『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』:少々散漫な老年男女のアンサンブル映画 @DVD・レンタル

画像

『恋におちたシェイクスピア』『Queen Victoria 至上の恋』のジョン・マッデン監督の老年(それとも熟年かな)男女のアンサンブルムーヴィ『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』をDVDで鑑賞しました。
ジュディ・デンチ、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソンら7名の男女が、それぞれ訳あってインドのホテルでリタイアメント生活を送るハナシです。
さて、そのホテル・・・

ネットで観るとゴージャスなリゾートホテルのようでしたが、実は、ぶっ潰れそうなホテル。
電話が通じないのは当たり前、なにせ、ドアのない部屋や鳩が住みついている部屋があるんだから。
とはいえ、移ってきた7人それぞれ故郷の英国に戻れない理由もあるわけで。
そのうち「郷に入りては郷に従え」なひとと、「こんなとこ、一刻も早く逃げ出したい」とどこへも出かけないひとに分かれていきます・・・

と、まぁ、そこそこ面白いです。
役者さんたち皆さん、芸達者ですし、エピソードも多彩だし。

だけど、ちょっと登場人物が多すぎたかしらん、っていったところ。
もう少し深堀してほしいエピソードもあるけれど、表面を撫でた感じで、少々散漫(尺も長くて2時間超えているし)。
個人的には、トム・ウィルキンソンのエピソードが興味深いのですが。

ということで、評価は★3つにしておきます。

<追記>
ジョン・マッデン監督ってコスチューム映画のイメージが強かったのですが、『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』(グウィネス・パルトロー、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール主演)なんかも撮っていたんですね。
で、びっくりしたのは、この映画の前に『キルショット』(エルモア・レナード原作の映画化)、『ペイド・バック』(イスラエル映画のリメイク)と、2本のサスペンス物も撮っていました。
どちらも日本では劇場未公開なので、出来はどうなのかしらん・・・


------------------
2014年映画鑑賞記録

新作:2014年度作品:41本
 外国映画26本(うちDVDなど 6本)
 日本映画15本(うちDVDなど 0本)

旧作:2014年以前の作品:90本
 外国映画69本(うち劇場 3本)←カウントアップ
 日本映画21本(うち劇場 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2014年08月18日 16:35
初老の男女7人の話。こんなに甘くないよと当然思いますが、そこは「お話」として大目にみれればそこそこ楽しめる映画ですね。

この記事へのトラックバック