『ザ・スタッフ』:出所不明食品を揶揄しているようなホラーコメディ @DVD・中古購入

画像

ブロス リターンズ/やつらはふたたび帰ってくる』に続いてイカモノ映画その2。
今度は、2月下旬に観た『新・死霊伝説』と同じくラリー・コーエン監督、マイケル・モリアーティ主演の『ザ・スタッフ』。
DVDでは「ゾンビのデザート」と副題がついていますが、デザートはともかくゾンビは関係ない。
さて、映画。

アメリカの田舎町、ある雪が積もった日。
雪に混じってぶくぶくと白いクリーム状のものが地下から湧いているのを、ひとりの老人が発見。
喰ってみたら、甘くて美味しい。
それは「スタッフ」と名付けられて市場に出回り、一躍ヒット商品に。
先行きを不安視したアイスクリーム業界が元FBIの産業スパイを送り込んで、原材料を調べさせてみたところ・・・

と、『マックィーンの絶対の危機(ピンチ)』(テレビ放映タイトル『SF人喰いアメーバの恐怖』)の変型のようなコメディ・ホラー。

脚本も担当しているラリー・コーエンは、当時のジャンクフード、ファストフードの大量消費を揶揄していたと思われるが、現在みると、出所不明な食品業界を揶揄しているように感じられて、苦笑せざるを得ない。

『マックィーンの絶対の危機(ピンチ)』では宇宙から来た軟体生物との説明がついているが、この作品では正体が不明なところが興味深い。
(まぁ、単に脚本を練るのを投げただけかもしれないが)

脇役でポール・ソルヴィノやダニー・アイエロが個性の強い役で登場しているので、そこいらあたりも面白いかも。

評価は★2つとしておきます。

<追記>
とにかく安手のプロダクションですので、好事家以外にはお薦めしません。
でも、これを観るのは2度目なんですよねぇ。
90年ぐらいにホール上映で一度観ております。



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:13本
 外国映画 9本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 4本(うちDVDなど 0本)

旧作:2015年以前の作品:33本
 外国映画26本(うち劇場 6本)←カウントアップ
 日本映画 7本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かばくん
2015年03月29日 19:02
またまたりゃんひささんの本性があらわれましたな。

この記事へのトラックバック