『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』:作品の成功は米国を舞台にしたこと @ロードショウ

画像

『ハリー・ポッター』シリーズのJ・K・ローリング原作の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、初日にロードショウで鑑賞しました。
監督は、『ハリー・ポッター』シリーズの後半を担当したデヴィッド・イェーツ
うーむ、『ハリー・ポッター』の後半戦は、ほとんど退屈しっぱなしだったので、少々不安だったのですが・・・
さて、映画。

1920年代の米国ニューヨーク。
魔法使いのニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が、魔法動物を詰め込んだ鞄を下げて、英国からやってくる。
目的は、米国で飼育されているという米国固有の魔法動物の入手と、保護した米国産の大型の白頭鷲に似た魔法動物を野生に戻すこと。
しかし、ドジなことから鞄の中の魔法動物が逃げ出してしまった・・・

ということで、魔法動物を捕まえるハナシは、最近流行の体験型ゲームアプリ「ポケモンGO」みたい。
まぁ、そんな感じの、観ている分にはお気楽なハナシなので、『ハリー・ポッター』後半戦のような、暗い閉塞感につきまとわれるということもなかった。

デヴィッド・イェーツの演出も、『ハリー・ポッター』のときと比べてメリハリが効いている。
功労者は、偶然からスキャマンダーの相棒になる、チビで太っちょのジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)。
彼がコミカルリリーフを引き受け、かつロマンス部門も受け持っているので、映画に幅が出た。

脇役にロマンス部門を受け持たせるのは、『ハリー・ポッター』のロンとハーマイオニーのときと同様だが、あのときは三角関係の要素がはいっており、それが映画を暗いものにしていたが、今回は女性側を姉妹にすることで、そんなややこしい関係も回避している。

映画に幅が出た要素で大きいのは、もうひとつ。
それは、舞台を米国に設定したこと。

映画冒頭で、魔法使いと人間が共存する世界であるが、陰に隠れざるを得なかった魔法使いのうち、魔法使い復権を目指す頭目がいて、人間界と戦争を起こそうという企てがあることが示されている。

『ハリー・ポッター』でも似たような設定があったが、あちらは魔法使い世界の中でのハナシ。
いくらか人間界にも影響があったが、主眼として描かれてなかった。
その結果として、英国の階級社会の暗喩のような閉塞感がつきまとってしまった。

対して本作では、人間世界と魔法使い世界とが均等に描かれ、その結果、多人種社会(つまり、現在の全世界)の暗喩となった。
これで、映画に奥行きが出た。

そして、抑圧された年若い魔法使いの想念が人間界を破壊するクライマックス後の対応も興味深い。
魔法使いたちは街を復旧するとともに、人間たちの忌まわしい記憶を消す。
忌まわし記憶=「復讐の根」を消そうというわけだ。

ここには、J・K・ローリングなりの、多人種世界の平和のありようが示されている。

惜しむらくは、忘却ではなく、赦しであってほしかったが、まぁ、そういうことは魔法をもってしてもできないのかもしれない。

評価は★★★☆(3つ半)としておきます。

------------------
2016年映画鑑賞記録

新作:2016年度作品:118本
 外国映画79本(うちDVDなど16本)←カウントアップ
 日本映画39本(うちDVDなど 6本)

旧作:2016年以前の作品:100本
 外国映画79本(うち劇場17本)
 日本映画21本(うち劇場 7本)
------------------

この記事へのコメント

おすもうさん
2016年11月24日 14:12
ハリー・ポッターよりはるかに面白かったな。チビでおデブの相棒がよかった。姉妹も地味と派手で対照的だったし、主要人物のバランスがよかったのが、成功の一因かと思うよ。
2016年11月26日 10:16
おすもうさん、コメントありがとうございました。
姉妹の地味・派手コンビもよかったですね。
これぐらい満足できる出来だと、続編も観たくなりました。
ここなつ
2016年12月22日 10:07
こんにちは。
実は観る前はあまり食指が動かなかった作品なのですけれど、観たあとは幸せな気分になったので、満ち足りました。
ビーストにも個性があって良かったです。
2016年12月23日 16:39
ここなつさん、コメントありがとうございました。
そういえば、『ハリー・ポッター』シリーズでは、観終わった後、あまり幸せな気分にはなれませんでしたが、この映画は、幸せな気持ちになりましたね。同感です。

この記事へのトラックバック

  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

    Excerpt: FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 上映時間 133分 製作国 イギリス/アメリカ 脚本 J・K・ローリング 監督 デヴィッド・イェーツ 音楽 ジェームズ.. Weblog: to Heart racked: 2016-12-07 21:56
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

    Excerpt: 世界中を旅している魔法使いの青年ニュート・スキャマンダー。 アメリカ・ニューヨークを訪れた際、彼のトランクが“ノー・マジ(魔法族ではない普通の人間=マグルを指す米国流スラング)”の持ち物と入れ替わって.. Weblog: 象のロケット racked: 2016-12-10 11:04
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』('16初鑑賞107・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。 2D:字幕版。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-12-11 14:09
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

    Excerpt: 【FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM】2016/11/23公開 イギリス/アメリカ 133分監督:デヴィッド・イェーツ出演:エディ・レッドメイン、キャサリン.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2016-12-21 15:45
  • 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

    Excerpt: ハリポタシリーズの番外編なのだけれど、このシリーズはやっぱり面白い!クリーチャーが生き生きとしている所も良かった。エディ・レッドメインが何故か不思議な位ハマり役。ホグワーツ魔法学校出身のニュート・スキ.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2016-12-22 10:05
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(吹替版)』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」□監督 デビッド・イェーツ□脚本・原作 J・K・ローリング□キャスト エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォータース、コ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2017-01-14 09:03
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016)

    Excerpt: 不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者が、そのうち数匹を逃がしたことから始まる大騒動、ってのがイイですね。 本作の舞台は「賢者の石」から約70年前のアメ.. Weblog: のほほん便り racked: 2018-01-05 08:42