『ジャングル・ブック』ディズニー実写版:人間と自然の、対立と融和? @ロードショウ・シネコン

画像

ディズニーの実写版『ジャングル・ブック』、ロードショウで鑑賞しました。
とにかく暑い日だけれど、都心に出る用事があったので、それならば、早出して映画館で涼もうという魂胆で出かけました。
鑑賞目的が邪(よこしま)だけれど、ま、いいさ。
さて、映画。

インド(かどこか)のジャングル。
オオカミに育てられた少年モーグリは、人間を敵とみなして復讐心を燃やすトラのシア・カーンに付け狙われる。
クロヒョウのバギーラは、モーグリ少年を人間の村に還すことを決意するのだが・・・

というハナシで、たぶん基本は「人間と自然の対立と融和」。
そこへ冒険譚を振りかけて・・・ということだろうと思う。

思う、と書いたのは、基本線が後半、かなりぶれてくるからだ。

モーグリ少年を人間の世界に還そうとする、意図はわかる。
そして、モーグリ少年が故郷であるジャングルに残りたいという思いもわかる。
さらに、モーグリ少年の知恵(文明の端緒)を利用して、お気楽に暮らしたいというクマの気持ちや、ジャングルの王になりたいという巨大オランウータンの気持ちもわかる。

けれども、である。

シア・カーンを倒すために、人間の村から「赤い花」と呼ばれる「火」(文明の象徴)を手に入れ、不注意からジャングルに火事を発生させて混乱に陥らせてしまい、さらにその混乱に乗じてシア・カーンを倒す。
そして、火事を消すことでジャングルの動物たちが一致団結して、平和が訪れた・・・

って、変じゃないか?
その上、モーグリ少年は、火事の原因をつくったことの意味を理解していないし。

自らが混乱の原因をつくっておきながら、その混乱を自ら収めようとしない(できない)。
そして、悪いトラ一匹を斃したら、万々歳って、あれれ、世界における米国にすごく似ている。

1967年のアニメ版は観ていないのでなんともいえないのだけれど、たぶん、後半は改変していると思われる。
むかし、ラジオでよく聴いた楽曲「ベア・ネセシティ」と「きみのようになりたい」が流れたときは、嬉しくなっちゃったけれど、この後半はまったくもっていただけない。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:68本
 外国映画48本(うちDVDなど 7本)←カウントアップ
 日本映画20本(うちDVDなど 3本)

旧作:2016年以前の作品:77本
 外国映画60本(うち劇場14本)
 日本映画17本(うち劇場 5本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック