『ダンケルク』(2017):映画体験ではない「映像体験」 @試写会

画像

クリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』、劇場試写会でひと足鑑賞しました。
国内外で評価の高い同監督ですが、個人的には感心しない作品も多い監督のひとり。
ダメだったのは『メメント』『プレステージ』『インセプション』、なかなかやるなと感心したのは『インソムニア』『ダークナイト』『インターステラー』。
ちょっとヒネった演出をした作品は、どちらかといえば性に合わない。
さて、映画。

第二次世界大戦初期、ナチス・ドイツが勢いのあった1940年。
フランス北部の町ダンケルクに、英仏兵40万が袋のネズミとなった。
逃げ道は、海のみ。
しかし、海からの救出路は、ドイツ空軍からは丸裸も同然・・・

という絶体絶命の状況からの史上最大の撤退作戦がどのようにしてなされたのか、それを、陸(海岸の防波堤に集結する英兵)、海(イギリスの民間船)、空(英国空軍)の視点から描いていきます。

ただし、時間軸が捻ってあり、陸上は1週間、海は1日、空は1時間の出来事。
それをカットバックでみせるので、観ている方としては、かなり頭を整理しながら観ていかないと、よくわからない。
さらに、描写が、陸海空それぞれの主役たちの視点で描かれているので(POVというわけではないが)、情況をさらにつかみづらいものにしている。

何故、このような手法を採ったのかはわからないが、観客を脱出・救出の当事者の気持ちにさせようということなのだろうが、なんだか映画ではなくロールプレイイングゲームをみせられているような気分になってしまう。
のべつ幕無しの不快感満載な音楽と効果音が爆音で鳴り続けるので、観ていて途中で気分が悪くなってきました。

史上かつてない「映像体験」が謳い文句。
それは確かだ。
だが、「映画体験」ではないような気がしました。

評価は★★(2つ)としておきます。

------------------
2017年映画鑑賞記録

新作:2017年度作品:62本
 外国映画48本(うちDVDなど 8本)←カウントアップ
 日本映画14本(うちDVDなど 0本)

旧作:2017年以前の作品:50本
 外国映画42本(うち劇場鑑賞11本)
 日本映画 8本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック