『ブルージャスミン』:コメディですけど・・・憂鬱 @ロードショウ・シネコン

画像

ケイト・ブランシェットに米国アカデミー賞主演女優賞をもたらしたウディ・アレンの『ブルージャスミン』、期待をこめて出かけました。
うーむ、うーむ、個人的には不満。

ニューヨークでセレブ生活をしていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)。
夫が金融犯罪で逮捕されて獄中自殺をしたもんだから、あっというまの転落人生。
サンフランシスコに暮らす義妹(養父母を同じくする)のもとに身を寄せたはいいが、気位は高く、虚名にすがって生きている・・・

おぉぉと、ウディ・アレン久々のビターな味の作品ですなぁ。
どれぐらい重い映画かしらん、と期待しましたが、巻頭早々から裏切られました。

ニューヨークからサンフランシスコに移動する飛行機内で、隣り合わせた老婦人に向かって(いや、顔あわせてないか)、ひとり喋り続けるジャスミン。
手荷物受取所まで喋りまくっているが、件の老婦人は出迎えの亭主が来たことを幸いに逃げ出してしまいます。
で、ひとこと、「ひとりで、ずぅーと喋ってるんだから、あのひと。ひとが聴いていないこともわからずに」と。

あれれ、この撮り方、なんだ、これコメディなのね。
ビターでヘヴィな映画かと思っていたので、いきなり、気が抜けました。

とすると、栄光から転落したジャスミンが、ひとの迷惑顧みず、高い気位とすがる虚名が周囲にどんどん迷惑かけて、しっちゃかにしちゃうのかしらん。
そう思ったら、たちまち、過去の栄光の日々が描かれて。

うーむ、栄光と転落を描くのに、栄光の日々を描くのはあまりに安易な・・・
かつてのウディ・アレンなら、こんな安易な手法をとらなかったのではありますまいか、転落の日々を積み重ねていくことで栄光の日々を垣間見せられたのではありますまいか、とおもうわけで。

まぁ、手練手管で栄光と転落を巧みに対比して描いていくあたりは凡百の監督とは違いますけど。
でも、笑えない。

ジャスミンの妹をはじめ、サンフランシスコの住人たちは微笑ましくて(というか、かなりばかばかしい感じもするけど)笑っちゃうんだけど。

それにしても、ケイト・ブランシェットの演技は凄まじい。
エレガントでありながら、ひとを通り越して鬼みたいになっちゃってます。
彼女の演技は、やはり、主演女優賞に相応しいでしょうね。

評価としては★3つ半としておきます。

<追記>
コメディですけど、観終わって、なんだか憂鬱になっちゃいますねぇ。
転落したセレブを笑い飛ばせるようなコメディだったらよかったんだけど。
タイトルどおり『憂鬱なジャスミン』ってわけかぁぁ。

オリジナルポスターでは背景はサンフランシスコの風景なのね。
画像


その他のウディ・アレン監督作品のレビュー
ローマでアモーレ』『ミッドナイト・イン・パリ』『恋のロンドン狂騒曲』『人生万歳!』『それでも恋するバルセロナ』『カサンドラズ・ドリーム 夢と犯罪』『タロットカード殺人事件』『マッチポイント*』『泥棒野郎
(* は yahooのレビューにリンクしています)



------------------
2014年映画鑑賞記録

 新作:2014年度作品
  外国映画16本(うちDVDなど 3本)←カウントアップ
  日本映画 8本(うちDVDなど 0本)

 旧作:2014年以前の作品
  外国映画58本(うち劇場 3本)
  日本映画15本(うち劇場 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2014年06月24日 15:00
そうですね、コメディとは思えませんでしたけど、そうした方がよかったですね。ケイト・ブランシェットはお得意の演技でした。

この記事へのトラックバック