『25年目の弦楽四重奏』:絶妙なバランスで奏でるハーモニー @DVD・レンタル

画像


クリストファー・ウォーケン、フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナーと演技派勢揃いの『25年目の弦楽四重奏』、DVDで鑑賞しました。
タイトルから最近流行のやり直し映画、25年目に再結成した弦楽四重奏団(カルテット)のハナシかと思っていましたが、結成25年のベテラン・カルテットのハナシだったのね。
原題の「A LATE QUARTET」は、あるベテラン・カルテット、という意味でしょうね。
さて、映画。

弦楽四重奏団フーガは結成25年。
第1ヴァイオリン・ダニエル(マーク・イヴァニール)、第2ヴァイオリン・ロバート(フィリップ・シーモア・ホフマン)、ヴィオラ・ジュリエット(キャサリン・キーナー)、チェロ・ピーター(クリストファー・ウォーケン)の4人。
ピーター以外の3人は40代後半で、いずれもジュリアード音楽学院でピーターに師事した。
ピーターはかつてジュリエットの母とカルテットを組んでいたが、彼女の死により、カルテットを解散した経緯がある。

傑出した腕前を持つダニエルが卒業を機にカルテットを組みたいと願い出て、ピーターを誘った格好で、カルテット・フーガはスタートした。
ロバートとジュリエットは、このカルテットで知り合って結婚し、娘もヴァイオリニスト。
絶妙なハーモニーを誇るフーガであったが、ピーターが筋力が衰えていく難病に罹っていることが判り、カルテットのハーモニーが崩れていく・・・

なかなか興味深い設定で、下手すりゃただの難病映画になりそうな題材を、病はさておき、という感じで映画は展開していきます。
すなわち、25年も一緒にやってきて(やってきたからこそ)、溜りにたまった想いがピーターの病を契機にして噴出していく、という展開です。
まぁ、溜りにたまった想いの発端は、第1ヴァイオリンに対する第2ヴァイオリンのヤッカミ、劣等感だったりするわけですが、それが家庭不和を引き起こし、妻を裏切る・・・
第1は第1で、音楽一筋、ヴァイオリン一筋だったのが、若い娘と近づいたことで、萌え萌えになってしまう。それが同僚の娘だから始末に困る・・・

うまくないと下手なコメディになりそうなところを絶妙なバランスで押しとどめ、毅然とした映画になっているのは、登場人物がいずれも芸術家で、音楽に対しては真摯だからでしょう。

終盤、内部のゴタゴタを知らなかったピーターが知ってしまうところは、噴飯もの。
クライマックスのベートーヴェンの弦楽四重奏曲第14番も聞きごたえ十分。
そして、幕引きも上手く、なかなかの佳作でありました。

評価は★3つ半としておきます。
 

 

画像


画像


画像


------------------
2013年映画鑑賞記録

 新作:2013年度作品
  外国映画51本(うちDVD、Webなどスクリーン以外29本)←カウントアップ
  日本映画29本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 8本)

 旧作:2013年以前の作品
  外国映画52本(うち劇場 2本)
  日本映画10本(うち劇場 1本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2014年01月11日 03:11
「カルテット」や「アンコール」など、似たような感じの作品の中では、公開時地味な印象の当作、実はなかなかの実力作でもありました。登場人物たちの心に葛藤にも触れながらそれに深入りし過ぎることもなく、音楽もそれなりに聞かせ、りゃんひささんの言うように幕引きもうまいので、観終わった後の印象がすこぶるいい。いい作品です。

この記事へのトラックバック