『マジック・マイク』:やっぱり、ソダバーグとは相性が悪かったようで @DVD・レンタル

画像


チャニング・テイタムの実体験を基に、スティーヴン・ソダバーグが監督した『マジック・マイク』。
チャニング・テイタム、スティーヴン・ソダバーグともあまり好きではないんですが、男性ストリッパーのハナシということで、興味津々。
DVDで鑑賞することにしました。

チャニング・テイタムは、米国フロリダ州タンパにある男性ストリップショーハウスの売れっ子ダンサー。
だが、本人は、金を貯めて、融資を受けて、ハンドメイド家具の事業を起こしたい夢を持っている。
ある日、ひょんなことから知り合った19歳の少年をショーハウスの仲間に引き入れたことから、看護助士の少年の姉と懇意になり、ストリップ稼業から足を洗おうとするのでが・・・

というハナシ。

ショーのシーンは見応えあるが、ドラマがちょっと弱い。
特に前半、主人公がチャニング・テイタムなのか、19歳の少年の方なのかあいまいな感じで、ドラマに乗り損ねてしましました。

フロリダでのロケーションシーンも、なぜだか黄色いフィルターをかけて、画面を汚らしくしているのも興を殺ぎます。

評価としては★3つですね。

<追記>
やっぱり、スティーヴン・ソダバーグとは相性が悪かったようで。

 


 
------------------
2014年映画鑑賞記録

 新作:2014年度作品
  外国映画 6本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 5本)
  日本映画 0本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)

 旧作:2014年以前の作品
  外国映画18本(うち劇場 2本)←カウントアップ
  日本映画 5本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2014年03月01日 03:13
もっといろいろ葛藤とか描かれていると思ったのですが、おっしゃる通りドラマ部分が弱かったのでしょうね。それと、やはりチャニング・テイタムには魅力を感じないので、というか私は好きではないので、そういう俳優の作品は観ない方がよさそうですね。

この記事へのトラックバック