか)に、萌え燃え始めた好いたらしい想いをどうしたらよろしかろう・・・
触れなば落ちん。
触れれば解けて崩れてしまいそう・・・

ははは、へへへ、ふふふ、ひゃひゃひゃ。
もうほとんど「よろめきドラマ」な世界ですなぁ。

女も男も、そこいらあたりは同じというものですなぁ。

まぁ、ときめき、キラメキなんて、一瞬なもの。
毎日毎日キラめいていたら、まぶしっくて、長続きはしないというもの。
わかっちゃいるけど、という映画。

こうやって文章にすると、もう「アホくさ」の一言で終わるようなハナシだけれど、それを丁寧に描いているのがこの映画の見どころ。

ふたりで行った遊園地。
「Video Kills a Radio Star」のポップなリズムに乗せてくるくる回るめくるめく遊技機。
それは、時間が来れば、容赦なく、終わってしまう。
何度乗っても終わってしまう。

愉しくて、やがて寂しき恋ごころ。

あ、やっぱり、ラヴストーリーだったのね。

評価は、★4つとしておきます。

 

サラ・ポーリー主演
 

 

ミシェル・ウィリアムズ主演
 

 



------------------
2013年映画鑑賞記録

 新作:2013年度作品
  外国映画 8本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 3本)
  日本映画 2本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)

 旧作:2013年以前の作品
  外国映画20本(うち劇場 1本)←カウントアップ
  日本映画 2本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2013年04月18日 20:25
ばからしいといえばばからしい話を真正面から描いた作品で、それに好感がもてます。微妙な夫婦の気持ちのすれ違い、時機到来とばかりに現れたもう一人の男性。ホントにしょうもない話を丁寧に描いていくことにより、下世話感をなくして昇華させたのが勝因でしょうか。夫婦役を演じた二人は、共にいい味を出していたと思います。

この記事へのトラックバック