『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』:超人的頭脳のジェットコースターに乗って @ロードショウ・一般劇場

画像

島田荘司のミステリー小説の映画化『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』、ロードショウで鑑賞しました。
御手洗潔シリーズの初映画化で、主人公を玉木宏が演じている。
ポスターや予告編から、「御手洗は、もう少し変人っぽいイメージがあるんだけれど、こんなイケメンでいいのかしらん」と少々危惧したのですが・・・
さて、映画。

数々の難事件を解決してきた脳科学者・御手洗潔(玉木宏)のもとに、女性編集者・小川みゆき(広瀬アリス)がやってくる。
御手洗が解決してきた事件を小説の形で執筆してきた石岡和己(出張中で不在)に代わって、自分が助手を務めるから、新たな事件を解決してほしいというのだ。
提案された事件のなかから御手洗の目に留まったのは「死体島」と見出しの付いた記事。
その島では、ここ数か月の間に何体もの死体が上がっているというものだった・・・

という出だしで、その前に、冒頭、豪雨の滝壺で杭に縛られた夫婦と、首を折られた乳児の死体が発見されるというエピソードが描かれる。
さらには、外国人女性の変死体や、村上水軍、忽那水軍など歴史秘話が登場し、謎(というか事件)は、てんこ盛り。
それを御手洗の超人的推理(というか一発で見抜いている)が次から次へと紐解いていく。

この映画、原作はミステリーだろうが、映画としてはミステリーではない。

通常のミステリーだと、
1.謎(多くは殺人事件)が提示されて、
2.その謎を読者(映画では観客)と共有して、
3.その謎を解いていく過程を愉しみつつ、
4.結果(多くは意外な犯人や意外な殺害方法など)に驚く、
という起承転結がオーソドックス。

で、多くの探偵たちは、次から次へと起こる事件を「後から」追いかけて、犯人に追いつけないのが常である。
(結果として、金田一耕助は、ああぁ~といいながら頭を掻き毟る)

でも、この映画の御手洗は、起こった事件を観察して、瞬時に次の行動に移り、「先回り」をする。
特に顕著なのが、外国人女性の変死体発見の件(くだり)。
すぐさま、犯人一派を待ち受けるという行動に出る。

つまり、事件は提示されるが、提示された時点で謎ではなく、単なる障碍(ハードル)になっている。
障碍を、危機に置き換えれば、冒険活劇であり、御手洗=インディ・ジョーンズとなる。

インディの超人的身体能力に代わって御手洗が持っているものが、超人的頭脳と超人的長広舌である。

なので、事件の全容が御手洗の口から説明されたのちに登場するのが、水上活劇となるわけだ。

そういう映画であるから、御手洗のジェットコースター的頭脳の活躍の流れにのって、あれよあれよと展開する物語を愉しみたいものだ。

オマケも込みで、評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:39本
 外国映画28本(うちDVDなど 0本)
 日本映画12本(うちDVDなど 1本)←カウントアップ

旧作:2016年以前の作品:52本
 外国映画43本(うち劇場 8本)
 日本映画 9本(うち劇場 2本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック