『ナインスゲート』:またまたポランスキー映画を観ました @DVD・レンタル

画像

またまたロマン・ポランスキー監督の映画を鑑賞しました。
映画は1999年製作の『ナインスゲート』。
主演はジョニー・デップ。
300年前に出版された悪魔に関する本3部を巡るスリラーです。
さて、映画。

稀覯本を探す書籍探偵コルソ(ジョニー・デップ)。
彼は、富豪で悪魔本の収集家として名高いボリス・バルカン(フランク・ランジェラ)から300年前に出版された「九つの門」の真贋を確かめて欲しいと依頼された。
件の本は悪魔が書いたとされる本で、世界に3部しか現存していない。
残りの2部と照らし合わせてほしい、という依頼なのだ。

残りの2部は、スペインとポルトガルにある。
本を追うコルソは、それぞれの本に相違があることを発見すると同時に、その本のみならずコルソの命も何者かに狙われるのであった・・・

というハナシ。

むむむ、これってどこかで観たようなハナシだなぁ、と思っていると、なんだぁ2010年の『ゴーストライター』とほとんど同じではありますまいか。
オープニングタイトルの、書棚の隙間を探っていくと、九つの門に行きあたるというのは、『毛皮のヴィーナス』のオープニングによく似ています。

いやぁ、どうにもこうにもポランスキー印というのでしょうか。

雰囲気の盛り上げ方はポランスキーらしくて結構いいです。
ヴォイチェフ・キラールの重低音を効かせた劇伴も雰囲気がありますなぁ。

ところどころキッチュな演出もあるのですが、まぁ許せる範囲。

133分の尺のうち、ほとんどがミステリー・スリラーで進むのですが、最後の最後に超自然(スーパーナチュラル)になっちゃうので、一応はホラーに分類されていますが、まぁそれほど怖くはないです。

レナ・オリンエマニュエル・セニエと女優陣は、少々怖い系の美女おふたりです。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。



------------------
2015年映画鑑賞記録

新作:2015年度作品:56本
 外国映画44本(うちDVDなど 7本)
 日本映画12本(うちDVDなど 0本)

旧作:2015年以前の作品:86本
 外国映画71本(うち劇場15本)←カウントアップ
 日本映画15本(うち劇場 4本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック