『マネーモンスター』:21世紀の『狼たちの午後』 @試写会

画像

ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ主演の『マネーモンスター』、試写会で鑑賞しました。
スターふたりの顔合わせよりもビックリしたのは、監督がジョディ・フォスターだということ。
これまでにも、『リトルマン・テイト』『それでも、愛してる』などを監督しているので、監督そのものには驚かないけれども、テレビショウをジャックするというクライムムーヴィを監督するとは思わなかった。
さて、映画。

テレビで毎夕放送されている「マネーモンスター」という番組は、その日のマーケット情報をエンタテイメントでみせる財テク・ショウ番組。
プロデューサーはパティ(ジュリア・ロバーツ)、司会はリー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)。
ある日、これまで好調だった会社の株が暴落して、8億ドルの資産が消えた直ぐ後のこと、この番組の生放送の最中に一人の男(ジャック・オコンネル)が拳銃と爆弾を持って現れ、番組を乗っ取ってしまった。
彼の言い分は、リーが推奨する株を買って、今回の暴落で全財産を失った。責任はリーと、その会社のオーナーにある、と・・・

というハナシ。
おぉぉ、緊迫の立て籠もり映画!

という感じで始まるのだけれど、ハナシが進むうちに、犯人側も人質側も、それにそれを生放送する側にも人間的な滑稽さが滲み出てくる。
そして、そのうち、人質側が犯人側に同情してしまう。
観ている側も、犯人に肩入れしてしまう・・・

って、この構図どこか昔に観た記憶が・・・・と思っていると、思い出しました!
『狼たちの午後』。
1975年製作、アル・パチーノ主演、シドニー・ルメット監督作品。
あの作品でも、観ているうちにどんどんと犯人側に肩入れしたくなっちゃいました。

そうすると、この『マネーモンスター』でも、最後は・・・

巨悪が暴かれるというヒネリは加えられているものの、『狼たちの午後』に似ている。

『狼たちの午後』が1970年代のリアルな米国だとしたら、この『マネーモンスター』は2010年代のリアルな米国なのだろう。

さすがにジョディ・フォスター、1970年代からハリウッドで活躍しているだけのことはある。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:38本
 外国映画27本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ
 日本映画11本(うちDVDなど 1本)

旧作:2016年以前の作品:48本
 外国映画40本(うち劇場 8本)
 日本映画 8本(うち劇場 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2016年07月22日 15:49
なかなかうまくまとめられていると思い、悪くはなかったとかと。しかし、2週間たたないうちに観た内容を忘れてしまった・・・・。まあ、あまりインパクトがなかったということですかね。
2016年07月22日 21:10
ぷ~太郎さん、コメントありがとうございます。
確かにみているうちは面白いけれども、観終わってしまうと内容を忘れてしまう・・・それはそうかもね。

この記事へのトラックバック

  • 「マネーモンスター」

    Excerpt: ジョディー・フォスター、久々の監督作品である。個人的な印象だが、ジョディー・フォスターは映画界でのインテリ女性の最右翼であり、だからと言ってお高くとまっているとか、とっつきにくいとかいう印象は私にはな.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-06-20 13:04
  • その番組で明かしまショー

    Excerpt: 26日のことですが、映画「マネーモンスター」を鑑賞しました。 試写会、ソニーピクチャーズ試写室にて 司会リー・ゲイツの人気財テク番組「マネーモンスター」の生放送中、ある男カイルが拳銃を手に乱入しリ.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2016-06-24 07:51
  • マネーモンスター

    Excerpt:  『マネーモンスター』をTOHOシネマズ六本木で見ました。 (1)ジョディ・フォスターの監督作品と聞いて、映画館に行ってきました。  本作(注1)の始めの方では、「今日もファイバーの間を飛び回って.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2016-07-14 20:54