『追憶の森』:樹海は、たそがれの領域 @ロードショウ・シネコン

画像

ガス・ヴァン・サント監督最新作『追憶の森』、ロードショウで鑑賞しました。
ガス・ヴァン・サント監督といえば、古くは『マイ・プライベート・アイダホ』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』が印象深いです。
ショーン・コネリーが主演した『小説家を見つけたら』というのも監督していましたね。
その後、『エレファント』『ラストデイズ』とちょっと肌に合わなさそうな作品あたりは未鑑賞なのですが、お葬式を題材にした『永遠の僕たち』でその瑞々しさに感激したものです。
少々長い前置きですが、『永遠の僕たち』にも登場した「日本的なるもの」はこの作品ではかなり前面に押し出されていました。
さて、映画。

富士の樹海に死に場所を求めて米国からやってきたアーサー・ブレナン(マシュー・マコノヒー)。
米国で彼は、妻ジョーン(ナオミ・ワッツ)とふたり暮らしていたが、夫婦間に溝が大きくなっていた・・・

樹海の奥へ進むうちアーサーは、ボロボロに衰弱したタクミ(渡辺謙)と名乗る男性と出遭う。
誤って樹海に迷い込んだタクミは2日間も彷徨っているという。
タクミのために、いっしょになって樹海の出口を探すアーサーは・・・

というハナシ。

まぁ、勘が良ければピンとくるはず。
チラシをもらったときから、「ははん、渡辺謙は幽霊なのね」と気づきました。
幽霊に導かれて、人生をやり直そうとする男のハナシ・・・と思いました。

当たらずとも遠からじ。

タクミが何のために現われて、誰の霊なのかがミソ(ここは書かない)。

マシュー・マコノヒーと渡辺謙の二人芝居は少々クサくて、ともすれば辟易するのだけれど、米国での夫婦の描写はリアリティがあっていい。
特に、ナオミ・ワッツが上手く、彼女がいないと多分この映画うまくいっていないんじゃないかしらん。

ちょっとした台詞や道具立ても効いた脚本だけれど、少々長いなぁ。
ロッド・サーリングがホストを務めたかのテレビシリーズの一編だとしてもおかしくないハナシなので、もう少しコンパクトにまとめてほしかったところ。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

<追記>
原題は「THE SEA OF TREES」ですが、主人公がウェブで探す際に用いる「A PERFECT PLACE」のほうがしっくりきますね。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:32本
 外国映画24本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画 8本(うちDVDなど 1本)

旧作:2016年以前の作品:35本
 外国映画29本(うち劇場 7本)
 日本映画 6本(うち劇場 0本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2016年07月22日 16:04
この映画好きですね。確かに少々まどろっこしいところもあるのですが、やはり最後は胸に沁みました。科学を信望する人にはむかないですが、非科学的な私はこういう世界を信じたいです。

この記事へのトラックバック